タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

小学生でも英検3級に1発合格できる超効率的勉強法

投稿日:

「英検3級なんて中学生が受けるものでしょ!?」って思っていませんか?

 

英語教育が小学生に義務化された今では少しずつ英検3級を小学生が受ける割合が増えていっていています。

 

中学生が受けるものを小学生でも本当に受かるのかどうか不安になっているかもしれませんが語彙力や文法力を身に着ければ誰でも英検3級には合格できます。

 

今回は小学生でも英検3級に1発合格できる超効率的勉強法を紹介していきます。

 

英検3級とは

 

 

英検とは実用英語技能検定のことであり、1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級の7つの級があります。

 

年に3回実施され、試験内容の構成はリーディング、リスニング、ライティング、スピーキングで出来ています。

 

検定料も3級で3800円と他の英語資格試験に比べれば安価で試験会場も多く受験視野いのが特徴となります。

 

英語検定は「誰でも受けらえる」、「英語力そのものを測る」検定ということで定評があります。

 

英検3級のレベル

英検3級の必要な英語レベルは中学卒業レベルとなっていますが実際には小学生で合格ししている人はたくさんいます。

 

つまりレベルは中学卒業程度のレベルなのですがそこまで高くなくても合格することは可能なんですね。

 

基本的な英単語や熟語、文法を理解できれば小学生でも正解できるレベルなんですね。

 

英検3級の合格率は?

では英検3級の合格率はどのくらいのものなのでしょうか?

 

英検3級の合格点は全体の6割正解出来れば良いと言われており、一次試験、二次試験がありますが、一次試験で6割の点数を取れればほぼ合格できるレベルです。

 

英検3級の一次試験は筆記とリスニングの構成で出来ています。

 

苦手分野を作ると中々合格点には届かない可能性もあるのでバランス良く勉強することが合格点を取る重要なポイントとなります。

 

6割取れれば合格点なので普段の勉強で7割答えれるように勉強していきましょう。

 

英検3級合格に必要な学習時間

では英検3級の合格に必要な学習時間はどのくらいなのでしょうか?

 

色々な情報がありますが例えば

・過去問で問題集:過去問6回分と英作文2問の演習で7時間

・答え合わせと苦手分野の発見:過去問6回分の答え合わせと丁寧な復習で5時間

・苦手分野の補強:苦手分野1つにつき1時間

・二次試験の問題演習:過去問6回分の演習と丁寧な復習で3時間

となっています。

 

これだと個人差によりますが計18時間程の勉強時間が必要です。

 

英検3級の具体的な出題内容

 

 

英検3級には一次試験(筆記とリスニング)と二次試験である面接があります。

 

ではそれぞれどのような構成となっているのか具体的に紹介していきます。

 

一次試験

一次試験は筆記試験とリスニングテストの2部構成となっています。

 

筆記試験は50分でリーディングとライティングの2技能が判定されます。

 

またリスニングテストは約25分で筆記試験に続いて実施されます。

 

解答形式は英作文だけが記述式でそれ以外はマーク式となります。

 

筆記試験

測定技能 問題番号 問題形式 詳細 設問数
リーディング 1 短文の語句

空欄補充

短文または会話文の空欄に文脈にあう適切な語句を入れる 15
リーディング 2 会話文の文

空欄問題

会話文の空欄に適切な分野語句を補う 5
リーディング 3 長文の内容一致選択 パッセージの内容に関する質問に答える。 10
ライティング 4 英作文 質問に対する回答を英文で記入する。 1

 

リスニングテスト

測定技能 問題番号 問題形式 詳細 設問数
リスニング 第 1部 会話の応答文選択 イラストを見ながら会話を聞き、会話の最後の発話に対する応答としてもttも適切なものを補う。

(放送回数1回)

15
リスニング 第2部 会話文の内容

一致選択

会話文の空欄に適切な分野語句を補う 5
リスニング 第3部 文の内容一致選択 パッセージの内容に関する質問に答える。 10

 

英検3級では家族や友達、学校、趣味、旅行、買い物、スポーツ、映画、音楽や食事、天気、道案内、自己紹介、休日の予定や近況報告、海外の文化、人物紹介や歴史などに関する問題が出題されます。

 

