タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

【低学年、高学年別】小学生の成績アップのためのおすすめの家庭学習法を伝授

投稿日:

新学期が始まったり進級すると必ずどこかで勉強のつまずきや苦手が出てくるお子さんもいらっしゃるのではないのでしょうか?

 

一度勉強に苦手が出てきてしまうと克服するのも中々大変ですよね。

 

そのためのお子さんの学力対策として塾に通っているおこさんも多いかもしれません。

 

近年では個別塾などは様々なタイプの塾が出てきていますし、お子さんやお友達にも現在、塾に通っている子も沢山いるでしょう。

 

ですがお子さんにとって学校で出される宿題にプラスして宿題をこなしながら塾で学ぶことは簡単なことではありません。

 

なので学力を上げる、維持するために大事なのは家庭学習なのです。

 

今回は低学年、高学年別に小学生の成績がアップするためのお勧めの家庭学習方法を紹介していきます。

 

塾と家庭学習で子供の学力を上げるためにおすすめなのは?

 

「ほとんどの親が子供の勉強や成績を上げたい。」と思っていると思います。

 

そのために学習塾に通わせたり、家庭教師をつけたり、通信教育で勉強を教えているでしょう。

 

ですが大事なのは学習塾や家庭教師でもなく「家庭学習」なのです。

 

家庭学習が大事な理由を実際にまとめてみました。

 

家庭学習が大事な理由

・自分から学ぶ力を養うことが出来るため

・自分にあった勉強が出来るため

・学校や塾だけでは伸ばしにくい力を育てられるため

 

では1つずつ分かりやすく紹介していきます。

 

自分から学ぶ力を養うことが出来るため

まず家庭学習では自分から学ぶ力である「アクティブラーニング」をすることが出来ます。

 

アクティブラーニングとは「主体的な学び」という意味で2020年実施の学習指導要領の改訂や教育改革で大事とされているものです。

 

子どもたちが勉強することに関心を持って自ら学ぶ姿勢が大切とされています。

 

アクティブラーニングを身につけるためにも授業で出される宿題をただこなすだけではなくて自分から学ぶ力を育てなければいけないのです。

 

自分から学習机やリビングで勉強する家庭学習の習慣が今後の将来に大きくかかわってくるのです。

 

自分にあった勉強が出来る

家庭学習がお勧めできる2目の理由が自分で計画や目標を立てて学習を進めることが出来るからです。

 

例えば学校の授業や宿題は個人ではなくてクラス全体の進捗状況によって進んでいきます。

 

なので自分が苦手なものがあれば克服することが出来なくて苦手の分野はずっとそのままになってしまいます。

 

ですが家庭学習が習慣化していれば自ら苦手な分野を克服することが出来て、自分の得意分野を伸ばしていくことが出来間sう。

 

そしてどんどん自分が何が得意でどういったことが苦手なのか理解することが出来て自分専用の解決策が次第にわかってきます。

 

学校や塾だけでは伸ばしにくい力を育てられる

3つ目の理由は毎日の学校の授業や家庭での宿題、塾や習い事など小学校のお子さんが忙しいので遊ぶ時間も決められています。

 

ですが家庭学習であれば時間をずらすことが出来るので友達と遊ぶことが出来て協調性や社会性、計画力などが鍛えられます。

 

より難しい学校に入って欲しい親にとっては「遊んでないで勉強しなさい!」となるかもしれませんが遊ぶ時間にっも実は学校や塾の授業だけでは身につけることが出来ない大切な力を身につけているのです。

 

小学生が家庭学習の出来ない原因は?

 

出も中には「うちの子、勉強に集中が出来ないんです。」と頭を抱えている親もいるでしょう。

 

親から見れば勉強に集中して欲しいと思うのが当然でしょう。

 

出来るだけ長く集中して、今日やらなければいけない受験勉強や学校の宿題を早く終わらせて欲しいと思うでしょう。

 

ですが中々勉強に集中することが出来なくて取り掛かろうとしない、ようやく取り掛かったとおもったら もう集中していないというお子さんは何が原因でしょうか?

 

スマホやゲーム、テレビによって集中できない

まず1つ目の理由としてスマホやゲーム、テレビなど集中力を妨げてしまうものが周りにあるのが原因です。

 

テレビやゲームなどは飽きられないように作られているのでついつい夢中になってしま、「気づけば何時間もゲームをしてしまっていた。」という事もあるでしょう。

 

確かに休憩中に時間を決めてやるのは良いかもしれませんが、時間制限がない状態でゲームやテレビをみるのは休憩ではなくてただの「惰性」となってしまいます。

 

ダラダラと続けているだけでただ時間がたってしまっているという状況だと勉強に限らず日々の生活で取り組む全ての事に対する集中力が奪われる原因となってしまいます。

 

