タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

小学生年代別の家庭学習おすすめ勉強方法を徹底解説

投稿日:

一時期はゆとり教育が行われていましたが、現在の小学校では「脱ゆとり教育」が行われています。

 

学習内容の増加によって教科書も昔のものと比べると厚くなり授業時間も増えてきました。

 

また小学校高学年になると英語学習がスタートし、本格的な英単語や文法を学ぶだけではなくてネイティブスピーカーの人と一緒に英会話をしてコミュニケーションを取ったり、自分の名前のいローマ字を覚えたりするのがメインとなってきます。

 

このように授業する内容も増えて学習の習慣づけをして基礎を身につけさせたい親も沢山いるのではないのでしょうか?

 

ではそんな小学生におすすめの家庭学習での勉強方法を年代別に開設していきます。

 

好成績を取るための子供の家庭学習方法は?

 

好成績を取るためには塾や家庭教師に行くのも良いのですが家庭学習が習慣化していないとどうしても自主的に勉強することが出来ません。

 

大事なのは勉強を習慣づけることです。

 

なので最近では様々な通信教育も増えてきており、幼児教育~高等教育まで多岐多様の教材があり、コースや内容も豊富なので自分の好みに応じて選ぶこともできます。

 

では好成績をとるための子供の家庭学習方法はどのようなものが良いのでしょうか?

 

好きな教科を中心に少しずつ勉強させて習慣化する

勉強の習慣化が出来ていないとどうしても学校の宿題が後回しになってしまいます。

 

そこでおすすめなのが5分、10分と短時間だけでも毎日問題に取り組むことです。

 

短時間であれば集中できますし、いつの間にか時間が過ぎているということがほとんどです。

 

なので学校から帰った直後や夕食の前、お風呂に入る前などの5分、10分の隙間時間を使って宿題に取り組むようにしましょう。

 

すると負担もなくいつの間にか宿題が終わっているという状態になります。

 

特に家庭学習の最初は子供の得意な教科や好きな教科だけに絞って取り組むことをお勧めします。

 

例えば国語が得意で計算問題が苦手なお子さんにはまず漢字だけをやらせれば良いですし、計算問題が得意なお子さんには計算問題だけをすれば良いです。

 

得意な教科でまずは勉強に慣れさせて達成感や自信を持たせるようにしましょう。

 

家庭学習に何冊も問題集は必要ない

また家庭学習となると何冊も市販のドリルを購入する親の方がいますが何冊も購入する必要はありません。

 

なぜならお子さんが何冊のドリルをすべてマスターするとなると相当な勉強時間が必要ですし、逆に勉強するのが嫌になってしまうという危険性があるからです。

 

なので1冊のドリルや通信教育の教材に集中して何度も何度も暗記してしまうくらいに繰り返し問題を反復して解くようにしましょう。

 

他の子供と否定しない

学習塾に通うのであれば周囲に自分と同じように勉強をして成績を競い合う相手がいるので良いかもしれませんが家庭学習の場合は誰かと競わせて励ますのはお勧めできません。

 

特に兄弟や姉妹がいるのであれば「お兄ちゃんがあなたぐらいの時はもっとできた。」、「お姉ちゃんが4年生の方が毎日勉強していた。」と無意識に比べてしまうことがあります。

 

特に上のお子さんが成績が良かった場合、どうしても「同じくらいできるはずだ。」と比べたがるかもしれません。

 

ですが子供の個性はそれぞれ違い、成績が伸びる時期もあれば得意不得意の科目も全く違ってきます。

 

なので誰かと比べて「もっと勉強頑張りなさい。」と励ますのはやめましょう。

 

それよりも家庭学習で好成績を取るためには問題が出来たらめいっぱい子供を褒めてあげることが大事なのです。

 

では次は学年別の勉強方法を見ていきましょう。

 

小学校低学年の家庭学習勉強法

 

 

まずは小学校低学年の家庭学習勉強方法です。

 

小学校低学年はまだ勉強の習慣が出来ておらず、大事なのは勉強の習慣を作って基礎学力を高めることです。

 

なので「基礎学力」と「勉強の習慣の定着」を身に着けるようにするのを意識しましょう。

 

基礎学力と学習習慣の定着

では基礎学力とはいったい何なのでしょうか?

 

基礎学力とは「漢字力」と「計算力」です。

 

これらを小学校低学年のうちに身に着けておかないと小学校高学年になってからが大変になってきます。

 

漢字力と計算力は何度も何度も問題をこなして反復練習をしなければ身に付きません。

 

ですが最初はやっていても面白いものではないので中には飽きてしまうお子さんも出てくるでしょう。

 

ですが小さいうちに親がサポートしてあげて毎日、短い時間でも計算と漢字の練習をさせてあげることをおすすめします。

 

また漢字の練習は読書が有効的です。

 

なのでなるべく小さいうちから簡単で薄いのでも良いので本を読む習慣を身に着けるようにしましょう。

 

そうすることによって自然と読解力が養われるので全教科の点数がアップしていきます。

 