二次試験

そして二次試験は面接形式のスピーキングテストであり、日本人またはネイティブスピーカーの審査員と1対1で約5分ほど面接するスタイルです。

 

測定技能 問題番号 問題形式 詳細
スピーキング 音読 30語程度のパッセージを読む。
スピーキング No.1 パッセージについての質問 音読したパッセージの内容についての質問に答える。
スピーキング No.2,3 イラストについての質問 イラスト中の人物の行動や物の状況を描写する。
スピーキング No.4,5 受験者自身の意見などを問う質問 日常生活の身近な事柄についての質問に答える。

(カードのトピックに直接関連しない内容も含む)

 

英検3級の二次試験では身近なことに関する話題が主に出されます。

 

例えば過去問でいうと携帯電話やラジオを聴いたり、読書週間だったり、冬のスポーツ、朝市などです。

 

なのでまずは過去問を見返して対策するのが一番おすすめです。

 

では小学生でも1発で合格できる効率的な勉強方法とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

小学生で1発合格するための効率的勉強法

 

 

昔までは英検5級、4級は主に小学生、中学生1年生、2年生が受けるのに対して英検3級の受験者は主に中学3年生が圧倒的に多いのが現状でした。

 

なぜなら中学3年生までに英検3級を取得しておくと高校受験を受ける際に有利に働くからです。

 

ですが今では小学生からの英語教育の義務化が行われており、もっと早めに英検3級を取得する人が増えています。

 

ではどのような勉強方法で効率的に勉強をして小学生でも英検3級を取得することが出来るのでしょうかか?

 

まずはここから始めよう

まず小学生で英検3級を取得するために必要なものは単語帳です。

 

単語帳が無ければ英検の勉強をスタートすることが出来ません。

 

特にお勧めな参考書は「英検3級出る順パス単」です。

 

この本であれば一発合格するために必要な単語や熟語が全て載っているので一発合格したいのであればまずはこの単語帳を購入するようにしましょう。

 

効率的に単語と熟語を覚えるには

ではどのようにして単語と熟語を覚えるのが効率的なのでしょうか?

 

まず先ほど紹介した「英検3級出るパス単」の単語を少なくとも半分以上覚えるのが英検3級に1発で合格するための近道です。

 

そのためにも効率的に英単語や熟語を覚える方法を紹介します。

 

★英単語の覚え方

・全ての単語を英英で覚えようと絶対にしてはいけない

・単語は時間短縮や効率アップの事を考えて全部英和で覚える

・ノートに書いて暗記ペンなどの使用は絶対にしない

・単語集をそのまま使うのも絶対にNG

・覚える目的は暗記ではなくてそもそも単語を使えるようにするためというのを意識する

・短時間で無理に詰め込もうとしない

・単語カードを使って勉強すると効率的

 

と、単語カードを使って勉強するのは結構おすすめです。

 

例えば「クツワ STAD 単語カード風呂単大SC220 」は値段が安いですし、防水になっており、お風呂でも使うことが出来ます。

 

そして面倒だと思いますが問題集や参考書を買ったら必ず同じ問題を2回以上解いてください。

 

例えば過去問を全て解き終わったらもう一度初めからスタートして解いていきます。

 

これは1回目で間違えたところを覚え直して解けるようにしていくためでうs。

 

もしそこで同じ個所を2回間違えてしまったら3回目は絶対に間違わないようにしっかりと覚えてから問題に取り組みましょう。

 

最短距離で英検3級に合格したい人の勉強法

 

また英検3級に受かるためには単語以外もしっかりと対策をしなければいけません。

 

例えば長文読解だったり、リスニング、英作文と分けて対策をしていたら全く時間が足りません。

 

ではどのようにして対策をしていけば良いのでしょうか?

