タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

小学生が国語が苦手な原因と国語が得意になる克服方法

投稿日:

小学生が苦手な教科で一番多いのが実は国語です。

 

国語って普通に考えれば一番私たちが話しているので苦手じゃないと思うのですが実は小学生の多くは国語を苦手としているんですね。

 

しかもこの苦手な国語を克服する方法を知らない親御さんもたくさんいます。

 

例えば算数であれば公式や計算式を丸暗記すれば良いですし、英語も英単語や熟語を暗記すれば何となくでも平均点以上を取れることが出来ます。

 

ですが国語は算数や英語の様に暗記すればテストの点が取れるわけではありません。

 

なので今回は小学生の苦手な国語を簡単に克服する方法を紹介していきます。

 

小学生で国語が苦手な理由は?

 

なぜ沢山の小学生が国語を苦手にしているのでしょうか?

 

まずは小学生が国語を苦手になる原因について調べてみましょう。

 

読解力が足りていないから

まず1つ目は読解力が不足しているからです。

 

国語が苦手なお子さんの特徴として「文章を読み取る」という力が不足していているからです。

 

ヒドイ時は問題の意味が分からなくてちんぷんかんぷんの解答をしてしまいます。

 

国語の勉強問い言えば漢字の読み書きの練習や音読だと思います。

 

ですがこの音読はただ読書をしているだけでは読み取りの勉強に全くならないんですね。

 

なぜなら読み取りの勉強はしっかりと文章を読み取ることを意識して勉強しなければいけません。

 

音読をしてもテストの成績が上がらない人は勉強ではなくてただ作業のように本を読んでいるからテストの成績が上がらないのです。

 

なのでしっかりと読み取りの練習をすれば国語のテストで高得点を取れるだけではなくて算数や理科、社会の問題もスムーズに理解できるので全体的に高得点を取ることが出来ます。

 

では小学生が国語が苦手な場合の特徴とはどのようなケースなのでしょうか?

 

国語が苦手な場合の特徴は?

国語が苦手な人の特徴として以下のようなことがあります。

 

★国語が苦手な人の特徴

・テスト問題を読んでも理解できない

・読書(物語)をするのが苦手

・読書をしても、図解などの絵や写真が多いものばかりをみている。

・国語はどんな勉強をすれば良いのか全く分からない。

などです。

 

国語だけでなくて算数や理科、社会などのテストでも簡単な問題なのに問題の内容が分からなくて間違えてしまう事があると思います。

 

そして親御さんから「よく問題を読みなさい。」と怒られるケースを周りでもたくさん見ていると思います。

 

ですがこの理由は完全に読解力不足であり、国語の点数を伸ばせば自然と算数や理科、社会などにも影響して伸びていくんですね。

 

また小学生でもこの問題が続いて改善していかないと中学、高校とさらに大きな差が出来てしまうのです。

 

問題文も学年に上がるにつれてさらに複雑になっていきます。

 

なので「この子、もしかしたら文章を読む力が弱いのかもしれない。」と気づいたいのであれば今のうちに改善していきましょう。

 

1日15分だけ本を読んでその意味を理解する事だけで確実に読解力の力は鍛えられます。

 

本を読めば国語が苦手なのを克服できるのか?

 

ではどのようにして苦手な国語を克服していけば良いのでしょうか?

 

まず大事なのは文章を読むことです。

 

つまり音読をすることです。

 

「でもさっき音読はダメっていったじゃん。。」と思うかもしれませんが作業の様に何も考えずにただ音読するのではなくてしっかりと本の内容を理解した音読であれば「記憶力」、「コミュニケーション力」、「思考力・発想力」がアップします。

 

ではどのようにして正しい音読をすれば良いのかというと音読をしてからその本の感想や気づいたことなど何でも良いので自分の口からアウトプットさせるのです。

 

国語の問題は3段階で考える

そして苦手な国語を克服するための勉強方法として国語の問題を3つのステップで考えるようにしましょう。

★国語を国富するためのステップ

ステップ1:知識を問う問題

ステップ2:作成者の指示に従う問題

ステップ3:文章の意味を聞く問題

 

