タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

【効果抜群】全く宿題をやらない子供がやる気になる方法を伝授

投稿日:

「家に帰ってきたらランドセルを投げ捨てて友達と遊びに行く。」、「部活動でへとへとになって返ってきた瞬間に寝てしまう。」というお子さんもいるでしょう。

 

子供にとっては授業で勉強した内容をもう一度やるのはめんどくさいことですし、すでに見たことがある漢字や計算問題を何回もやるのは宿題に嫌気がさしてしまかもしれません。

 

ではどうすればお子さんが宿題を自分からやるようになってくれるのでしょうか?

 

それは毎日の習慣化がカギでした。

 

今回は宿題をしない子供が自分から集中して宿題をする方法を紹介していきます。

 

なぜ宿題をやらなければいけないのか?

 

 

ではなぜ授業で出された問題をもう一度、家に帰ってこなさなければいけないのでしょうか?

 

それは宿題をすることで授業のやり残しや授業での反復練習につながり、知識の定着化を図ることが出来るからです。

 

宿題の問題は全員同じ課題をやらなければいけない

まず宿題の問題点は一人一人の理解度とは別で全員一律の課題が出てしまうことです。

 

しっかりと授業の内容が頭に入っているお子さんは簡単に宿題をクリアすることが出来ますが、授業の内容を理解できなかったお子さんは宿題をやるのが苦痛になってしまいます。

 

宿題が親のイライラを招く

そして宿題が分からないことについて親に相談しに答えを聞きに来ます。

 

しっかりと子供の対応が出来る親御さんなら良いのですが家事で忙しいママさんは子供の宿題の相手をするのも対得hンでしょう。

 

なので自分で考えずに最初から答えを求めに来ているお子さんには本当にイライラするでしょう。

 

そして親が子供の相手をしないと自然と子供は宿題に手が伸びてしまいます。

 

そういったのを悪知恵を見破るとさらに不満が募ってイライラしていきます。

 

宿題をやることへの悪影響は?

さらに宿題が沢山あり、難問ばかりだとお子さんが遊ぶ時間がなくなってしまいます。

 

私は子供が成長するのは遊びに夢中になれるからだと思います。

 

好奇心や興味のあることが没頭するからこそそれが今後の将来に生きてくるのですね。

 

やらされて行う勉強はやる気も起こらないので確かに学びは少ないように感じてしまいます。

 

宿題のメリット

 

 

では逆に宿題のメリットとはいったい何なのでしょうか?

 

いかにまとめました。

 

★宿題のメリット

・子供に勉強するのを習慣づけるため

・復習代わりにして知識の定着化を図る

・自分で考えるための思考を鍛える

・授業の理解をより深めることが出来る

です。

 

それでは1つずつ詳しく見ていきましょう。

 

子供に勉強をするのを習慣づけるため

まず宿題の目安は1日30分で終わるものがほとんどです。

 

一定時間以上、ある決まった時間に勉強を行い、勉強することを習慣化していきます。

 

勉強を継続することによって知識を増やすことによって今後将来的にもかなりのアドバンテージにもなることをまずは知っておきましょう。

 

復習代わりにして知識の定着化をはかる

その日に覚えた内容は1日で74%も忘れてしまいます。

 

これを定着化させるのが繰り返し学習することです。

 

何度も何度も繰り返して学習すれば忘れることもありません。

 

自分で考えるための思考を鍛える

「いつ宿題をやれば良いのか?」、「いつまで遊んでいて大丈夫なのか?」、「宿題はどれくらいの時間かかりそうか?」など宿題をすることによって今後のスケジュールやプランを自分で計算するようになります。

 

確かに宿題をやらない子もいますが、宿題を自分からやる子はこういったことをしっかりと計算できるので自分がどのようにして行動すれば良いのか、自然と勉強以外でも今後に役立つ能力を育てることが出来ます。

 

授業の理解をより深めることが出来る

また授業があることによってさらにその分野をより深く理解することが出来ます。

 

授業で習った分野を家に帰ってすぐに復習することで知識の定着化にプラスしてより深く理解することが出来るので応用問題などもスラスラと解けるようになります。

 

なぜうちの子供は宿題をやらないのか?

 

 

ではなぜ自分の子供は宿題をできないのでしょうか?