また学習習慣の定着には習慣化するのがひつようになってきます。

 

なので1週間の学習スケジュールをお子さんと一緒になって作成するようにしましょう。

 

特に何時から何時まではお勉強するというような時間で管理すると習慣化しやすくなるのでまずは短い時間でも毎日コツコツと勉強する癖をつけていきましょう。

 

国語力の基礎は読書と親子の会話

 

 

小学生低学年のうちに身に着けておきたいのは計算力と漢字力と話したようにまずは国語と算数に力を入れるようにしましょう。

 

その中でも国語を伸ばしておくと読解力が身に付き、問題内容をスムーズに理解して簡単に答えを導き出せるようになります。

 

そのためにまずは国語の力を養う習慣を自然と身に着ける方法をまとめていきます。

 

活字離れの弊害

国語力を身に着けるためにはまずは本を読むことです。

 

実は本を読むというのには漢字力や読解力を身に着けるだけではなくて「相手の気持ちを読む」ということにもつながっています。

 

読書をすることで「読む力」が磨かれて勉強に役立つだけではなくてコミュニケーション能力の基礎となる「相手の気持ちを読む力」を養うことも出来ます。

 

なのでまずはお子さんが読書に興味を持ってもらうために親がお子さんに読み聞かせてあげて感受性を高めていきましょう。

 

音読の効果

そうすることによって自分でも本を読むことが出来るようになっていきます。

 

そしてお子さんが自分で本を読めるようになったら音読させるのが効果的です。

 

音読の効果は耳から音として入ってきたものを記憶に残しやすくなります。

 

これは歌を口ずさんでいると歌詞を自然に覚えられるのと同じであり、声に出して読むことによって本の内容を自然と覚えるようになります。

 

また音読をすることによって分からない漢字や意味を自分で発見することが出来てどんどん漢字や意味を覚えていきます。

 

国語力を高めるためには文章を読む力と語彙力になってくるので読書をすることによって自然と習得することが出来るのです。

 

親子の会話で語彙力アップ

そして語彙力については親子の日常会話でも鍛えることが出来ます。

 

例えばお子さんに話しかけるときにわざと興味を持ちそうな四字熟語やことわざ、比喩表現などを盛り込んで話しかけてみると自然とその意味を覚えることが出来ます。

 

漢字の語彙力を育てていくためには毎日の反復練習が必要になってくるので日常生活にそういった環境を整えてあげると自然と反復練習が出来て自然と学力アップにつなげることが出来ます。

 

またお子さんが学校や学習塾から帰ってきたときに親が「今日はどんなことを勉強したの?」と質問すると今日勉強したことを思い出して説明することで学力の定着につなげることが出来るのでぜひ実践してみてください。

 

では高学年になってきたときの家庭学習の勉強方法はどのようなものがあるのでしょうか?

 

高学年になってくると中学受験を控えている家庭環境と中学受験をしない家庭環境に分かれてきます。

 

それぞれのタイプで説明していきます。

 

中学受験をする場合の家庭学習習慣

 

まずは中学受験をする家庭環境の家庭学習の方法について紹介していきます。

 

中学受験する場合は高学年になると受験勉強のために基礎基本問題にプラスして応用問題も解いていかなければなりません。

 

なので毎日の勉強は当たり前にして学習塾も週3回~4回通って勉強時間も伸びていきます。

 

ではどのような家庭学習の習慣を作っていけば良いのでしょうか?

 

毎朝、毎晩の数分間の学習をする

まずは朝の時間を有効に使うことを意識しましょう。

 

朝はエネルギーが高いのでより難しい問題も集中して解くことが出来ます。

 

なので計算問題を朝にこなすようにしましょう。

 

また逆に夜の寝る前などは暗記学習をすると記憶が定着して覚えやすいので夜寝る前は暗記学習をすることを意識しましょう。

 

また計算問題は基礎的なことが書いてある問題と応用問題が書いてあるバランスの良い問題集を解くことがおすすめです。

 

暗記学習の場合は一つの問題集を何度も何度も反復して繰り返し復習しましょう。

 

何冊も問題集を購入してしまい、次から次へと問題集を変える人がいますが苦手分野を復習することが出来ません。

 

同じような問題を何度も解いても意味がないので一つの問題集をマスターして苦手分野もしっかりと克服しておくようにしましょう。

 

復習を徹底する

また小学生の家庭学習で大事なのが復習です。

 

特に間違った問題や苦手としている問題を何度も復習して苦手分野を一つ一つ克服することが大事になってきます。

 

中学の勉強は小学生の勉強が土台となっているので中学受験を受ける前までには必ず苦手分野も平均点は取れるようにしておきましょう。

 

一週間の学習習慣を毎日継続する

1週間の学習習慣を継続すると勉強するのが当たり前になるので負担なく中学受験対策をすることが出来ます。

 

中学年まで勉強する習慣がなかった人が受験を控えて高学年になって勉強漬けするお子さんもいますが負担があまりにも大きすぎます。

 

健康にも悪いですし、もしかしたら勉強嫌いになってしまう可能性も十分に考えられます。

 

なので早めに学習プランを作って習慣化するようにしましょう。

 

では中学受験をしない小学校高学年の家庭学習の習慣はどのようなものなのでしょうか?

