タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

学年別小学生におすすめの面白い自由研究まとめ

投稿日:

夏休みの宿題は多くありますが、その中でもアイディアを出すことや準備、その後のまとめなど他の宿題よりも少し時間がかかってしまうのが自由研究なのではないのでしょうか?

 

昔では朝顔の観察や幼虫の観察などがありましたが今では自由研究に使えるキットが多く販売しています。

 

アイディアを出すのや準備に困った時にはぜひおすすめしたいのがこの自由研究セットです。

 

そこで今回はみんなどんな自由研究をしているのか調べ、学年別のおすすめ自由研究方法やおすすめの自由研究セットを紹介していきます。

 

そもそも小学生が自由研究をするための必要性とはいったい何なのでしょうか?

 

自由研究をするための必要性

 

夏休みの宿題といえば間違いなく自由研究でしょう。

 

毎年ある自由研究で「今年の自由研究のテーマはどうしようか・・・」などと苦悩している親御さんも中にはいらっしゃるかもしれません。

 

ではそもそも自由研究にはいったいどのような教育的な意味やあって自由研究に取り組む必要性があるのでしょうか?

 

大人になって社会を生きる上で不可欠な力が育つ

実は自由研究は元々1つの教科としてありました。

 

子ども自発的な活動を促すためにそれぞれの興味と能力に応じて教科の発展がk集などを行う時間として自由研究は存在していました。

 

そして総合という教科が出来て自ら課題を見つけて自分から学び、考えて主体的に判断し、問題解決をする資質や能力を育てることなどが自由研究の狙いとなっています。

 

また今では知識基盤型社会化やグローバル化などが進み、基礎的な学力にプラスしてコミュニケーション力タ課題解決力、論理的思考力、想像力など沢山の力の育成が求められています。

 

なので自由な時間が多く取ることが出来る夏休みに自分でテーマを決めて調べたり、観察したり、ものづくりをしたりするのがこれからの社会を生き抜くために大切とされている力が育成されていくのです。

 

この力を高める絶好のチャンスが自由研究

また自由研究は親御さんのサポートが必要になってくるかもしれませんが基本的に一人で学ぶものになります。

 

一人で学ぶには確かに難しいかもしれませんが個人の力を高めるためには自由研究は絶好の機会なのです。

 

また自由研究はそれぞれの興味や能力に応じてテーマを設定して取り組めるのも大きな利点であり、自分が好きなことに意欲をもって取り組めますし、独力で調べたり、学んだりまとめたりする経験や完成させたことで得ることが出来る達成感は他の学習にも必ずつながっていきます。

 

ではそれぞれどんな自由研究をすれば良いのでしょうか?

 

学年別におすすめの自由研究を紹介していきます。

 

小学校低学年におすすめの自由研究を紹介

 

まずは小学校低学年からです。

 

小学校低学年のうちはまだまだ一人で出来ることが少ないので親御さんがしっかりとサポートしてあげる必要性があります。

 

いらなくなったもので生き物や乗り物を作ってみる

例えばいらなくなったアイスクリームのカップや空き缶などで生き物や乗り物を作ってみることです。

 

作り方としてはアイスクリームのカップやスプーン、曲がるストローやびんのふたなどで使った後に綺麗に洗って昆虫や鳥、飛行機や船などを作ってみましょう。

 

素材の形や色をしっかりと生かすのも良いですし、色を塗ったりして自由に作ってみるのがお勧めです。

 

また毛糸や針金で手足をつけたり、目や口を作ってあげるとさらにうかっこよくなります。

 

磁石につくものを調べる

2つ目は磁石につくものを調べるのテーマにすることです。

 

やり方としては文房具など身の回りの色々な物の中で磁石につくものを調べるようにしましょう。

 

そしてどんなものが磁石にくっついたのかくっつかなかったのかを分けて記入しましょう。

 

それによってどんなものが磁石にくっついたのかわかってきます。

 

空き箱で宝箱を作る

3つ目は空き箱での工作です。

 

その中でも宝箱が比較的にカンタンでしょう。

 

作り方としては空き箱に好きな模様を作るために乗りで貼って自分の宝箱を作っていきます。

 

建夫ば贈り物についていた筒紙やリボン、綺麗な布切れや拾った貝殻、さっじの広告や気に入った絵や写真などです。

 

押し花などやボタンも貼るのも良いでしょう。

 

そしてどんなものを使ったのか、工夫したのか、難しかったのかを書いて提出しましょう。

 

小学生中学年におすすめの自由研究

では小学生中学年でおすすめの自由研究はなんなのでしょうか?

