タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

子供が勉強しない原因が明らかに!勉強を教えるのが上手い親の共通点

投稿日:

「子どもに勉強を上手く教えるにはどうすれば良いのだろうか?」と悩んでいる親御さんもきっと沢山いるでしょう。

 

特に小学校低学年で勉強の習慣がまだまだついていないお子さんは本当に難しいと思います。

 

ですが分からない所につまずいたり、子どもが勉強嫌いになってしまうのは何かしら原因があります。

 

今回は子どもに勉強を教えるのが上手な親御さんの共通点や子供が勉強しない原因についてまとめていきます。

 

勉強が苦手な子供の特徴

 

 

まず勉強が苦手な子供の特徴が、なぜ勉強嫌いになってしまうのかを明らかにしていきましょう。

 

勉強が苦手な子供はゴールが分からない

問題を解くという事はわからない所を一つ一つ解決していくところです。

 

そして「この問題は何を聞いているのか?」を正確に読み解く必要があります。

 

ですが勉強が苦手なお子さんにとっては何を聞かれているのか分からなくて、問題を解き始めてしまう事がよくあります。

 

ゴールを把握していないのに問題を解き始めてしまうのでちんぷんかんぷんな回答をしたり、的外れな答えを出してくることもあるでしょう。

 

そんな時に親が「よく問題を読みなさい!」と言っては絶対にいけません。

 

なぜなら子供は問題を読んでいても把握できていないケースがあるからでうs。

 

勉強が苦手な人ほど問題を把握するための「国語力」が欠けていて、「何を聞かれているのか読み取れない。」というケースがあるからです。

 

なのでそうした場合は親御さんが「この問題って何を聞いているのか分かる?」と1つ1つの問題に対して質問をしてあげるようにしましょう。

 

解いている途中でゴールが見えなくなる

子どもが問題を解くためのゴールが分かってもその道の進み方がわからなければゴールに到達することが出来ません。

 

そのために「解くために何の公式が必要なのか?」、回答をするために何をする必要があるのかを知るようにしましょう。

 

なので

1.ゴールの確認

2.道順の把握

3.現在地の確認

を理解しておくと、スムーズにゴールに目指すことが出来るでしょう。

 

「当たり前」という感覚が大事なものを見落とす

問題を解いていくためには「ゴールの確認」、「道順の把握」、「現在地の確認」、

という話をしましたが教える側の親御さんは沢山の問題や経験をしてきているので当たり前に感じます。

 

ですが経験値の少ない子供にとっては知識レベルに差があり、それが当たり前ではないんですね。

 

勉強が苦手な子供の特徴はこういった順序を立てて問題を解いていくのが苦手なので苦労しています。

 

ですが親御さんが一緒になって道しるべになってあげることによって勉強が苦手なものが自然と克服できているのでまずは子供が分からない所を理解する、そして現在地の確認をして親御さんが道しるべになってあげましょう。

 

子供が勉強しない理由は実は「親ストレス」が原因だった

 

 

子どもが勉強しない理由は「勉強が苦手だから。」、「ゲームやテレビを見たいから。」、「友達と遊びたいから。」など様々な理由があると思われがちですが実は親御さんがストレスで子供が勉強をしたくないという理由がほとんどです。

 

ゲームやマンガ、友達と遊ぶというのはあくまでも逃げ道でしかなくて本質は親御さんの教え方が間違っている可能性があります。

 

勉強しなさいは逆効果

勉強をしない子どもに親御さんが「勉強しなさい!」といったり、計算問題で悩んでたら「〇〇しなさい」と命令形でお子さんに勉強を教えている方がたくさんいます。

 

ですがこれが大きな間違いです。

 

普通、勉強はやりたいという気持ちや知りたいという気持ちを作ってから行動するのが大前提です。

 

ですが逆に命令形になってしまうとますます勉強するのに嫌気がさして言うことを聞かずに勉強嫌いになってしまうお子さんが沢山います。

 