集中して勉強出来る環境が整っていない

また勉強に集中できる環境が作られないと中々勉強に腰がはいりません。

 

ゲームやスマホ以外でも興味を持ちそうなものが近くにあれば子供は興味を抑えきれずに中々勉強に集中することが出来ません。

 

特に小学校低学年のうちから子供部屋として子どもに個室がある場合は注意が必要です。

 

「勉強する」といって個室にこもっていると思ったら実は漫画やゲームをしていたということもあるでしょう。

 

また常に監視をしていては逆に子供が集中して自主的に勉強するためのやる気を奪ってしまいます。

 

なのでまずは小さいうちから少しずつ勉強するための習慣をつけておきましょう。

 

勉強の習慣が出来ていない

そして3つ目は勉強するための習慣が出来ていないためです。

 

勉強する習慣が出来ていれば子供が「今日はここまで勉強しよう」と自分で計画をして勉強することが出来ます。

 

なのでまずは毎日5分でも良いので勉強させて勉強に集中出来たらご褒美をあげたり、子供を褒めてあげるようにしましょう。

 

まずは子どもが勉強に集中できる環境づくりから始める

 

ではどうすれば子供は勉強することが習慣になっていくのでしょうか?

 

実は小学生の成績アップは家庭学習の少しの工夫で全く変わってきます。

 

そもそもお子さんが気が散って中々、勉強に集中してくれなかったりするのは他に理由があるからです。

 

小学校低学年からでも実践できる勉強を習慣化するためのポイントを紹介していきます。

 

勉強する時間を毎日確保する

特に小学生のように小さなお子さんが成績をアップさせるためには自分から勉強する習慣をつけるということが何よりも大事になってきます。

 

最初は5分でも10分でも20分でも良いので宿題の他のプラスαで何かドリルをやらせてみるなどとにかく毎日勉強を続けることが大切になります。

 

一日サボってしまうとそれが連鎖してしまい悪循環を生んでしまうので必ず毎日勉強するのは癖にしていきましょう。

 

勉強する時間をしっかりと決める

そのためにもまずは勉強する時間をしっかりと決めることが大切になってきます。

 

例えば〇時~〇ジは勉強という風に絶対に破らないようにしっかりと勉強するルールを決めるようにしましょう。

 

もちろんこれはしっかりと子供と話し合って子供にどの時間に勉強したいのか決めてもらうようにしましょう。

 

サボらないでするためのお勧めの勉強の時間帯は「帰宅後すぐに勉強する」です。

 

一旦遊びを挟んでしまうと中々勉強モードに入ることが出来ません。

 

なのでそういった点も踏まえて決めるようにしましょう。

 

勉強する環境を徹底的に整える

また勉強する時間も大切になってきます。

 

子供部屋にこもってやらされるのは親が子供の実態を把握できないためにあまりお勧めできることではありません。

 

漫画やおもちゃの置いていないキッチンやダイニングテーブルなどであたかも日常的に勉強するのが当たり前という事を習慣づけるようにしていきましょう。

 

小学生の家庭学習の勉強時間の平均は?

 

 

では頭の良い小学生って1日平均どれくらい勉強しているのか気になりませんか?

 

もし自分の子供が周りの小学生の平均勉強時間よりも短いのが原因で勉強を遅れをとってしまうかもしれないと不安になってしまいますよね。

 

では小学生の家庭学習の勉強時間の平均は大体どのくらいなのでしょうか?

 

小学生の勉強時間の平均は学年が上がるにつれて上がっていく

小学生の勉強時間はだいたいこのくらいでした。

 

学年 30分以下 1時間以上2時間未満 2時間以上
小学1年生 47% 47% 6%
小学2年生 37.5% 52% 10.5%
小学3年生 29.5% 58.5% 12%
小学4年生 25.5% 57.5% 17%
小学5年生 20% 57.5% 22.5%
小学6年生 20.5% 53% 26.6%

となり学年が上がるにつれて小学生の勉強時間の平均は少しずつ増えていく傾向にあります。

 

小学生の勉強時間の平均からわかることは?

では小学生の勉強平均時間は徐々に増えていくのでしょうか?

 

その理由としては学年が上がるにつれて少しずつ宿題の量が増えていくことや通信教育やドリル、学習系の習い事や学習塾に通い始める人が増えたためです。

 

なので小学生の勉強時間が少しずつ増えていくのは当たり前の事なんですね。

 

また中学受験のを受けるお子さんは小学4年生から本格的に始める家庭が多いので学年が上がるにつれて塾に通うお子さんも増えていきますが、それ以上に塾での勉強時間が急激に上昇していきます。

 

なので教育熱心な親であれば子供が小学生になる頃には家庭での勉強を当たり前のように習慣化していて毎日の家庭学習の勉強をきっちりと確保しているのです。

 

小学生の勉強時間はどれくらいが適しているのか?

