タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

小学生は学習塾にいつから通わせればいいのか?学習塾の選び方も紹介!

投稿日:

小学生にあがると勉強の事を考える親御さんも増えてくるのではないのでしょうか?

 

学習塾に通わせたり、家庭教師を呼んだり、習い事をさせたり、通信教育を受けたりなど。

 

様々な所でお金がかかってくると思います。

 

でも「小学生のうちから学習塾や家庭教師って本当に必要なの?」、「でも自分の子供が授業についていけずに勉強できなくなるのは嫌だな。」、「みんな周りはどうしているのだろう?」と中々お子さんの将来の事を考えるとどうすれば良いのか分からずに悩んでいる親御さんもいると思います。

 

今回は小学生はいつから学習塾に通わせれば良いのか、そしてどのような学習塾を選べばよいのかを紹介していきます。

 

小学校低学年の塾通いは必要?

 

 

では小学校低学年のうちから塾通いは必要なのでしょうか?

 

まず本音で話すと中学受験があってもなくても小学生低学年のうちは塾通いは全く必要ありません。

 

それよりも大事なのは自宅での学習を習慣にすることです。

 

なぜなら低学年で大事なのは「学習習慣の確立」と「親子のコミュニケーション」だからです。

 

ですが最近では「共働きで一緒に勉強する時間がない。」という親御さんも沢山いるでしょう。

 

そうした場合に学習塾を利用するのがお勧めなのです。

 

ですが小学校低学年の時は自宅学習が基本であり、学習塾はほじょ程度だというう事を理解しておきましょう。

 

多くの経験が大きな力となり学習の糧となる

学習塾に通わせて勉強漬けにしてしまうと周りとコミュニケーションを取ることが出来ずに子供が育つ上で大事なものが育たなくなってしまいます。

 

低学年で大事なのは様々な体験をさせてあげることです。

 

それが経験となって小学校高学年や中学生、高校生と人生において大きな影響力を及ぼすようになるのです。

 

どうしても経験が乏しいと学習においても「イメージ」を持つことが出来ずに考える力を阻害してしまいます。

 

例えばスポーツをさせるのでも良いですし、旅行やキャンプ、ゲームをさせても良いでしょう。

 

とにかく色々な経験をさせることによって日常生活全てが子供にとっての学習となるのです。

 

学習塾の種類

では学習塾の種類は今現在、どのようなものがあるのでしょうか?

 

学習塾には大きく分けて4つの種類があります。

 

お子さんにを塾へ通わせる為にはその目的に合った学習塾を選択するようにしましょう。

 

1つ目は進学塾です。

 

進学塾は中学受験に向けた入試などの受験対策を指導してくれる塾を指します。

 

2つ目は補習塾です。

 

補習塾では小学校の授業の補習や定期テスト対策などを指導してくれる塾になります。

 

3つ目は総合学習塾です。

 

総合学習塾では受験対策と学校の授業のフォローなどを総合的に指導してくれる塾となります。

 

4つ目は専門塾です。

 

専門塾では英会話教室やプログラミング教室など専門分野に特化した塾を意味します。

 

これを見ると分かりますが進学塾などのように難関校の受験対策に特化している塾もあれば総合学習塾のように受験目的も補習目的にも対応している塾があります。

 

このように塾によっては様々な特徴があるのです。

 

塾へ通うお勧めの時期とは?

では学習塾へかようお勧めの時期とはいつなのでしょうか?

 

それは中学受験を検討している人と中学受験を検討していない人で分かれてきます。

 

中学受験を検討している場合は3年生の2月から学習塾へ通う事をお勧めします。

 

その理由としては小学校3年生の2月から中学受験のカリキュラムがスタートするからです。

 

そのために3年生の2月までにはどの進学塾に通うのかをしっかりと決めておくようにしましょう。

 

また中学受験を受けない方はお子さんのテストが70点以下の科目が目立つようになったら補習塾へ通わせるのが良いでしょう。

 

なぜなら小学校高学年で学習した内容は中学校の授業の基礎となってきます。

 

なので小学生のうちから理解に遅れないようにフォローを入れるために70点以下の科目が目立つようになったら補習塾へと通わせるのがお勧めなのです。

 

小学生から学習塾に通うとどうなる?

