タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

低学年のうちに小学生がやっておいた方が良いおすすめの勉強方法を公開

投稿日:

子供は学年が進むにつれて勉強のレベルが上がっていき、どんどんと難しくなっていきます。

 

そのために大事なのが低学年のうちから勉強の基盤を固めることであり、勉強の習慣化をつけることです。

 

まだ小さいからと好き放題やらせていると後で大変な目に合うのは明白です。

 

なのでそのために低学年の頃にぜひ身に着けておいてほしい勉強方法を紹介していきます。

 

小学校低学年にやっておきたいポイント

 

小学校低学年でやっておきたいことは無理に学習塾に通わせるのではなくて日常のもので勉強させることです。

 

例えばキッチンで野菜や果物、魚や肉を手で触れて切ったり、洗ったりすることによって子供は様々な知識を手に入れることが出来ます。

 

例えば魚や野菜の断面図がどういった形なのかを知ることが出来ますし、温度を上げると溶けるものと溶けないものを知ることが出来ます。

 

小学校低学年で大事なのは楽しく勉強することです。

 

そのためにはところどころで子供が興味を持つように促してあげましょう。

 

スーパーで算数と社会の基礎を築く

また毎日スーパーに買い物へ行ったときはどこの産地の果物があるのか、地理を覚えることができますし、買い物での値段の違いやお釣りの受け渡しなどのやり取りで計算力を磨くことが出来ます。

 

なので低学年のうちは「十円玉が10個で100円」になることや100円玉で60円のものを買うと10円玉が4つのお釣りがくることを自然と学ばせるようにしましょう。

 

低学年のうちは日常生活のあらゆる場面でこれから学習する勉強の土台を築くことが出来るのです。

 

鉛筆の正しい持ち方は親が教える

また低学年に大事なのが鉛筆の正しい持ち方を親御さんが教えてあげることです。

 

宿題やドリルは低学年のうちは早く終わらせることを意識するのではなくて正しい鉛筆の持ち方で正しい姿勢で綺麗な字を書けるように意識しましょう。

 

鉛筆を正しく持てなければ字を綺麗に書くことが出来なく、字が汚いことによって相手も読みにくく学習の能率にも影響してきます。

 

リビング学習を行う

また小学校低学年のうちはリビング学習を習慣化させるようにしましょう。

 

リビング学習をすることによって宿題やドリルでお子さんを気にかけてあげることができるので親御さんもお子さんの勉強にサポートしやすくなります。

 

また学習机よりも広いので辞書や図鑑を広げたり、大きな地図を広げて勉強するのもはかどります。

 

音読を習慣づける

小学生になると学校の宿題で音読することが良く出されます。

 

音読とは文章を声に出して読む事であり音読する効果をしっかりと知らない親御さんもたくさんいると思います。

 

ですが音読をすることによって国語だけではなくて算数、理科、社会などの全く違う強化でも役ちます。

 

なので低学年のうちはなるべく音読をさせるようにしましょう。

 

確かに最初は音読が上手に出来ないかもしれません。

 

ひらがなが読めなかったりしっかりと意味が理解できないかもしれません。

 

ですが読み方を振ってあげたり本に意味を書いてあげれば書かれている情景や心情を理解することにつながり、文章のの論理的な構造を理解することだ出来ます。

 

また音読をスムーズにするtまえには読みながらその先の文章を目で追う必要があるのでそれによって周辺視野を意識する力も鍛えられます。

 

国語力のある子どもは問題を正確に読み解くことが出来るので算数の文章門田ぢや中学受験の理科や社会の長文問題をスムーズに読み解くことが出来るのです。

 

小学校低学年におすすめの算数の勉強方法

 

 

小学校低学年では算数の基礎から学習してそれが基礎となり、中学年、高学年と学年が上がる度にドンドン計算の問題が複雑化していきます。

 

なので低学年でつまづいてしまっていたら中学年、高学年とズルズルと引きずってしまい、それが算数嫌いとなってしまうのです。

 

算数は「何となく理解していた」では次のステップに行くことは出来ません。

 

なので小学校低学年でしっかりと基礎をマスターするための方法を紹介していきます。

 

小学1年生で学習する事と勉強方法

まず小学校1年生で学習する内容と勉強方法は何なのでしょうか?