では小学生の平均勉強時間はどれくらいが適しているのでしょうか?

 

中には学校の授業を集中して聞いてほとんどの事をその時に理解し、家では30分以内の勉強をするだけで好成績を取ってしまう頭の良い子供もいます。

 

ですが多くの子供はコツコツと家庭学習を積み上げることで成果を出すタイプだと思います。

 

そうした場合、親が楽しく勉強することが出来る通信教育を提案することでぐんぐんと成績が伸びていくのです。

 

中には勉強が大嫌いという子供は学習塾に行かせてまずは勉強に慣れるところから始めるようにしましょう。

 

小学生低学年の家庭学習で大切にすること

 

 

では小学生の低学年の家庭学習で大切にすることは一体何なのでしょうか?

 

小学校に入りたての頃は親が子どもに「勉強しなさい!」と叱っても子供に何のメリットもありませんし子供が不安になってしまいます。

 

小学校低学年で大事なのはしっかり親が主導で導いてあげることとそして勉強を習慣化させてあげる事なのです。

 

親も子供の勉強を一緒に見てあげる

小学校低学年のお子さんが一人で勉強しようと思って中々勉強できるものではありません。

 

たとえ一人でやらせたとしてもとても効率が悪いですし、逆に勉強嫌いになってしまうケースもあります。

 

なのでまずは基礎基本的な問題を何回も反復させて少しずつ勉強に慣れさせて応用問題を手に付けるようにしましょう。

 

小学校低学年が好成績の点数を取るためには親が子供に自信をつけさせてあげるのが大事なのです。

 

比較的低いハードルの目標を達成して積み重ねていく

また小学校低学年のうちはハードルの低い、簡単に解ける問題にチャレンジして目標も簡単にクリアできる目標にしていきましょう。

 

大事なのは目標を達成できたという喜びです。

 

この喜びを何度も味わう事を大事にしていきましょう。

 

例えば「今日はこのページの漢字を書けるように頑張る。」、「このページの算数ドリルが解けるまで勉強する。」など少しの目標を持たせて上げれれば大丈夫です。

 

そして目標を達成することが出来たら思いっきり褒めてあげるようにしましょう。

 

そうすることで自分に自信がつきますし達成感を体感することで勉強がさらに楽しくなっていきます。

 

ゲーム感覚で楽しく勉強させて勉強嫌いにさせない

そして小学校低学年で最も危険なのが勉強嫌いになってしまう事です。

 

小学校低学年の間に勉強する習慣をつけることが出来なければ高学年になっても勉強することが出来ません。

 

なのでゲーム感覚でまずは楽しく勉強させることに楽しみを覚えてもらったり、日常会話の中にも学習内容を織り交ぜてみると子供も自然と記憶することが出来て効率的に勉強することが出来ます。

 

小学校高学年の家庭学習のおすすめ勉強法

 

 

では小学校高学年のが低学習で大事な事とは何なのでしょうか?

 

テストで間違えた問題の見直しを何度もして復習する

3年、4年になってくると少しずつ苦手な分野が分かってきます。

 

その目を早めに摘み取ってしまい、しっかりと苦手な分野は克服していくようにしましょう。

 

苦手が分かるのはテストです。

 

テストで間違えた場所がまさしくお子さんが苦手な場所という事です。

 

なのでテストで間違えた箇所を何回も復習してしっかりと苦手を克服しておきましょう。

 

分からない問題をそのままにしない

小学校で学ぶことは全てが中学、高校の基礎となる重要な問題ばかりです。

 

中学に上がれば小学校で習得した事の応用問題ばかりになります。

 

なので基礎である小学校の勉強内容を決して疎かにしてはいけません。

 

なので苦手な分野は早めに反復練習をして克服しておくようにしましょう。

 

問題を間違えることを恐れずにどんどんと数をこなす

学校や学習塾の場合、間違えると他の差生徒にどう思われるか不安になったりしますが、家庭ではどんどん間違えても良いという雰囲気を作ってあげるようにしましょう。

 

そして間違えた時にどこが原因で間違ってしまったのかしっかりと間違えた場所を言及するようにしましょう。

 

そうすることによってたとえ問題を間違えてしまっても自己解決するために行動することが出来るので自主的に勉強することが出来るようになります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

小学生の家庭学習の方法やポイントをそれぞれ紹介してきましたが、親も子供さんと一緒に同じ目線で二人三脚で頑張ってあげることが大事になってきます。

 

やりたくない、楽したいのは親も子供も一緒です。

 

なのでこまめにしっかりと目標を立ててゴールを目指し、達成したらご褒美を与えて勉強するのが楽しくなる習慣を作っていくように工夫すればこれからも勉強するのが楽しくなっていくので頑張っていきましょう。

-未分類
-,

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.