タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

小学生が英語を習得して好成績を上げるための革命的な英語勉強方法

投稿日:

2020年に小学生から英語学習が必修化になって「英語を習い始めるのは早ければ早い方がよい。」、「一定の年齢を過ぎると英語の習得が遅くなるので早く英語を身につけたい。」という方も沢山いるのではないのでしょうか?

 

今回は小学生が英語を習得して好成績を上げるための革命的な英語勉強方法を紹介していきます。

 

小学生が英語を勉強する意義

 

 

まず英語を勉強する前に小学生が英語を勉強する意義を考えていきましょう。

 

小学校での英語教育の現状

インターネットが普及して世界中の人たちとコミュニケーションを取ることが出来るようになった現代では英語は国際共通語であり、世界中で仕事をするためには絶対に不可欠な言語となっています。

 

そのために少しでも子供が将来的に苦労をしないようにと教育に熱が入る方も沢山いるでしょう。

 

勧告では子供と一緒に母親が付き添って海外留学をする家庭なども存在するようです。

 

では小学生が英語学習をする意義とは何なのでしょうか?

 

小学生のうちから英語を学習する理由は様々な文化歴を持つ人々がいることを知るという事です。

 

つまりまずは色々な世界や文化があるという事を知るという事ですね。

 

たとえ英語が母国語ではない人でも国際公用語である英語であれば知っている海外の人も多く、コミュニケーションを取ることが出来るので視野が大きく広がります。

 

まず自分の子供には世界には国境というものがあり、様々な国や文化が存在していて、学びを通じて外国語が通じる喜びや国際交流の大切さを感じてもらう事が大事なのです。

 

小学生が英語を勉強する手段や方法

小学生が英語を勉強するのに大事になってくるのが無理やり英語を覚えるのではなくて、まず「英語を勉強することが楽しい。」と思わなければいけません。

 

英語学習は早ければ早いほど良くて10歳までに英語を勉強すれば英語耳を育てられることが出来ると言われています。

 

また子供の脳みそもまだまだスポンジのように柔軟ですので単語や熟語を覚えるスピードも速くてあっという間に英語を習得することが出来ます。

 

大人になってからでは恥じらいなども出てくるので英語を覚えたとしても中々使えませんが、小学生からだと耳から拾った英語をそのまま言葉にして話したり、歌ったり、踊ったりすることで脳に音や単語が定着していきます。

 

なので「言葉」として英語が脳みそに定着されるようになるので次第に英語脳が出来てきて頭のスイッチが切り替わって英語をスムーズに話すことが出来るのです。

 

なのでなるべく小学生のうちから英会話に通わせて「自分は英語を話せる!」と自信を持たせてあげることによって自信をつけてあげればその後の学習も意欲的に自ら進んで勉強していきます。

 

なのでなるべく小学生のうちから英会話が出来る楽しさや英語を読める、書くことが出来る楽しさを知ってもらう事が大切なのです。

 

これから世界中で仕事をする可能性も出てくる

実際に小学生のうちに海外で過ごした場合、滞在期間が2年間であってもとても流暢に英語を話すことが出来ます。

 

また禁煙は韓国や中国でも都市部の小学生はとても流暢に英語を話すことが出来ますのでなるべく早めに英語学習や英会話を学ばせておくのが良いです。

 

それによってこれから世界中で仕事をする可能性も出てきますし、楽しく勉強することによって英語を通じて沢山の言語を覚えることが出来るかもしれません。

 

そのためにも最初は英語を自分の武器にして自分らしく好きな場所で仕事が出来て生きる為のツールとして英語を習得するのが良いのではないのでしょうか?

 

英語学習の現状

 

ではなぜ日本人の英語勉強法では完全に上達している人が少なくてまともな英語を日常会話レベルで話せる人が少ないのでしょうか?

 

それは何十年にもわたって受験の為に英語を勉強しているだけに過ぎず、間違った英語勉強法を繰り返しているからです。

 

正しい英語学習をすることが出来れば簡単に英語習得することが出来ます。

 

昔までの英語の勉強法は「英語知識」を増やしているだけ

昔までの英語の勉強法はただ単に英語知識を増やしているだけであり、英語の勉強とはいえません。

 

英語を勉強するという事は自然に聞く、書く、読む、話すの能力を順序良く身につけるだけです。

 

英語の勉強法は何から始めれば良いの?