では小学生から学習塾に通い始めるとどうなるのでしょうか?

 

早い段階で学習塾に通い始めることが出来れば、塾のシステムや雰囲気に慣れることが出来ます。

 

つまり、学習塾の雰囲気に慣れれば自然と高学年になっても学習塾に通うモチベーションを保つことが出来ます。

 

ただし、小学校低学年のうちから中学受験を意識してしまうと高学年で息切れしてしまう事もあります。

 

なので小学生のうちは無理して学習塾に通わせるのではなくて子供の意見を尊重し、子供が通いたいと言えば学習塾に通わせてもしそうでないのであれば家庭学習や通信教育で勉強させる方がおすすめです。

 

小学生から塾に通わせることへのメリット

 

 

では小学生から塾に通わせることのメリットとはいったい何なのでしょうか?

 

★小学生から塾に通わせることへのメリット

・勉強の習慣が身に着く

・勉強の楽しさを理解する

・考える力を養うことが出来る

・中学受験の最新情報を手に入れることが出来る

などのメリットがあります。

 

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

勉強の習慣が身につく

まず小学生のうちから学習塾に通わせることによって学習塾の予習や復習を取り組めるので「勉強するのが当たり前」の環境を整えることが出来ます。

 

またそれによって周りの友達も自然と勉強している友達を作ることが出来るんド絵小学生のうちから自然とそのような環境に身を置いていけば本格的に受験勉強が始まる高学年になった時に活きてくるのです。

 

勉強の楽しさを理解する

また小学生のうちから勉強することによって勉強の楽しさを知ることが出来ます。

 

小学生向けの学習塾では小さなお子さんが勉強の楽しさを理解することが出来るようなカリキュラムを実施していることがほとんどです。

 

なぜなら先生たちも親御さんと一緒に「子供に勉強に興味を持ってほしい。」という思いがあるからです。

 

なので勉強の楽しさをしってもらうためにもお子さんを小学生のうちから学習塾に入れておくのはおすすめです。

 

考える力をつけられる

また小学生のうちは勉強というよりも考える力を身につける必要があります。

 

小さいときからすぐに解答を導くので班買うてまずは考えることを習慣づけておくことが大切なのです。

 

中学受験の最新情報を得られる

そして最後は中学受験の最新情報を手に入れることが出来ます。

 

学習塾は勉強する場所と同時に中学受験に関する様々な情報を手に入れることが出来る場所になります。

 

また各教科の指導要領の変化によって受験勉強の内容も1年ごとに大きく変わってきています。

 

学習塾を通して中学受験の最新情報を知ることがメリットとなるのです。

 

小学生から塾に通わせるデメリット

 

 

それでは逆に小学生から学習塾に通わせるデメリットとはいったい何なのでしょうか?

 

勉強を苦痛と感じてしまう

まずは勉強を苦痛に感じてしまう危険性があるということです。

 

特に小学生になってからいきなり親が「勉強しなさい。」、「宿題しなさい。」と勉強させるのを必死になればなるほど子供はそれにこたえようとします。

 

ただそれが原因でガス欠になってしまい勉強嫌いになってしまい、「勉強をするのは辛いもの」、「勉強は楽しくない」という思考になってしまうのです。

 

なので中学受験本番の頃には息切れをしてしまう子供も沢山いるのです。

 

学校の授業も苦手意識をもってしまう

また中学受験対策を行う進学塾ではどうしても先取り教育をしなくてはいけません。

 

そのために小学生のうちは学校と学習塾の進度や難易度の差にギャップを感じてしまうかもしれません。

 

いつのまにか今、学習塾で習っていることは学校での学習内容の1年前にしたことなんてざらにあります。

 