そして親の言うとおりにやったとしても親の期待レベルに達しないと怒られると思っているために子供は親が見ていない所で答えを写したりして「作業」を終わらせようするのです。

 

話し方、話口調は超重要

つまり話し方や話し口調がお子さんを育てるために超重要なことなんですね。

 

そのためにも子供に勉強を教えるときや宿題を教えるときは一度「親子」という関係を切りましょう。

 

なぜなら親子の感覚で勉強を教えると個人的なイライラがお子さんに向けられやすくなるからです。

 

なので自分は先生、子供は生徒だと思って「熟ごっこ」のような感じでお子さんに接してあげてください。

 

話し方や口調は敬語を使ってもOKです。

 

親が普段と違う話し方をしてくることで子供にも緊張感が出てきます。

 

また話し方をゆっくりにして子供とのキャッチボールを大事にしましょう。

 

そうすることでお子さんも自然と自分から勉強に興味を持って聞こうとする意識が高まります。

 

大人は問題が分かって当たり前

もしあなたが子供の頃は勉強が苦手だったとしても大人になれば小学生位の勉強は社会を生きていく為の常識となって簡単に問題を解くことが出来るでしょう。

 

なのでもしかしたら「何でこんな問題も分からないの?」と思ってしまうかもしれません。

 

確かに大人からすれば簡単な問題でしょうが子供は経験値が少なくて毎日、発見と刺激のある毎日を送っています。

 

なので大人にとっては「こんな簡単な問題」という常識の問題が子供にとってははじめての経験であり壁となっているのです。

 

なので心の中で「こんな簡単な問題をなんで解けないの?」と思ってしまうかもしれませんがそれを口に出すのはやめましょう。

 

親が子供に勉強を教えるときのコツは?

 

 

それでは親が子供に勉強を教えるときのコツとは何なのでしょうか?

 

絶対に怒らない

親が子供に勉強を教えるときに絶対にやってはいけないことがあります。

 

それは子供に怒る事です。

 

確かに自分が伝えた内容がお子さんに伝わらなかったり、何度も何度も説明しているのに理解してくれないという事もあるでしょう。

 

ですがイライラしてお子さんに勉強をしているときに怒るのは絶対にやってはいけません。

 

一生懸命、問題にチャレンジしているのに「なんでそんなのも出来ないの?」といわれると勉強をするのが嫌になります。

 

なので勉強を教えるときは子供をなるべく褒めてあげて自信を持たせるようにしましょう。

 

ヒントを与える

子どもが問題に躓いてしまったり、悩んでいる事があると先に問題の解答を話してしまう親御さんがいますがこれはNGです。

 

ストレートに問題の解答を教えるのではなくて子供にヒントを与えるようにしましょう。

 

お子さんに必要なのは問題の解答ではありません。

 

その答えを導き出すためのプロセスが必要なのです。

 

なのでじっくりと考え、解き方に気づき、答えを出すための道しるべを親御さんは示すべきなのです。

 

お子さんに説明させる

最も子供の勉強に効果的なのは「何でその問題の解答はそうなるのか?」、「どうやって問題を解くのか?」を子供の口から説明させることです。

 

なぜなら他人に説明をするのがとても難しいからです。

 

あなたも「相手に説明したのに全く言いたいことが伝わってなかった。」という経験などあるでしょう。

 

それほど相手に説明するのは難しくてまず自分が内容を全て理解していないと説明することが出来ません。

 

なのでどんどん一人で問題を解いていくよりも1つの問題をしっかりと説明できるようになる方がよっぽど効率的なのです。

 

「わからなくて当然」くらいの気持ちで臨む

子どもが問題を解けても解けなくても大事なのはそれまでの過程や行動した事、努力です。

 

なので100点取ったからえらいのではなくて一生懸命勉強したことを評価してあげましょう。

 

なぜなら結果だけを評価されて育った子供は努力を嫌います。

 

楽をして良い結果を出そうと考えるための知恵が自然と働いてしまうからで鵜s。

 

ですが過程を評価されて育てられたお子さんは努力の積み重ねが良い結果を招くことを自然と身体で身につけることが出来ます。

 

なので子供に対してどんな努力や手助けをしてあげるのかをしっかりと考えてあげましょう。

 

子供に勉強を教えるのが上手な親の特徴

 

では子供に勉強を教えるのが上手な親御さんんはどのような特徴があるのでしょうか?