なのでまずは必ず「聞くこと」から英語の勉強を始めましょう。

 

従来の日本の義務教育での英語の勉強の仕方は「書くこと」から始まっていました。

 

ですがこれは英語の勉強が苦手で辛くて挫折してしまうなどの負の遺産を生み出しているからです。

 

なのでまずは英語を勉強するのには参考書や問題集では海外ドラマやアニメなどの動画を見せて楽しく英語学習していくのがコツとなります。

 

隙間時間を活用して英語を勉強する

そして英語を楽しく勉強して状態つするためには初心者などは全く関係なく現時点の英語力も関係ありません。

 

つまり「勉強時間=英語上達」というわけではないということです。

 

少しの時間を活用して短時間で英会話や発音、英文法、英単語など習得するのは簡単なのです。

 

そのためにも無理なくそして少しの時間を活用して正しい方法で英語に触れることが大切になってきます。

 

英語の勉強法で確実に上達する人としない人の違い

 

 

では小学生で英語の勉強方法で確実に上達する人としない人の違いは何なのでしょうか?

 

この違いを知るだけでも小学生から無駄な時間と労力を使わずに最短距離で英語学習の習得への爆発的なスピードを生み出すことが出来るようになるのです。

 

「音と音のつながり」をマスターする

そのためにもまずは英語の独特な音のつながりをマスターしましょう。

 

英語には独特な音のつながりがあり、日本人の英語の聞き取りを複雑にしてしまいます。

 

リスニングの音が正確に聞き取れるようになるためには発音と同じくらい音の連結や消失が非常に大事になってきます。

 

これはリスニングの場数を踏んで慣れるしかありません。

 

典型的なパターンwお通じて基礎的な要領は把握しておきましょう。

 

英語独特のリズムを覚える

また英語を上達できる人と出来ない人の特徴は正しい英語独特のリズム感を掴めているかどうかです。

 

英語の周波数は2000~12000ヘルツといわれており、日本語の周波数は100~1500ヘルツと言われています。

 

つまり英語と日本語は周波数上では全く交わることがなく英語が雑音やめちゃくちゃ早い言葉にしか聞こえないはずです。

 

日本人が話す英語が聞けるけれどもネイティブの英語は聞こえにくいというのはこれが原因となってきます。

 

この英語独特の感覚やリズムは正しいリスニング方法で身につけることが出来ます。

 

絶対に英語は聞き流さない

そして英語学習を上達するのに大事なものが絶対に英語を聞き流さない事です。

 

特に英語学習をし始めると「何となく英語を聞きとれているような気がする。」という経験があると思います。

 

ある程度知っていると何となく英語が聞き取れることが出来るけれども細かい部分まで聞き取ることが出来ません。

 

なので何度も何度も英語を聞いて細かい部分もしっかりと聞き取れるようにしましょう。

 

小学生が継続できる英語の効果的な勉強方法は?

 

 

では小学生が継続できる英語の効果的な勉強法は何なのでしょうか?

 

子どもに英語に興味を示してもらう

では小学生の子どもに英語をマスターさせるために抑えておくポイントとは何なのでしょうか?

 

それはやはり英語学習に慣れていない子どもにどれだけ楽しく英語を勉強することが楽しく思わせるかが大事になってきます。

 

★小学生が英語学習を効果的に勉強するポイント

・小学生が使いたい英語を使わせる

・ネイティブスピーカーの英語を聞かせてあげる

・毎日少しずつ英語に触れる

 

それでは一つずつみていきましょう。

 

小学生が使いたい英語を使わせる

昔の頃は英語といえば英文法や英単語を丸暗記する勉強方法が主流でした。

 

ですが省がkす英の英語勉強法としては英語に興味を持っていない子どもに無理やり英単語や英文法を覚えさせても何の意味もないのですね。

 

小学生は楽しければ勉強しますがつまらなければ全く勉強しません。

 

子どもが英語に興味を持つためにも楽しい英語教材を用意してあげて楽しく英語の勉強をさせてあげることが小学生の英語学習方法はとてもおすすめです。

 

例えば小学生が楽しく英語を勉強できる教材としてはドラえもんの英語教材なんかは漫画が中心なので英語を楽しいとモノと思わせるにはとても効果的な勉強方法となります。

 