 

とにかく単語暗記を一瞬で終わらせる

まず長文を読む訓練をしながら単語や熟語を一緒に覚えていきましょう。

 

例えば「英検3級文で覚える単熟語(長文+α)」です。

 

これをこなすことによって、

・長文対策

・単語、熟語

・リスニング

・ライティングや英作文

の4つ全ての対策をすることが可能となります。

 

効率的な長文対策

まず長文対策については長文は毎日のように読まなければ身に着きません。

 

まず初めに全体像を把握するために全部を読んである程度の構成を把握します。

 

そして分からない箇所を調べながら読んでいきます。

 

この本は一回きりで読むのではなくて、「読みにくいものや知らない単語が詰まっている文章」は何度も何度も読むようにしましょう。

 

単語

長文を読みながらわからない単語や熟語を調べて長文を読むことによって英単語カードで暗記するよりもストーリーや使い方なども一緒に覚えることが出来ます。

 

また重要な単語や頻繁に出てくる単語や熟語以外の太字や赤字になっている単語や熟語も覚えてしまうようにしましょう。

 

4技能はまとめて訓練する

先ほども話したように単語、熟語、英文法などパーツごとに勉強をするといつまでたっても終わりません。

 

なのでなるべく効率的に長文読解やリーディング対策などで一気に勉強するように心がけましょう。

 

具体的な英検3級の勉強法

 

 

では具体的に英検3級に受かるための効率的な勉強法はどうすれば良いのでしょうか?

 

個人差がありますが英検3級を合格するためには単語や英作文のように一度やっただけでは定着しません。

 

日頃、学校での英語の授業を受けている方はその分、英語力が日々高まっていると思います。

 

なので個人学習にそれほど時間を割く必要はないかもしれませんが英語力を高めるためには何回も何回も反復練習することが重要になってくるのでしっかりと練習していきましょう。

 

単語と熟語

まずは単語と熟語です。

 

英検3級レベルの単語や熟語は身近でよく使われるものが中心となっており、中学2~3年生に出てくるレベルの問題となります。

 

また筆記大問1の15問中最初の7問が単語の知識を問う問題となっています。

 

出てくる問題のパターンも名詞や動詞、形容詞が中心でそれぞれが2~3題出題されるケースが多くなっています。

 

なのでまずは教科書や問題集で目にした単語をがっつり何回も練習して覚えるようにしましょう。

 

また単語を覚えるには単語の音を聞く、実際に発音をしてみる、スペルなどを書いてみるなど単語集を読むだけではなくて聞く、話す、書く、読むなど全ての技能を総動員することが効率的に勉強して英検3級に合格するためのポイントとなってきます。

 

また英検3級で長文読解が難しい場合は単語力が足りていない可能性があるのでそうした場合はもう一度単語を学習するようにしましょう。

 

英文法

英検3級レベルの英文法は中学で習うレベルの文法や構成で問題が出されます。

 

筆記大問1では文法そのものの知識を問われる問題が出されますが段々とレベルが上がっていき、時の表し方(過去、未来、現在完了)、疑問文の作り方や受動態を使った問題、比較、現在分詞、動名詞などの問題も出てきます。・

 

また自分で分を作らなくはいけないライティングやスピーキングでも文法の知識が求められます。

 

なので習っていない文法や忘れてしまった文法は教科書や問題集、参考書を見ながら確認するようにしましょう。

 

そしてリーディングやリスニングの学習をするときはフィーリングで何となく理解するのではなくて英ぶにゃ文法的に理解するように習慣づけていきましょう。

 

長文読解

英検3級の長文読解では基本的に身近に関する文章を文章を理解することが求められます。

 

長文読解で大事なのは時間内に全てを読み終えることです。

そのためにも英語を返し読みせずに何度も英文を小さなまとまりごとに文頭から順に読み下す勉強方法がお勧めです。

 

またそれでも理解できない人はまとまりごとにスラッシュを引いて読むとより効率的に理解することが出来ます。

 

英作文

英作文の勉強方法は「何からして良いのかわからない。」という方が中にはいらっしゃいますが、そういう人はまず英語の文章の構造を理解するようにしましょう。

 

英語の文章には「主語」、「動詞」、「その他の要素」という順番になっているのが原則です。

 

基本的な文章の構造を理解し、型に沿ってまずは書いてみましょう。

 

まずは自分の考えとそれを支える理由を2つ書いて手際よくまとめて英作文の骨格を作っていき、少しずつ肉付けをして最後に誤字脱字を修正すれば立派な英作文の文章となるのでぜひやってみることをお勧めします。

 

リスニング

英検3級のリスニング対策はまず英語特有のリズムやイントネーションを慣れなければいけません。

 

そのためにも過去問や問題集を使って何度も何度もリスニング問題の音声を聞いて復習しましょう。

 

英検3級のリスニング問題は3分の2が対話形式になっており、会話表現の知識を問う問題が数多く出されます。

 