 

周りが気になって集中できない

1つ目の原因は集中力が続かないからです。

 

子供は大人と比べて集中できずに気が散ってしまったり、ダラダラと過ごしてしまいます。

 

その理由とししては

・自分の部屋が散らかって落ち着かない

・近くにあるおもちゃで遊びたくなってしまう

・テレビの音が気になってしまう

という原因があります。

 

授業についていけなくて勉強が分からない

また集中できない理由として勉強が分からなかったり、興味がないことがあげられます。

 

分からない問題をずっと悩んでいても解けないですしおもしろくありません。

 

分からない問題が増えれば増えるほどどんどん勉強が苦手になっていき、嫌いになっていきます。

 

そうするとなかなか自分から勉強に取り組むことができずに勉強嫌いになってしまう可能性のあるのです。

 

勉強以外に心配事や不安がある

そして宿題が出来ない原因としては勉強以外のストレスがあることです。

 

例えばイジメだったり、人間関係の問題や部活動がうまくいかない原因です。

 

心配事があるときは大人でも集中できないものです。

 

心配していることの方で頭いっぱいになってしまい、目の前の学習に着が配りにくいものです。

 

特に子供の場合は気持ちの切り替えが苦手で宿題をすることが出来なくなってしまうのです。

 

宿題をやらない子供を育てる親の特徴

 

ではなぜ宿題が出来る子どもと宿題が出来ない子供が出てくるのでしょうか?

 

その違いは何なのでしょうか?

 

子供は大人と比べて集中が中々、持続することが出来ません。

 

特に勉強となると気が散ってしまい、ダラダラとしてしまう子が出てきます。

 

ではなぜお子さんは宿題に集中することが出来なくなってしまうのでしょうか?

 

子供の宿題を一切チェックしない

まずは子供の宿題を親御さんが一切チェックしないことが挙げられます。

 

低学年のお子さんであれば宿題をやる意味や勉強をする理由が分からずに何も言わなければ永遠と宿題をやることがありません。

 

なので親が見ないと宿題をさぼりますし、自分で考えることなくすぐに答えをうつしてしまったりなど雑になってしまいます。

 

また、わからない箇所はそのまま放置します。

 

基本的には人間は怠けたがる生き物です。

 

しかもこれが習慣化してしまうと怠けるのが当たり前と思ってしまうのでしっかりとズルをしていないのか子供の宿題をチェックしてあげることが大事なのです。

 

子供の宿題をチェックしすぎる

逆に子供の宿題をチェックしすぎる子どもも出てきます。

 

宿題を一緒にやってあげたり、終わった宿題を見てあげたりするのはとても良いことです。

 

ですが宿題あをチェックしすぎても子供は勉強嫌いになってしまいます。

 

なので過剰な完ぺき主義をお子さんに押し付けるのはやめるようにしましょう。

 

宿題の量を増やそうとする

中には「宿題の量を増やしてほしい!」という親御さんもいらっしゃいます。

 

その理由としては「自分の子供は今の宿題は簡単すぎるから。」、「もっと成績を伸ばしてほしいから」ということです。

 

ですがこのように自分のお子さんに合わせて宿題の量を決めることが出来ませんし、もっと量を増やしたいのであれば問題集をすれば良いです。

 

また勉強を無理やりさせすぎるのもお子さんが勉強嫌いになってしまう原因となってしまうので注意しましょう。

 

子供が集中して宿題を終わらせるようにする方法

 

では子供の勉強のやる気を引き出して集中させるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

学習環境を整える

まずは学習環境を整えてあげ得ることです。

 

部屋が散らかっていたり、うるさかったり、勉強を阻害するものが近くにあると中々お子さんも勉強に集中することが出来ません。

 

まずは子供がしっかりと落ち着いて勉強できるような環境を作ってあげることが大切なのです。

 

最近では東大や京大などの難関大学に合格した方の小さい頃はリビングで学習していたということで「リビング勉強法」も話題となりました。

 

リビングだと色々な音が聞こえて、逆に集中できないと思いがちですが子供が落ち着くかどうかによってきます。

 

子供自身が安心して勉強に向かうことが出来る環境を整えてあげることが大事なのです。

 

自分で計画を立てさせる

また学習計画を子供に立てさせてあげることも大事です。

 