 

足し算と引き算

小学校1年生では足し算や引き算など単純計算が基本となります。

 

そして繰り上がりの足し算や引き算などが出てきます。

 

小学1年生の問題は簡単な計算問題なので同じドリルを繰り返して使うとなるとどうしても答えが自然と暗記してしまう可能性があります。

 

かといって何冊も問題集を解かすのも非効率な勉強方法となります。

 

なので日常の中で計算させることを意識させましょう。

 

日常の中で算数の勉強をする

例えばスーパーのレジの計算をやってみたり、卵の数を足したり引いたりして計算すると日常生活で自然と計算するようになっていきます。

 

日常生活で自然と頭の中で数式が出来て計算するようになると計算力が高くなりますし、計算するスピードも速くなります。

 

日常的に計算させてあげれば最高の学習環境をで勉強することが出来るようになるのです。

 

小学2年生で学習することと勉強方法

小学2年生になると筆算や掛け算を習うようになります。

 

ですがここで躓いてしまう人が実はたくさんいるんですね。

 

2年生で勉強する筆算

筆算でつまずいてしまう理由としては1年生の時に習う繰上りや繰り下がりをきちんと理解していないことが原因だといわれています。

 

筆算を克服するためには問題の量をこなすしかありません。

 

まずは2ケタの筆算を行い、2ケタが慣れてきたら3ケタ、3ケタが慣れてきたら4ケタの筆算を行うなど少しずつ桁数を増やしていきましょう。

 

またこれも日常生活で「ナンバープレートの数字を足したらいくつになるのか?」、ポスターで羅列されている数字を足したらいくつになるのかなど計算させてあげると計算スピードが速くなります。

 

九九を暗記する

また2年生でもう一つ習うのが九九です。

 

九九は3年生、4年生と当たり前に使うようになるので2年生のうちに何度も何度も復習して完璧に暗記しておくようにしましょう。

 

毎日毎日、九九を暗記していれば自然と掛け算を見たときに答えが出るようになります。

 

小学校低学年におすすめの国語の勉強方法

 

 

国語のテストの点数が上がると自然と算数や英語、理科、社会など他の教科でも点数が良くなります。

 

その理由として読解力が磨かれることによってスムーズに問題を解くことが出来るからです。

 

ですが国語は誰もが常識と知っているにも関わらず勉強方法が分からずにどうしても軽視されてしまいがちです。

 

なぜなら国語はいつの間にか日常生活で覚えて無意識に使っているからです。

 

ですが国語が出来るお子さんと国語が出来ないお子さんでは将来的に大きく成績が違ってくる可能性があるので小学校低学年のうちから効率的な国語の学習方法を知って国語のテストで高得点を取れるように勉強しておきましょう。

 

小学1年生におすすめの国語の勉強方法

お子さんが小学生の時に入学して学ぶのがまずはひらがなです。

 

大人になればひらがななんて読めて当たり前、書けて当たり前になっていますが小学生になったばかりのお子さんにとってはそういうわけにもいきません。

 

子供たちにとって聞いたり話していた言葉が書けるようになるのは大きな成長なのです。

 

ひらがなとカタカナをマスターする

大人は小学生のお子さんがひらがなやカタカナを文字にした時に「やっとできるようになった。」と出来て当たり前と思ってしまいます。

 

その理由は日本人であれば誰でもできて当たり前のことだからです。

 

ですが子供目線で考えると言葉を読み書きできるようにということは大変なことであり、大きな進歩なのです。

 

音読が出来たら子供を褒めてあげる

なのでひらがなの読み書きやカタカナを読めたり、音読が出来るようになったらしっかりとお子さんを褒めてあげましょう。

 

お子さんを褒めてあげてあげれば達成感を感じ、自分の自信にもつながります。

 

そしてそれが小さな成功体験となり、勉強するのが好きになっていきます。

 

なので親御さんたちがお子さんに読み聞かせていた絵本や童話を今度はお子さんに読み聞かせてもらうようにしましょう。

 

そのために小学校1年生ではたくさんの絵本や童話を与えてあげてまずはひらがなやカタカナを読めるように、書けるようにマスターしましょう。

 

小学2年生におすすめの国語の勉強方法

では小学2年生の国語の学習方法は何なのでしょうか?