 

中学受験をしない場合の家庭学習習慣

 

 

中学受験をしない場合は中学校の環境に変化についていけずに勉強が追い付けない状態をなくすようにしましょう。

 

変化についていけずに勉強が追い付けないと成績が下がってしまいやる気をなくしてしまいます。

 

また家庭学習の習慣がついていないと授業でもついていくことが出来ずに、焦りと不安につながります。

 

なので少しずつでも良いので小学校高学年のうちから勉強の習慣をつくっておいて中学校に入学した時に勉強の習慣を継続するようにしましょう。

 

毎朝数分間の朝学習を定着する

そのためにまずは朝の集中できる時間帯に短い時間でも良いので計算問題や漢字問題をこなすようにしましょう。

 

計算問題や漢字問題は計算ドリルや漢字ドリルで補うことが出来ます。

 

特に中学受験をしない場合はまだ勉強の習慣を身に着けることが出来ていない場合があります。

 

そうした場合は薄い簡単なドリルを購入して学習内容の基本問題を身に着けるようにすると勉強に取り組みやすくなります。

 

算数、国語を中心とした復習を徹底する

また中学にあがると小学校で勉強してきたことが土台となってこれからの成績に響いてくるのでまずは算数と国語を中心に復習するようにしましょう。

 

復習する問題は教科書や参考書の問題を解きなおすのでっ大丈夫です。

 

今ままで解いてきた問題集やノートを見て復習するようにしましょう。

 

一週間の学習スケジュールを固定する

またこちらも1週間の学習スケジュールを決めてしまい、習慣化すると中学になった時にいきなり成績を落とさずに済みます。

 

最初は短い時間で良いので1週間の学習プランを練るようにしましょう。

 

また中学校に入学するまでに出来た方が良いことをまとめておきます。

 

★中学校入学までに身に着けたい力

・調べ学習が自分でできる

・先生のスピードに合わせてノートを取ることが出来る

・人の話を聞いているときにメモを取ることが出来る

・音読やことわざを暗唱した経験がある

・計算問題がスラスラと解ける

・47都道府県の位置がしっかりとわかる

・ローマ字の読み書きとリスニングが出来る

・家庭学習の習慣がしっかりと身についている

 

小学校中学年の家庭学習勉強法

 

 

では小学校中学年の家庭学習勉強方法はどうすれば良いのでしょうか?

 

小学校中学年で大事なのは復習を徹底することです。

 

復習することによって学習内容が定着化するので苦手な問題も克服できます。

 

高学年、中学生と備えるためにまずは基礎基本はマスターしておくために復習は徹底しておきましょう。

 

実力テストに踊らされずに復習の徹底で基礎作りをする

中学受験を受ける家庭環境のお子さんはまさに受験準備の真っただ中でしょう。

 

小学校中学年であることは実力テストや模試などで間違えた問題を復習して高学年になるまでに間違えた問題を克服しておくことっです。

 

ここで復習した内容が6年生になってからの受験勉強の基礎となってくれ、復習テストの成績がたとえ悪い時でもしっかりと復習して改善していきましょう。

 

テストに慣れて復習のサイクル習慣化する

そのためにはまず復習のサイクルを身に着けることです。

 

復習テストが安定してくると気持ちが楽になります。

 

また「自分でできた」という達成感が成績の点数をさらに上げてモチベーションアップにつながります。

 

なので大事なのは復習テストの復習を疎かにしないことです。

 

そのためにはしっかりと授業を集中して聞き、家に帰ってから授業の内容を復習して復習テストを受け、間違えたところを何度も復習するという流れをしっかりと作っておけば間違いなく学力は上がっていきます。

 

6年生の受験勉強で好スタートを切るためにも焦ることなくしっかりと土台を固めていきましょう。

 

正解しても間違っても問題の理論を知る

また問題を解くときに「なぜ?だからこうなったのか!」という理論展開が出来ていると腑に落ちて納得して記憶の定着化のスピードがアップします。

 

学習塾は強制的にこれを身につけさせますが、本当は家庭学習でこの土台を作ってやった方がその子の将来のためにつながります。

 

なので問題を解くときにはその問題の背景もしって正解を導くと今後応用問題でも迷うことなく解けるようになるのでぜひ実践してみてください。

 

まとめ

 

これまで年代別で家庭学習の勉強方法をまとめていきました。

 

低学年は基礎力を身に着ける時期であり、中学年はその基礎力を定着化して苦手分野を克服するために復習に力を入れて高学年は中学の土台を身に着けるためにひたすら苦手分野をを勉強し、より長く勉強するとお伝えしてきました。

 

なのでまずはそれぞれにあった家庭学習方法で子供に必要な学力の地盤を作っていくようにしましょう。

-未分類
-

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.