子供に「勉強しなさい」と怒鳴るのではなくて、まず何からするのかを子供に決めさせてその計画を守るようにすれば計画して実行する力が身に付きます。

 

それに自分で計画した勉強であれば積極的に自分から取り組みやすいですし、ゲームと同じようにその計画を実行できたときには達成感を感じることが出来るでしょう。

 

問題が解けたら子供を褒めて小さな成功体験を積み上げる

子供が宿題をやる気にさせるためには問題が解けたら褒めてあげて小さな成功体験を積み上げることです。

 

勉強は1回集中してやったからってそれが実力になるわけではありません。

 

継続的に毎日やるからこそ習慣化して学習能力がアップするのです。

 

子供が今、どンな勉強をしているのかに興味を持ち、時には大変さを共感するなど親子のコミュニケーションも増やしていきましょう。

 

規則正しい生活を心がける

集中力をアップさせるためには日々の生活習慣が重要となってきます。

 

大人の方でもそうですが睡眠不足だとどうしても集中することが出来ません。

 

なのでまずは就寝時間、起床時間を決めて生活習慣に気を付けましょう。

 

また食習慣も集中力に大きく影響してきますのでバランスよく、好き嫌いを出さずに何でも食べるようにしましょう。

 

宿題をする前に軽い運動をする

また勉強ばかりしていても集中をすることが出来ません。

 

運動することも大切になってきます。

 

クタクタになるまで運動しても勉強に集中することが出来ませんが、子供が好きそうな運動をするとストレス解消になります。

 

また運動と学習には密接な関係があることもわかっており、運動後に勉強をすると脳が活性化します。

 

なので子供がどうしても勉強に集中できないのであれば軽く運動してみるのも良いでしょう。

 

ADHDの子供の集中のさせ方

また集中力がなくなる原因は病気の可能性もあります。

 

ADHDは集中力がなく授業にそわそわしたり、集団生活のリズムについていけない病気です。

 

また不注意や多動性、衝動性という3つの症状がみられる発達障害がADHDです。

 

ADHDの特徴は

・忘れ物が多い

・何かやりかけてもそのままほったらかしにしてしまう

・物事に集中できずに自分がやりたいことに対しては集中しすぎて切り替えられない

・片付けや整理整頓が苦手

・注意が長続きせずに気が散りやすい。

・話を聴いていないように見える

・忘れっぽくて物をなくしやすい

 

という特徴があります。

 

もしかしたら集中力がないのはお子さんのせいではなくて病気の可能性もあるのでこういった症状があるのであれば早めに病院に行って相談することをお勧めします。

 

子供に宿題をやる気にさせるコツとは

 

 

では子供が宿題のやる気になるためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

宿題はやらないものと理解する

まず親御さんは子供が宿題をやらないものと理解しなければいけません。

 

なので宿題はやるものだと早いうちからルールとして作っておかなければいけないのです。

 

そうしなければ小学校高学年になるにつれて宿題をやるための習慣化が厳しくなります。

 

宿題の量を調べておく

宿題に量を調べてある程度予想ができると、毎日どのくらいで宿題が終わるのかわかりますし宿題をするリズムも掴むことがで出来ます。

 

家庭学習を習慣化する流れを作っておく

家庭学習を習慣化しておく流れを作っておくと、宿題をするのが辛くないですし、勉強をやるのが当たり前だと感じるようになります。

 

なので低学年のうちに家庭学習を毎日、決まった時間にするのを習慣化しておいてアドバンテージを作っておきましょう。

 

ボーナスシステムで自分から宿題をするようにする

宿題をしたらお小遣50円としておくと勉強のやる気がでて宿題をゲーム感覚で習慣化することが出来ます。

 

つまり最初の勉強する動機は何でも良いのです。

 

とにかく勉強を習慣化したもの勝ちなのですから。

 

まとめ

 

これまで子供が宿題をやらない理由や勉強に集中する方法を紹介してきました。

 

大人も子供も怒られるよりも笑顔で過ごしたいものですよね。

 

そのために家族皆で楽しく頑張る工夫をしてみるのが宿題を習慣化する近道です。

 

なのでなるべくはやめに家庭学習を習慣化して勉強をやるのが当たり前の生活をしていくように心掛けましょう。

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.