 

中学年は低学年よりも一人でできることが増えてきてさらに幅広いものに興味を示していきます。

 

例えばはナノ観察でも良いですし、周りの歴史を調べるのも良いでしょう。

 

ではさっそく見ていきましょう。

 

色々な種を撒いて観察する

まず1つ目は色々な種を撒いて観察することです。

 

やり方としては植木鉢やプランターなどに種をまいて発芽の様子を見ていきましょう。

 

種の形や芽生えの様子などをしっかりと観察して絵に描いていきましょう。

 

また夏に種をまく野菜はカブやダイコン、ニンジン、レタス、白菜、ホウレンソウやチンゲン菜など冬に収穫する野菜が育ちやすいのが特徴です。

 

そして冬から春にかけて花が咲く植物の種は夏から秋に撒くものが多いので置く場所が厚くなりすぎないように気を付けて毎日涼しい時間に水やりをするようにしましょう。

 

他の季節に育つ種をまくと大きく育つものは少ないですが土に植えて水をやると目が出てきます。

 

なのでいろいろな種をまいて種の形や芽生えの形、図鑑なっどで調べた成長した時の野菜や花の形などをまとめましょう。

 

昔の暮らしや文化を調べる

2つ目は昔の暮らしや文化を調べることです。

 

料理や洗濯や掃除などの家事や家の中の電気製品は昔はどんなものだったのか、お父さんやお母さんやおじいちゃん、おばあちゃんに聞いて調べてみましょう。

 

また近くに資料館や博物館などがあれば昔の道具を見に行くのもお勧めです。

 

昔の料理の作り方や洗濯方法、掃除の仕方などを実際に体験するのもおすすめです。

 

そして今の家事や電気製品の役割と同じ昔の暮らしを表にまとめると比べやすくなります。

 

今と昔ではどこが違うのか、気づいたことや分かったことをまとめましょう。

 

またお母さんやお父さん、おじいちゃん、おばあちゃんにインタビューしてみるのもおすすめです。

 

庭や周りに飛んでいる鳥を調べる

3つ目は庭や周りに飛んでいる鳥を調べてみましょう。

 

やり方は庭や公園に飛んでいたり、止まっている鳥を双眼鏡などで観察して図鑑で鳥の種類を調べてみましょう。

 

また鳴き声を記録し、餌を食べている様子も見られたら何を食べているのか記録したり、動画や写真として残しておくことをお勧めします。

 

そしてどこでどんな鳥を発見できたのか、調べた場所の地図を作るとわかりやすくなります。

 

また見つけた鳥については図鑑でえさや住処、生態などを調べてまとめてみましょう。

 

小学生高学年におすすめの自由研究を紹介

 

小学校高学年になるとさらに一人でできることが増えてきて、より複雑なことをするのがテーマの自由研究にも取り組むことが出来ます。

 

では一つずつ見ていきましょう。

 

おじいちゃんやおばあちゃんの昔の話を聞いてまとめる

1つ目はおじいちゃんやおばあちゃんの昔の話を聞いてインタビューすることです。

 

おじいさんやおばあさんが子供の頃や分かった頃の思い出話を聴いてみるようにしましょう。

 

例えばどんな遊びをしていたのか、どんな食べ物を食べていたのか、「うれしかったことは何なのか?」など思い出に残っている出来事などを聞いてみましょう。

 

また聞いた話を他の人にもわかりやすく伝えるようにメモしていきましょう。

 