また全ての単語を理解するのではなくて会話や英文の大意を掴む能力が必要であり、1回目のリスニングでおよその内容と質問を理解して、2回目に質問に関係がある部分を集中して聞いて答えを見つけましょう。

 

スピーキング

スピーキングテストの対策はまず積極的にコミュニケーションをとろうとする事が大事になってきます。

 

スピーキングテストは面接形式なので入退室のあいさつやアイコンタクト、大きな聞き取りやすい音声、黙り込まないという事が大事です。

 

なので面接の場所をしっかりと想定して声を出す練習や明瞭な声や発音、アイコンタクトを身につけてスピーキングテストに臨むようにしましょう。

 

英検3級合格にやってはいけない勉強法

 

では逆に効率の悪い勉強方法とはどのような方法でしょうか?

 

この方法を実践していると英検3級に合格する道が遠のいてしまいますので気を付けましょう。

 

本文を書き写している

まずは本文を書き写すとかしている人です。

 

書くのは作業であり勉強ではありません。

 

1文を書いている間に何度も文章は読むことが出来てあん肝出来ます。

 

なのでなるべく作業のような勉強はしないようにしましょう。

 

長文和訳ノートを作っている

そして最悪なのが長文和訳ノートを作っている人です。

 

例えば左に英語、右に日本のパターンの自作ノートを作っている人は最悪です。

 

これはプリントにして持っておき、何度も何度も音読した方がましです。

 

特に英語を身につけたいのに日本語の練習をして何の意味があるのでしょうか?

 

自作の単語ノートを作っている

また自作の単語ノートを作っている人もこれは作業なのでやめるようにしましょう。

 

単語を辞書を使って意味を調べて自作辞典を作ってると確かに達成感は感じられるかもしれません。

 

ですがまるっきりその時間は勉強時間ではなくて作業時間になってしまっています。

 

そもそも単語帳を買ってそれを丸々覚えた方が明らかに効率が良いです。

 

なので今まで紹介してきた勉強ではなくて明らかに作業をして勉強した気になってしまうと中々効率的に英語力はアップしないですし、時間だけが奪われていきます。

 

なのでなるべく多くの英語に触れる、書くのは最低限で何度も読んだりして文章を覚えることを徹底しましょう。

 

英検3級を幼少期で受かるには

 

中には幼少期から英語を習わせてイギリスの小学校に留学したり英語教育ではなくて英語で教育をしている親御さんもいらっしゃいます。

 

幼少期からの英語教育はリスニング力が身に着き、ネイティブ英語を短期で身につけるためには幼少期の頃から英語圏にいないと不可能だからです。

 

語学というのは忙しい大人が始めるととても時間がかかり、リスニングに関してはマスターするのは難しいと言われています。

 

ネイティブと同じレベルで全て聞けるようになる人はほとんどいません。

 

膨大な時間を英語学習に費やすよりも他の勉強に費やした方がメリットが大きいのではないか?

 

と思ってしまうくらいです。

 

この解決策としては幼少期の頃からアニメや子供用の映画などを使ってリスニングを鍛えることです。

 

海外に住めないのであれば耳を鍛えるために環境を整える努力をしましょう。

 

幼少期の頃にネイティブな英語を聞くのを逃してしまうと、ネイティブと同じレベルで英語を聞こえるようになる日は一切来ません。

 

なのでもし英語を得意としたいのであれば幼少期の頃から何かしら英語に触れさせておく環境を整えてあげることが大事なのです。

 

まとめ

 

これまで英検3級の効率的な勉強法を色々と紹介してきましたが最も効率的に英語力を上げるのは幼少期の頃から英語に触れさせておく機会を増やす事です。

 

ただし日本語も大切なので日本語の訓練は続けて外国語も訓練し、言語そのものに対するセンスを磨くようにしましょう。

 

またある程度日本語での会話が出来るようになったら文法ドリル等を使ってしっかりとした英文法の基礎を学ばせておくととっても効率的に英語力を高めることが出来ます。

 

英語力は「英文法=長文=ライティング=リスニング」と常に4技能が表裏一体となっているので英文法からはじめてリスニングの全体を一緒に勉強すれば早く英検3級に合格することが出来るので頑張っていきましょう。

-未分類
-,

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.