一つ一つステップごとにクリアしていけば確実に国語の読解力も上がっていくので自然と苦手だった国語を克服することが出来ます。

 

ではそれぞれのステップごとの勉強方法を紹介していきます。

 

知識を問う問題は単なる暗記で解決できる

まず知識を問う問題というのがどういった問題なのか理解しておく必要があります。

 

★知識を問う問題

・漢字の読み書き

・ことわざの意味を聞く

・四字熟語を書かせたり、意味を聞く

などが挙げられます。

 

こういった暗記問題は何度も復習や反復練習してクリアすることが出来ます。

 

これはただ覚えるだけなのでもし中学受験を受けることを考えているお子さんなのであれば親御さんがしっかりと管理してあげて確実にここはマスターしておきましょう。

 

小学生のお子さんにしっかりと覚えさせるためには「親が一緒になってチェックしてあげる」という事が大事になってきます。

 

たとえ漢字やことわざ、四字熟語の意味が解らなかったとしても一緒に調べて1つ1つ基礎知識をつけていきましょう。

 

作成者の指示に従う問題は読解力とは関係ない

2つ目の作成者の指示に従う問題は読解力とは全く関係ありません。

 

大事なのは文章の構成をしっているかということです。

 

例えば

・主語と述語はどれになりますか?

・この部分を詳しく言い表した部分を9文字で答えてください。

・線を引いた部分と同じ意味の言葉を本文中から探して下さい。

 

などの問題で大事な事は読解力と一緒に考えるのではなくてまずは文章の構成を把握する事です。

 

読解力というのは「文章を作っている人の言いたい事を読み取る力」ということです。

 

これに対して作成者の指示に従う問題ではたとえ読解力が無かったとしても長文の意味が解らなかったとしても問題を解くことが可能なのです。

 

なので読解力とは切り離して考えて対策を進めるようにしましょう。

 

文章の意味を聞く問題は読解力が必要

最後の文章の意味を聞く問題は読解力が必要となってきます。

 

先ほども話しましたが読解力とは「文章を作っている人の言いたい事を読み取る力」となります。

 

読解力が試される問題には

・作者が言いたかったことを50文字以内に要約しなさい。

・あのシーンでは主人公はどんな気持ちだったのでしょうか?

・線を引いた部分を分かりやすく30文字以内で説明しなさい。

 

という問題です。

 

読解力が試されている問題を解くためには

「これはどういうことなのか?」⇒「こういうことだったのか。」

という疑問と回答を自分で見つけなければいけません。

 

なのでこれは読書をするのでも身につけることが出来ますが、「〇〇がこう思った理由を説明しなさい。」などその人の理由などを意識することが出来ないのでなるべく国語の問題集などを購入して国語の苦手対策を行っていきましょう。

 

小学校低学年で国語が苦手な場合の対策

 

 

ではここからは学年別に苦手な国語を克服する方法を紹介していきます。

 

まず小学校低学年の場合、国語が苦手なお子さんの特徴は

・本を読むのが苦手

・話の内容を理解できない

 

という症状だとおもいます。

 

そういったときの対策はこちらになります。

 

★小学校低学年の国語対策

・親が読み聞かせて本を読むのを克服する

・話の内容を掴めない場合も読み聞かせで克服できる

・読解力を身につける

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

親が読み聞かせて本を読むのを克服する

まず本を読むのが苦手な人の特徴として

・言葉のボキャブラリーが少ない

・文章に慣れていない

という特徴があります。

 

そういった場合はお子さんに本を読んで聞かせてあげて多くの情報を耳から与えるのが大事になってきます。

 

例えば最初は寝る前に簡単な絵本を読み聞かせてあげるようにしましょう。

 

「小学生なのに絵本?」と思うかもしれませんがまずは読み聞かせてあげることが大事なのです。

 

とにかく読み聞かせて言葉を覚えさせて文章に慣れることから始めま用。

 