 

小学2年生の国語のおすすめの勉強方法は文章を読んだり、書けるようにすることです。

 

小学2年生で学ぶ国語の内容

ここでも大事なのが子供が文章を書くことが出来たらしっかりと褒めてあげることです。

 

大人にとっては確かに書いたり読んだりするのは簡単にできることなので当たり前に思うかもしれません。

 

ですが子供にとってはそれは大変な学習であり、出来たということは成長したということなのでしっかりと褒めてあげるようにしましょう。

 

小学2年生で大事なのは国語の転換点

小学2年生で大事なのは漢字やひらがな、カタカナを使って文章が書けるようになることです。

 

文章を書くといっても英語のように文法を習うわけではないので書けて当たり前と思うかもしれません。

 

ですが文章を作るというのは大変な転換点です。

 

問題集を見るとわかりますが大人でも国語を本格的に勉強するとなると満点を取ることが出来ないかもしれません。

 

それほど文章を作るというのは難しいことだからです。

 

なので親御さんがお子さんと一緒にサポートしながら国語の簡単なドリルで文章を解く勉強をしてあげることをおすすめします。

 

文章を書くというのは慣れが必要であり、細部にこだわれば引っ掛かりやすく、親御さんでも理解できない所もあるかもしれません。

 

なのでお子さんと一緒になって国語の勉強として文章を書くことに慣れていきましょう。

 

小学校低学年の家庭学習の進め方

 

では小学校低学年の家庭学習はどのようにして進めていけば良いのでしょうか?

 

毎日少しずつ勉強する

まず低学年のお子さんが家庭学習を習慣化することが最も大事になってきます。

 

そのために低学年のうちからお子さんに「時間は短くても毎日勉強はするのが当たり前」というのを常識にしていきましょう。

 

それが常識になると逆に勉強しない日があると不安でたまらなくなります。

 

そして宿題の有り無しに関係なく勉強する時間を決めて毎日、ドリルや問題集などを勉強するようになるのです。

 

なので親御さんはお子さんが家庭学習が習慣化するまで一緒に付きっ切りで見てあげるようにしましょう。

 

目標は小学3年生~4年生までには時間は短くても毎日勉強することが当たり前という習慣をつけてあげることです。

 

なので家庭学習が習慣化するまで毎日コツコツと継続して勉強するように心がけましょう。

 

親が手伝えば低学年の子供は勉強する

そして小学校低学年でおすすめの書いて学習方法は親が子供と一緒に勉強することです。

 

低学年のように幼いお子さんが自分から勉強することは中々ありません。

 

なので低学年のうちは必ず親が勉強の面倒をしっかりと見てあげるようにしましょう。

 

勉強に集中させるためにテレビなど妨害するものは消す

またお子さんが集中して勉強している間はテレビやスマホなど気が散るものは消したり、周りに置かないようにしましょう。

 

集中力が一回切れるともう一度集中するためにかなりの力が必要になります。

 

低学年で勉強が習慣化するためにまずは勉強できる環境を整えてあげることが大事なのです。

 

小学校低学年で勉強が苦手な子におすすめの勉強方法

 

 

小学校低学年で勉強が苦手なお子さんの特徴として「理解」と「忘却」という特徴があります。

 

理解というのは文字情報を理解するのが弱かったり、言語情報の理解が弱いというケースです。

 

そして忘却というのが「忘れてしまうスピードが速い」ということです。

 

例えば1週間経っても覚えていられるお子さんもいれば1日経った瞬間に忘れてしまうお子さんも中にはいます。

 

そういった勉強が苦手なお子さんにおすすめの勉強方法を紹介していきます。

 

定期的にドリルや実力テストをする

まずはしっかりと知識が定着しているのかどうかを定期的にドリルやテストをこなして確認するようにしましょう。

 

テストの点数が悪いとやる気が不安になってしまう親御さんやお子さんもいるかもしれませんがテストの点数が悪いということがまだまだ伸びしろがあるということであり何も悪いわけではありません。

 

過去に学校で習っている内容が身についているのかどうかを確認するためのテストだからです。

 

習慣的に勉強させる

そしてつまずいた部分が分かったら習慣的に何度も復習させることです。

 

忘れるスピードが速ければ何度も何度も復習すれば良いだけの話です。

 

自宅で家庭学習の習慣をつけさせるか、学習塾や家庭教師、通信教育を使って何度も苦手な問題を克服するようにしましょう。

 

なので大事なのは苦手を克服するために家庭学習の勉強化を習慣化させることなのです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

小学校低学年のうちは学習塾や家庭教師を使うのではなくてまずは日常生活から勉強になるようなネタを見つけてお子さんと一緒に楽しく勉強することです。

 

また低学年に習う国語と算数がこれから長い人生で生きていくために必要な基礎知識となっていきます。

 

なので躓いるところはしっかりと復習をして中学年、高学年の準備として苦手な分野は克服しておくようにしましょう。

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.