タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

幼児向けタブレット学習やアプリはどれ?上手な活用方法も紹介

投稿日:

最近では小学生に上がる前に早い段階から学習を始めることが主流となってきて幼児向けの通信教材も沢山登場しています。

 

そんな通信教材の中でも特に幼児に人気があって話題になるのが幼児向けのタブレット学習教材です。

 

タブレット学習教材の場合は紙の教材と違って場所や時間を選ばずにすぐにゲーム感覚で学習することが出来るなどの様々なメリットがあります。

 

今回はそんな幼児向けのおすすめのタブレット学習やアプリをご紹介していきます。

 

またタブレット学習の上手な活用方法も紹介していきますので是非参考にしてみてください。

 

幼児向けタブレット学習の内容

 

 

まずは幼児向けタブレット学習とはどんな内容を学習するのかを見ていきましょう。

 

ひらがなの書き方から英単語まで多岐にわたる

幼児向けタブレット学習の内容はひらがなの書き方から英単語まで多岐にわたって学習することが出来ます。

 

これは通信教材などではなくてタブレットで学習をしているので気軽にダウンロードできるのでコストや時間もかかりません。

 

また楽しく学習することが出来るように特化しており、アニメのキャラクターを使ったアプリなどもあるので小さなお子さんでも勉強に興味を持ち始めるようになります。

 

音や映像を使った学習

またタブレット学習では紙の教材とは違い、音や映像などの機能を使った特徴を兼ね備えており、英単語や言葉を覚えるために目だけで覚えるだけではなくて目と聴覚などの器官を使って覚えるので効率的に学習することが出来ます。

 

音と映像を使ったタブレット学習は英語の発音などを覚えるのにぴったりの学習スタイルなのです。

 

ゲーム感覚でタブレット学習ができる

また幼児向けのタブレット学習ではゲーム感覚で学習することが出来るので遊んでいるうちに知識が身に着いていきます。

 

学習することが楽しいと思えるようになるので小学生に進学してからも効率的に自主的に勉強に励み、テストの点数も良い点数を取るに間違いありません。

 

そのために早めのうちに「勉強する事は楽しい!」という意識をもってもらうために幼児向けのタブレット学習はお勧めなのです。

 

では幼児向けのタブレット学習のメリットやデメリットをご紹介していきます。

 

幼児向けタブレット学習のメリット

 

まずは幼児向けタブレット学習のメリットからです。

 

幼児向けの学習コンテンツを想像すると幼児教室のように通って学ぶ学習スタイルもありますがタブレット学習には幼児教室にはないようなメリットが沢山あります。

 

場所を選ばない

まずタブレット学習であれば場所を選ばない事です。

 

タブレット学習は紙の教材とは違い、タブレット1台あれば勉強するための環境が整います。

 

例え旅行に行っていても、親子で出かけているときでもタブレット1台を持っていけば隙間の時間を使って勉強をすることが出来ます。

 

このように場所に制限をもうけることなく気軽に勉強できるのがタブレット学習なのです。

 

送り迎えの必要がなくなる

2つ目のメリットとしては送り迎えの必要がなくなることです。

 

タブレット学習では勉強する場所を選びません。

 

幼児教室などに通うとどうしても送り迎えが必要になってきます。

 

最近では共働きの家庭も沢山あり、そうした場合、送り迎えが大きな負担となって気m佐生。

 

ですがタブレット学習であれば子供を教室まで連れていく必要がなく送り迎えの必要がないので親御さんのh単も軽減されます。

 

子供の学習状況を把握できる

3つ目のタブレット学習のメリットとしては子供の学習状況を親御さんが把握することが出来る事です。

 

幼児教室などに通っていると先生や子供の口からしか学習状況を把握することが出来ません。

 

ですがタブレットを使った学習方法であれば子供の隣で子供の様子を確認することが出来て「自分の子供はちゃんと勉強することが出来ているのだろうか?」と心配になる事がありません。

 

楽しく勉強できる

4つ目のメリットがタブレット学習であれば楽しく勉強できるところです。

 

どうしても紙などで学習をするとなると「よし!勉強するぞ!」と最初のエネルギーを使わなければ学習できませんし、途中で飽きてしまいます。

 

ですがタブレット学習であれば音と映像を使って楽しく学習することが出来るので学習することに夢中になり、効率的に楽しく勉強することが出来ます。

 

幼児向けタブレット学習のデメリット

 

 

では反対にタブレット学習のデメリットとはいったい何なのでしょうか?

 

タブレット端末を使うことで体に悪い!?

まず1つ目はタブレット端末を使う事で身体に悪い影響が出てしまうと危惧されている所です。

 

例えばLEDディスプレイから発生するブルーライトによって網膜や角膜へのダメージが増えてしまったり、目の疲れや痛み、ドライアイや寝不足につながってしまう可能性もあります。

 

なので何時間も勉強するのではなくて1単元10~15分という短い時間を使って勉強し、休憩もまめにとって目に負担をかけないようにしましょう。

 

またタブレット学習をするときは部屋を明るくしたり就寝前にタブレット学習をしないようにするなどタブレット学習のやり方を考えて身体への負担を軽減するようにしましょう。

 

自分で書く勉強が疎かになる

2つ目のデメリットは自分で文字を書く勉強がおろそかになってしまう事です。

 

昔であれば手で文字を書いて勉強するのが当たり前でした。

 

ですがタブレット学習に慣れ過ぎてしまうと実際に字を書こうとしたら書くことが出来ない可能性も出てきます。

 