 

答えを言わずに気づかせる

まず教え方が上手な親御さんは子供に絶対に答えを言いません。

 

ヒントをお子さんに出して気づかせてあげるところから始まります。

 

なぜなら自分で答えや答えの出し方が分かった時に喜びや達成感を感じることが出来るからです。

 

熱心過ぎるという理由で問題の答えや解き方の全てをお子さんに教えてしまうともd内を解くための喜びを奪ってしまいます。

 

なので勉強をすることが子供にとって非常につまらないものという認識になってしまうのです。

 

身近なもので体験させる

また子供に勉強を教えるのが上手な親御さんは身近なもので体験させるのがとても上手です。

 

日常生活の身近なものを使って説明をすることで簡単に子供が理解をすることが出来ますし、知識の定着化をさせることが出来て知的好奇心を引き出すことが出来ます。

 

親が子供に勉強を教えるときのルール

 

 

勉強を子供に教えようとしたときに気乗りに子供たちがならないのであれば勉強の教え方が間違っている可能性があります。

 

そうならないためにも勉強を教えるためのルールを作っておきましょう。

 

間違いを正さない

まずは間違いを正さない事です。

 

子どもが問題を解いているときに簡単な間違えに気づいてしまうとついつい口を出して間違えを正そうとします。

 

ですがそうすると子供の集中力が切れてしまうので親御さんが勉強をしているお子さんに割って入って口出しをするのはやめましょう。

 

否定をしない

既に習ったことや間違えたところを何回も間違えてしまうと「さっき教えたでしょ。」と口が出てしまうかもしれませんがこれもNGです。

 

一生懸命勉強をしているお子さんに否定的な言葉を投げかけられたら何もうれしくありません。

 

なので親はどんなに成績が悪かったとしても抜け落ちている知識がいっぱいあったとしても子供の良いところを見つけてあげて褒めるようにしましょう。

 

他人は他人自分は自分

また周りの子供が成績が良くて自分のお子さんが成績が悪いとどうしても周りと成績を比べようとしてしまいます。

 

ですがよその子はよその子です。

 

他人と成績を比較しないようにしましょう。

 

まずは自分の子は自分のこというスタンスをしっかりと保つようにしましょう。

 

算数が得意な子、国語が得意な子、両方が得意な子、両方苦手な子。

 

様々な子供がいますが得意ジャンルは伸ばして苦手は克服すれば自然と全体的な学力も大きくなっていきます。

 

できなくて当たり前の心構え

勉強はまずわからない所から始まります。

 

分からない所を一つ一つ解決していくのが勉強です。

 

なので出来なくて当然なんですね。

 

出来なくて当たり前の気持ちで何回も何回も出来るようになるまで練習していきましょう。

 

親が一生懸命に子供に勉強を教えるとお子さんは喜びます。

 

そして真剣に勉強に取り組むようになりますし、勉強への姿勢も変わってきます。

 

なので出来るようになることを求めすぎずに1つ1つの問題を解決していきましょう。

 

コツコツと毎日継続する

勉強は毎日少しずつ継続することが大切です。

 

2週間後に同じことをしたら忘れている、出来なくなっているのは人間の防衛本能です。

 

なので毎日コツコツと何度も復習するようにしましょう。

 

まとめ

 

これまで子供が勉強できない原因や教えるのが上手な親の特徴などを紹介してきました。

 

基本的に伝わらない原因は「教える側」と「教わる側」にあるということは覚えておきましょう。

 

この差によって教える側は自分が知っているのが当たり前と思わずにしっかりと勉強が苦手な子供たちの思考回路を見てあげるようにしましょう。

-未分類
-,

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.