「学習塾で難しい事を勉強しているんだから、学校の授業や宿題なんて適当でいい」と考える親御さんもいますがこれは危険です。

 

周りのお子さんよりも出来ている状態が慢心となり、最終的に成績が振るわなくなっている子も多いのです。

 

塾にかかるトータルの費用が高額になる

また塾に通うだけで避けては通れないのが授業料の負担です。

 

早いうちから学習塾に通う事で中学受験が終了するまでトータルの授業料は当然高くなってしまいます。

 

1~3年生のうてゃどこの学習塾でもそれほど大きくない金額ですが4年生以降はぐっと授業料が高くなってしまいます。

 

塾によっては違いますが月々の授業料以外にも他の費用がかかります。

 

★学習塾の費用

・入塾金

・年会費用

・特別講習費用(夏期講習など)

・特別講習時に必要な教材費用

・もし受験料

などがかかってきます。

 

小学生から学習塾へ通うために選ぶポイント

 

では小学生から学習塾へ通うための塾選びのポイント何なのでしょうか?

 

学習塾から家の距離

まずは学習塾から家までの距離です。

 

経済・体力的に無理なく通える距離にあることが小学生が学習塾に通わせるためには重要なポイントとなります。

 

いくら良い講師がいたとしても電車で1時間もかかる学習塾に通わせるには大きな無理があります。

 

経済的に体力的にも負担が大きいでしょう。

 

また親の送り迎えも必要になってきます。

 

学習塾に通っていると帰りが遅くなってしまう事もあるので安全な通塾路が無い場合は送り迎えが必要になります。

 

月謝費用を確認する

また塾に通うためにはお金が必要になってきます。

 

なのでしっかりと家族の間で予算を決めておきましょう。

 

また通常授業のほかにも長期休みを利用した講習もあるのです。

 

周囲からの評判を調べる

そしてその塾に通っていた親御さんからの評判もしっかりと聞いておきましょう。

 

なぜならそれは生きた口コミだからです。

 

実際にその学習塾に通っていなければわからない事もあります。

 

なので知人・友人やママ友から聞くようにしましょう。

 

学習塾の実績を調べる

また学習塾の実績が必要となってきます。

 

これは決して数だけでは判断することが出来ませんが難関校の合格者や通塾者数のパーセンテージで数値を考慮する必要があります。

 

新しいのか古いのか調べる

また新しい学習塾である場合は高仕込み新人である場合が多く、教えてて慣れていないという場合があります。

 

今までどれくらいの指導経験があるのか講師のプロフィールをしっかりと把握しておくようにしましょう。

 

昔と今ではテストの傾向も変わってきますsい指導方法も変わってきます。

 

なので体験授業をしっかりと受けて実際に肌で授業を感じるようにしましょう。

 

小学生が塾へ通わせる前に注意すること

 

 

小学生が学習塾へ通わせる前に注意することがあります。

 

それは学習塾へ通わせる場合にはその分家計の負担が大きくなる事です。

 

仮に中学受験の為に進学塾に通う場合は年間で60万~100万円前後の学習塾費がかかってきます。

 

特に難関校の受験を検討している場合は小学生のうちからでも季節講習費や志望校の特別対策講座などでさらに高額な費用がかかってくるケースもあります。

 

また小学校の授業が追い付かずにテストの点数が伸びずに補習目的で学習塾に通わせる場合でも年間で10万円~20万円前後の学習塾費用がかかってきます。

 

なので学習塾を選ぶ際は慎重に選ぶようにしましょう。

 

まとめ

 

小学生が学習塾に通う目的のほとんどが中学受験となっているかもしれませんが中学受験は決してゴールではなく通過点でしかありません。

 

塾講師は「親や子が願う進学先」をサポートするのが役目です。

 

そのためにどうにかして合格をつかみ取らせようと必死になるかもしれません。

 

ですがこれから長い人生をより有利に生きていく為に中学受験、高校受験があるのです。

 

中学受験や高校受験を中間地点という事をしっかりと理解して親は子供をサポートしておきましょう。

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.