そして単純に文章に慣れてきたら次は図書館に行って自分の興味のある本を一緒に選びましょう。

 

これはすぐに効果は出てきませんが自然と本を読む習慣をつけることが出来るので自分で考えたりする思考力や記憶力、読解力も育っていきます。

 

なので知っている言葉を増やすためにもまずは本を読み聞かせるのがとても有効なのでぜひ実践してみてください。

 

話の内容を掴めない場合も読み聞かせで克服できる

また「話の内容が掴めていない、理解できていない。」という場合でも読み聞かせてあげることで対策を打つことが出来ます。

 

なぜ話の内容を掴むことが出来ないのかというと、その文字が言葉によってどういった意味になっているかがわからないから理解することが出来ないんですね。

 

例えば国語が苦手なお子さんであれば情景をイメージすることが出来ませんし、その人がどういった感情でその言葉を話しているのかもイメージすることが出来ません。

 

ですが本を読み聞かせることによって「この人は悲しいからこういった言葉を話したんだな。」とか「今は悲しいシーンで情景もこういった情景なんだな。」と想像することが出来ます。

 

また本に興味を持ち物語や伝記を読むようになれば他の人の人生やその考え方を疑似体験することも出来ます。

 

なので文章を読んだらどんな場面かをイメージするトレーニングをすることが出来るんですね。

 

文章だけの物語は小学校高学年になってからで大丈夫なのでまず小学校低学年のうちは文章に慣れることから頑張っていきましょう。

 

読解力を身に着ける

読解力を身につけるにはまず多くの文章に触れられる環境を作ることが大切になってきます。

 

これは本が周りに沢山ある事ではありません。

 

子どもが本を読む環境を作るにはまず親が子供に本を読んであげることで鵜s。

 

親が本を読むことで子供も本を読むのが当たり前の環境となってきます。

 

そうすれば子供が本を読むようになり、子供の興味がありそうな本を買ってあげれば子供は喜んで本を読むようになります。

 

そして本を読むことで知識が増えることを実感すると子供は本を読むことが楽しい事と思うようになります。

 

そして多くの文章に増えるr事によって自然と文章を読んでいき内容を理解する力を少しずつ身につけることが出来るのです。

 

これが読解力を身につける方法となります。

 

国語の成績が悪いと他の成績も上がらないのか?

 

 

実際に国語の成績が悪いと他の成績も悪いお子さんというのは沢山います。

 

この事実を知らないで勉強するのと知っていて勉強するのでは大きな違いが出てきます。

 

ではなぜ国語の成績が悪いと他の科目の成績も悪くなってしまうのでしょうか?

 

国語の成績が悪いと他の科目の成績が上がらない理由

例えば国語以外の強化である算数でも理科でも社会でも先生が授業で話すことは日本を聞いて授業を受けますよね。

 

なので先生が話していることを理解する能力は国語が関わってくるのです。

 

また計算をする前に問題を読むと思いますがこれも必要になってくるのが国語力です。

 

つまり「何を問題で問われているのか?」が分からなければ算数の問題を答える以前の問題となってきます。

 

国語の中でも重要な力とは?

では国語の中で最も重要な力とは何なのでしょうか?

 

それは

・漢字力

・読解力

・作文力

 

など様々ですが最も必要なのが「読解力」です。

 

もっと分かりやすく言うのであれば

・読んで書いてあることを理解する力

・解いていっていることを理解する力

 

が必要となってきます。

 

なので「読んで書いてあることを理解する力」、「聞いていっていることを理解する力」を鍛える必要があるのです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

これまで苦手な国語を克服する方法を紹介してきました。

 

国語は生きていくうえで思考力や記憶力、コミュニケーション力を鍛えてくれるものなのでお子さんが小さいうちから読み聞かせをしたり、本に興味を持ってもらうために努力をして自然と子供が本を読む環境が整っている習慣を作り出せると今後大きなアドバンテージとなってきます。

 

なのでぜひ実践してみてください。

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.