ですが現在提供されているタブレット学習のほとんどはオリジナルのテキストや問題集が付属しているので見聞きで覚えるだけではなくて実際に書いても覚えるようにしましょう。

 

例えば一流のプロの講師が動画で教えるスタディサプリではテキストや問題集が無料で配布され、楽しく学ぶことが出来る学研ゼミでもプリント教材がついています。

 

タブレット学習が飽きてしまう可能性も

タブレット学習のデメリットの3つ目としては飽きてしまいタブレットをしなくなってしまう可能性があることです。

 

せっかく教育にお金をかけているのに「勉強が飽きてしまい、タブレットでyoutubeをみたりゲームをしたりなど他の遊びに移ってしまう可能性があるのでは?」という心配の声も上がっています。

 

ですがタブレット学習には学習塾等と同じようにそれぞれの特色があり、ゲームのように楽しく学習しながら勉強する事を定着化していくものや楽しく問題を解くことに重視した者もあいrます。

 

またサービスによっては難易度も異なっており、基礎編~応用レベルの教材もあれば難関校受験にも対応している教材もあります。

 

なので子供の目的に合って相性が合うタブレット学習のサービスを選ばなければ子供の学習への意欲が無くなってしまう可能性もあります。

 

なのでタブレット学習を取り入れるときは必ずお子さんと話し合い、無料体験などを利用して子ども自身が続けたいと思うタブレット学習のサービスを選ぶようにしましょう。

 

幼児向けタブレット学習のおすすすめは

 

 

では幼児向けのタブレット学習でおすすめなのは何なのでしょうか?

 

1つずつ紹介していきます。

 

スタディサプリ

まず1つ目はスタディサプリです。

 

スタディサプリはリクルートが提供しているタブレット学習サービスであり、すでに2万5000人が利用しています。

 

また講師陣も大手学習塾や予備校での指導実績を持っている講師陣による動画での授業が行われています。

 

またスタディサプリは月額980円で使い放題で家計にも優しいので多くの人から人気を集めています。

利用料金 月額980円(税抜き)
対象 小学4年生~大学受験
内容 国語、算数、理科、社会、英語

となっています。

 

スマイルゼミ

2つ目のおすすめタブレット学習サービスはスマイルゼミです。

 

スマイルゼミでは専用タブレットを用いるのでyoutubeを見たり、ゲームをしたりなど勉強の妨害するタブレット学習のデメリットを払拭しています。

 

スマイルゼミには標準クラスと発展クラスがあり、上を目指す幼児向けの教材も用意されています。

利用料金 1年生:3600円/月

2年生:3900円/月

3年生:4400円/月

対象 年長、小学生、中学生
教科 年長・・・国語、算数

小学1、2年生・・・国語、算数、英語

小学3~6年生・・・国語、算数、英語、理科、社会

となっています。

 

学研ゼミ

学研ゼミは学研がスタートしたタブレット学習教材であり、通信教育というよりは月額性の知育アプリの感じの方が強いかもしれません。

 

利用料金 各コンテンツごとに500円/月
対象 幼児~中学生
教科 ドリル、学習アプリ、知育コンテンツ、図書サービス、動画チャンネル、新聞、デジタル百科事典サービス

また図書サービスと動画チャンネルもあり、学習漫画の電子書籍600冊が読み方田であり、学研チャンネルでは名作アニメやアニメ伝記、英会話動画などお子さんが好きそうな動画を見ることが出来ます。

 

幼児向けタブレット学習を活用するには

 

 

では幼児向けタブレット学習にもメリットとデメリットを理解したうえで上手にタブレット学習を活用していくポイントを紹介していきます。

 

子どもと一緒にルールを決める

まずはお子さんと一緒にタブレット学習を行うためのルールを決めることです。

 

「ここまで問題を解いたらゲームをする。」など学習するための時間を決めるとタブレット学習をするやる気に火が付きます。

 

なのでお子さんと一緒にルールを決めることでしっかりと約束を守り、それが習慣化していくのでタブレット学習に取り組む際はまずはお子さんと一緒にルールを決めましょう。

 

子供の隣に座って一緒に学ぶ

またもう一つ重要な点としては子供の隣に座ってあげて一緒に学ぶことをまずはしてあげましょう。

 

確かにタブレット学習は勉強を楽しくするための要素が沢山ありますがそれをうまく活用できるかどうかは親御さんにかかってきます。

 

タブレット学習を一人でしているとどうしてもだらけてしまい、飽きてしまいます。

 

なのでお父さんやお母さんが一緒になってタブレット学習をしてあげることでお子さんへのやる気にもつながり、関係のないゲームをしないようにようになります。

 

なのでタブレット学習で勉強が習慣化するまでは一緒にお子さんとタブレット学習で勉強するのをサポートしてあげましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

これまで幼児向けのタブレット学習を紹介してきました。

 

幼児に大事なのはゲーム感覚で楽しみながら学習して勉強をするのが楽しいと実感してもらう事です。

 

またタブレット学習では送り迎えもなく、自動採点や解説機能も付いているので親御さんの負担もだいぶ楽になります。

 

ただ勉強に慣れるまではお子さんと一緒に勉強をサポートしてあげる必要があり、子どもが勉強になれば夢中になって一人で勝手に勉強していきます。

 

なので幼児期から何か習い事をさせたいとか、幼児教室に通わせることを検討しているのであればぜひタブレット学習をしてみてはいかがでしょうか?

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.