ネイティブスピーカーの英語を聞かせてあげる

また小学生くらいの年齢であれば耳で英語を覚えることが出来るために生の英語を聞かせてあげた方が自然と覚えることが出来ます。

 

一般的に子どもは10歳くらいまでに耳が完成されるそうなのでそれまでに英語学習をしておくと自然と英語耳となりスムーズに英語学習をすることができるようになるのです。

 

実際に小学生でもマ毎日3時間ほど英語を聞いていると1年ほどで英語が聞き取ることが出来るようになります。

 

毎日少しずつ英語に触れる

これは英語学習ではよく言われることですが英語は短期間で一気に勉強をするのではなくて毎日毎日コツコツと勉強するようにしましょう。

 

小学生は確かに英語の吸収力が早いとは言われていますが、続けなければすぐに忘れてしまいます。

 

毎日毎日英語の勉強を続けることで少しずつ英語を理解することが出来るようになるのです。

 

ただし注意点として無理に英語を勉強させると逆に英語が嫌いになってしまう可能性が十分にあるのでまずは出来る範囲で英語の勉強を続けることが大事になってきます。

 

スポーツでもそうですが小学生の頃に習ったものは大人になっても自然と身体が動いて上手です。

 

反復練習で毎日毎日英語を勉強していけば確実に基本的な英語力は普通の小学生よりも高くなってきます。

 

子どもの頃に英語をマスターすれば大人になっても一生の財産となりずっと英語を話すことが出来るようになります。

 

なので1日1時間程度の英語の勉強でも1年間続ければかなりの英語の実力がつくので是非トライしてみてください。

 

小学生のための具体的な英語のテスト対策勉強法

 

 

では小学生が英語のテストで高得点を取れるテスト対策とはどのような方法があるのでしょうか?

 

まずは英語のボキャブラリーが無ければ意味がない

まず英語で好成績を残すためには「ボキャブラリー力が無ければ話にならない」ということです。

 

英検でも英語のテスト勉強でも必ず英語の単語や熟語といったある程度のボキャブラリーが無ければ英語を読むことも書くことも聞くことも出来ません。

 

なぜなら言語において単語力は一番大切な分野となっているからです。

 

なのでわからない単語や熟語があれば調べるなどしてまずは英語のボキャブラリーを少しずつでも良いのでしっかりと増やしていきましょう。

 

勉強した文法問題を問題集で何度も反復練習で解く

そして大事なのが何度も勉強した問題集や文法問題を解いて反復練習をするようにしましょう。

 

英語の勉強で覚えたはずの単語や文法をちゃんと覚えているのか確認する時に役立つのが問題集です。

 

文法の勉強をした直後に問題集を解くと全て正解するのは稀であり、いくつか問題を間違えてしまう事があると思います。

 

それを覚え直すことで英語の基礎力が身に着くのです。

 

また寝る前に英語の文章を3回読むなどの習慣をつけておくと最初は辛いかもしれませんが毎日毎日継続していくだけで少しずつ楽になっていき、途中からそれをやるのが当たり前になっていきます。

 

なので何度も同じ参考書や問題集を解くようにしましょう。

 

英語4技能をバランスよく勉強する

またテスト勉強でも毎日の勉強でもそうですが勉強で大事なのは「聞く」、「読む」、「話す」、「書く」をバランスよく勉強する事です。

 

バランスが悪いと聞くことは出来ても書くことが出来なかったり、話すことが出来ても聞くことが出来なくなってしまいます。

 

なのでそういったバランスの悪い勉強ではなくてなるべくしっかりとバランスの取れた英語勉強を心がけるようにしましょう。

 

年間160時間の英語の勉強を目指す

小学生で英語学習をするうえで大事なのは毎日英語に触れることです。

 

特に新しい言語に馴染むためには年間160時間、その言語に触れると良いと言われています。

 

2020年から小6で年間70時間、英語の授業必修化がされますがさらに英会話などに通って毎日子供が英語に触れられる機会をなるべく作ってあげるようにしましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

小学生が効率的に英語学習するために最も効果的なのが意欲的に英語の勉強をするかどうかです。

 

「まずやってみて、自分いあう方法を見つけていく。」というのが一番小学生の英語勉強方法にはあっています。

 

なのでなるべく早めに英語と触れ合う機会を作ってあげて英語学習を取り入れていきましょう。

-未分類
-,

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.