例えばストーリーにしたり、紙芝居や絵本を作るのもお勧めです。

 

また話を聴いた時代や出来事をインターネットでさらに調べてその時代の背景をまとめるのも良いでしょう。

 

モーターを作る

2つ目はモーターを作るのをテーマにすることです。

 

モーターを作るために用意するのは、「エナメル線」、「乾電池」、「クリップ」、「紙やすり」、「磁石」、「銅線」です。

 

やり方はエナメル線を10回くらい巻いて輪にして両端を2回巻いて止めて5㎝くらい伸ばして切ります。

 

伸ばした片方は紙やすりでエナメルを全部はがしてもう片方は片面だけエナメルをはがします。

 

そしてクリップ代を作り間に磁石を置きます。

 

そして乾電池を銅線でクリップにつなげてまいたエナメル線をクリップに置きます。

 

作り方を絵や写真と一緒にわかりやすく見せてどうしてモーターが回るのか本やインターネットで調べてまとめるのがおすすめです。

 

電気の使い方を考えてみる

3つ目は電気の使い方を考えてみましょう。

 

やり方は家の中にある主な電気製品が何Wの電気を使うのか調べます。

 

1日のうちにその電気製品を何時間使ったかを記録し平日と休日で使い方はどのくらい違うのか、家の中で電気をたくさん使っているものは何なのか調べてみましょう。

 

そして何時から何時まで使ったのか、合計何Wh使ったのかを表やグラフなどにしてわかりやすく表しましょう。

 

また電気の無駄遣いを減らすために工夫できることはないのか考えるのもおすすめです。

 

理科の自由研究でおすすめの実験キットを紹介

 

夏休みの自由研究の課題が出たときはどうしてもアイディアが浮かばなくて悩んでしまうこともたくさんあるでしょう。

 

小学生の場合はどんな研究をしたら良いのかわからないお子さんもたくさんいると思います。

 

そんな悩みが意外と多い自由研究ですがアイディア出しや準備がいらない理科の実験きっとは実はあります

 

その理科の実験キットをお勧め順に紹介していきます。

 

学研プラス「DNAを調べよう」

まず1つ目は学研プラス「DNAを調べよう」です。

 

これは自分自身を自由研究のテーマに出来る実験キットであり、口の中の細胞を使って観察してレポートを作ることが出来ます。

 

またまとめ方のやり方もついているためにこれ1つで実験からまとめまでできるので自由研究が完成してしまいます。

 

対象は小学校3年生からであり、同じシリーズで様々な種類なものもあるのでお子さんが一番興味を持ったものを提出するようにしましょう。

 

新日本通商「キッチンの科学実験セット」

2つ目は新日本通商「キッチンの科学実験セット」です。

 

新日本通商「キッチンの科学実験セット」はキッチンでたくさんの学びを引き出すことが出来る実験キットです。

 

建夫ば片栗粉を使って物体を作ったり、パンのできる仕組みを実験したり、水と油が混ざる不思議な体験をすることが出来ます。

 

キッチンにある食材や調味料とこのキット1つで10種類の実験をすることが出来るのでぜひ試してみてください。

 

大和科学協会研究所「太陽の光とかげ実験セットD型」

3つ目は大和科学協会研究所「太陽の光とかげ実験セットD型」です。

 

これは太陽を実験台とすることが出来るキットであり、太陽の光と影が見える方向や動き方を遮光板や方位磁石、虫メガネ、鏡など様々な道具を使って観察することが出来ます。

 

また住んでいる場所やその日の天気、大人との身長差など実験する場所の条件によって結果が異なってきます。

 

夏休み小の旅行の時に持っていけばその土地と自分が住んでいる場所の違いについてしらべられるのでお勧めです。

 

まとめ

 

これまで様々な自由研究を紹介してきました。

 

難しいことから簡単なことまで色々とテーマがありますがお子さんが興味の湧いたテーマを選んで自由研究に取り組むのが一番です。

 

自由研究はこの力を育むためのとても大事な勉強なのでぜひ積極的に取り組んでみてください。

 

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.