タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

算数が苦手な小学生のための超効率的な勉強法

投稿日:

小学生の中で算数の点数が低いと中学、高校の受験でうまくいかないと言われているくらい大事な算数。

 

ですが小学生の中で算数が苦手なお子さんはたくさんいると思います。

 

中には難関中学に合格したお子さんでも算数が苦手なお子さんはたくさんいます。

 

ではどのようにして算数を克服したのでしょうか?

 

今回は算数が苦手な小学生が克服するための超効率的勉強法をご紹介していきます。

 

算数が苦手な人の特徴と原因は?

 

 

まず算数が苦手なお子さんの不足している能力や特徴を把握する必要があります。

 

なので算数が苦手な小学生の特徴を見ていきましょう。

 

計算力が不足している

算数が苦手なお子さんというのはまず計算力が低下している可能性が高いです。

 

まず計算力とは正確に素早く計算できる力になります。

 

個の計算力が低下していますと安産をするのも苦手ですし分数や少数などが混ざった複雑な計算式を見るだけで嫌な気持ちになります。

 

また簡単な計算が出来ないと計算ミスも増えてしまい、中々高得点を取ることが出来ません。

 

計算力を鍛えるためには毎日算数のドリルを反復練習するしかありません。

 

何度も何度も同じ問題をこなして完璧に解けるまでになると間違いなく計算力も上がりますし、計算するパターンが分かってきます。

 

1冊のドリルをボロボロになるまでやりこめば大きな効果を実感できます。

 

論理的な思考力が不足している

論理的案思考力が不足していると問題文を的確に読み解くことが出来ません。

 

論理的思考力とは文章題を論理的に的確に読み解く力のことです。

 

順を追って解を見つけるためにどんな公式を使って文章中の条件をどのように組み合わせて解いていくのかが必要になります。

 

論理的思考力を鍛えるためには間違えた問題の式を覚えるのではなくて「どうしてこういった順で問題を解いていくのか」としっかり理解することです。

 

そして何度も何度も反復練習をしてどういった順番で問題を解いていくのかなどのパターンを覚えるようにしましょう。

 

算数は暗記で半分以上は解決することが出来ます。

 

九九を覚えたり、公式や計算問題の解き方のパターンを覚えることでほとんどの問題が解けます。

 

なのでまずはどのようにした方が小売鵜的に記憶できるのか記憶の原理を理解しましょう。

 

記憶の本質を知る

 

そのために一回解いて記憶した問題の内容をその時だけ覚えておくのではなくて長く忘れないための長期記憶に写すことが大事になってきます。

 

長期記憶に移すためには2週間以内に最低2回以上は復習して間違えた問題を解きなおすことです。

 

短期記憶と長期記憶とは?

短期記憶は数日から数週間で忘れてしまう記憶であり、1回問題を解いてその問題を覚えているのが短期記憶です。

 

ですが大事ではないと思える記憶は忘れられてしまうので必要な記憶と脳が認識するために定期的に同じ問題を繰り返す必要があるのです。

 

短期記憶を長期記憶に変えるのは復習あるのみ

短期記憶を長期記憶に変えていくためには復習あるのみです。

 

何度も何度も復習して反復練習することで長期記憶として知識が定着し、中々忘れない知識となるのです。

 

そのためには2週間以内に復習を何度も行うようにしましょう。

 

最適な復習間隔と回数を紹介するとまず復習回数が5~10回、復習間隔は2週間以内が適しています。

 

それでも知識が定着しない人はもっと間隔を短くして回数を12回、15回と増やしていきましょう。

 

小学生におすすめの超効率的算数の勉強方法

 

 

小学生におすすめの超効率的算数の勉強方法はドリルを何度も復習することです。

 

そのために1つの問題集をすべて解けるようにして2週間以内に何度も復習することfです。

 

大事なのは1つの問題集をすべて解けるようになること

1冊の問題集を1回、2回しかやらずにどんどんと違う問題集をやる方がいますがそれは超非効率的な勉強方法なのでお勧めできません。

 

なぜなら、算数の成績を上げるためには「出来なかった問題を解けるようにすること」だからです。

 

復習を1~2回しかしなければまだまだ間違えたままにしている問題があるはずです。

 

この状態で次の問題集に進んでしまっても前に覚えたことが次第に忘れていってしまうので記憶した意味がありません。

 

なので同じドリルを3回、4回、5回と何度も何度もこなす必要があるのです。

 

2週間以内に何度も復習する

そして2週間以内に何度も復習sることです。

 

2週間を過ぎてしまう急速に忘れていってしまいます。

 

なので2週間以内に復習するのが何よりも効率手が良いのです。

 

復習を1回したら、2回目に入って終わったらすぐに3回目にはいります。

 

このように「1回目に解けなかった問題を全てスラスラと解けるようになっている」と間違いなくテストの成績の点数もアップしているはずです。

 

問題集全てが終わったらもう一度復習する

人によってはもうほとんどの問題が解けるようになっています。

 

そういった人は次の問題集を取り組んでも良いかもしれませんが、1冊終わって1~2割以上の問題を解けていない場合はもう一度復習するようにしましょう。

 

そして次の問題集に行く前には「1回目に解けなった問題を全てスラスラと解ける状態にしておきましょう。

 

曜日ごとにその週の復習をする

またどうしても復習するための習慣化が身につかなければ週に1回「復習日」という日を作って必ずその週に勧めた問題を復習するようにしましょう。

 

個の復習日をとるという勉強方法は算数に限らず国語や英語でも使えるので算数以外の様々な教科に実践してみてください。

 

効率的な算数の勉強方法

 

 

では小学生が算数を勉強するさらに具体的な方法を見ていきましょう。

 

公式を覚える

まずは基礎的な基礎として公式を覚えましょう。

 

ただ単調に丸暗記をするのではなくて毎回公式を覚えるときに「なぜそうなるのか?」と本質を知るようにしましょう。

 

そうすることで覚えやすく思い出しやすくなり、記憶として定着していきます。

 

それが終わってから計算力をつけるために本格的な問題集を行うことでグンと成績がアップしていきます。

 

図形の問題の解き方を覚える

また算数が苦手な子供の中でも特に苦手な分野が図形問題です。

 

小学校の図形問題は公式を用いて解くものもありますが1つのアイディアで全く違うものに見えてきます。

 

これらは訓練することで鍛えることが出来るので早い段階で良問に触れておくようにしましょう。

 

問題のパターンを覚える

またスムーズに問題を解くためには問題のパターンを覚えることです。

 

そのために多くの問題に触れてどこかで見たことがあるなという経験をするのが多いかもしれません。

 

幅広い試験範囲のように見えても実際は頻出内容が多くて出てくる内容が異なってきます。

 

まとめ

 

このように算数は苦手と思っていても、復習と計算の反復練習で解決することが出来ます。

 

基礎問題をしっかりと身に着けることがやはり何よりも大事になっていきます。

 

また算数が全くかかわっていないような国語力や論理的思考能力を育てて日常生活のあらゆることが算数につながるというのもしっかりと知っておく必要があります。

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.