タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

子供の勉強嫌いを完ぺきに解決!嫌になる原因と克服法を伝授

投稿日:

自分のお子さんが成績が悪かったり、テストの点数が低いとしかめっ面をする親御さんは沢山いるでしょう。

 

勉強が嫌いな親御さんも沢山いるので子供が勉強が嫌いでも「勉強が嫌いなのは仕方がない事」、「勉強なんて嫌だ」と特別に問題視をしていない親御さんも中にはいらっしゃいます。

 

ですが勉強嫌いを治さなければ今後、さらに勉強をしなくなり後からお子さんに勉強をさせようとしても中々、言う事を聞いてくれなかったり、取り返しのつかない事態になってしまう可能性も十分考えられます。

 

そして勉強嫌いになったお子さんの将来の選択肢は狭まってしまうので自分のやりたい事や夢、将来の目標を潰してしまう原因となりかねません。

 

そういったことが無いようにまずは勉強の面白さを感じてもらい、勉強に対するやる気を出して上げましょう。

 

そうすることによって子供の将来の幅がぐんと広がりますし、今後、何かあっ手も自分で考える力が磨かれれば自分で解決してより豊かな人生を歩んでいくことが出来ます。

 

なのでもしお子さんが勉強嫌いになっているのであれば、是非参考にしてみてください。

 

子供が勉強嫌いになってしまう理由

 

 

そもそも勉強嫌いになってしまった子供はなぜ勉強を嫌いになってしまうのでしょうか?

 

まず、ママさんたちが「勉強嫌いな子供が多い」と思い込んでいることが多いように、子供も「勉強は嫌なもの」と思い込んでいるのもたくさんいらっしゃいます。

 

最初から勉強は嫌なもの、不安、怒られるなどの悪いイメージがついてしまうと絶対にせ勉強を好きになることが出来ません。

 

なので思い込みや分からない所を地道に解消して自然とできるようにさせてあげましょう。

 

勉強しなさいと親がうるさく言ってくる

子供が家に帰ってきてゲームや漫画を読んでいると親はイライラして「勉強しなさい!」と強い口調で言ってしまうかもしれません。

 

確かに何の計画も立てずにダラダラと過ごしているのであれば「勉強しなさい!」というのは親の務めかもしれませんが子供も自分自身で「ゲームをやってから宿題をやろう。」と考えているかもしれません。

 

なので子供の考えを聞かずに口うるさく、「勉強しなさい!」というのはあまりよろしくありません。

 

なぜなら勉強を強要するのは実は子供のやる気を削いでしまうからです。

 

口うるさく親が勉強しろというから逆に勉強が嫌いになってしまったという方もたくさんいます。

 

なのでまずは子供の意見をしっかりと聞くようにしましょう。

 

学校の授業が分からなくて勉強が分からない

最初は全然、勉強は嫌いではなかったのに授業についていけなくなって勉強が自然と嫌いになってしまったというお子さんは少なからずいるでしょう。

 

分からない所が出てきたときに気づかずに対応することが出来なくてそのまま放置するとっという間に授業についていくことが出来ない可能性もあります。

 

もしかしたら教室で授業を受けるのが嫌で学校にも行きたくなくなってしまうかもしれ前ん。

 

なので小学校低学年ほど基礎基本をしっかりと理解するために勉強がついていけていない苦手分野や授業でわからなかったところを家庭学習でカバーするようにしましょう。

 

どうしても親が家庭学習を取る時間がない場合は家庭教師や学習塾に通わせるなどして対策しましょう。

 

部活や習い事で忙しくて勉強に集中できない

小学校高学年になってくると部活動が始まり、習い事も出てきて忙しくなってくるでしょう。

 

ついつい、部活動を優先してしまってせっかく勉強するのが習慣化していたのに家庭学習する時間が取れなくなり、勉強に集中できないお子さんも中にはいるのではないのでしょうか?

 

子供が勉強好きになるための親の接し方

 

 

お子さんが勉強嫌いにならずに勉強に興味を持って好きになるためには親が出来ることはどんなことがあるのでしょうか?

 

勉強している姿を見せる

暇が出来たら親自身がスマホゲームや漫画、テレビを見ているということはありませんか?

 

子供が見ている前でいつもゲームやスマホで遊んでいると「どうして私だけ勉強しなければいけないの?」と思ってしまうお子さんも中にはいるでしょう。

 

子供は親の背中を見て育つものです。

 

なのでまずは子供が勉強を習慣するたえmにも親自身も勉強している姿をしっかりとお子さんに見せてあげることが大事なってきます。

 

子供が小さな時からいつも親が読書をしたり、勉強している姿を見せると勉強するのは当たり前のことなんだとお子さんも勉強するのが当たり前だと思ってくれます。

 

何かに興味を持って調べたり、考えるようにする

またお子さんが小さな時から電車や石、虫などいろいろな所に興味を持たせて一緒に調べる習慣を作ってあげるのも大切です。

 

分からない所はスマホで検索するも良いですが時間があるときは自分で研究したり、図書館で本や資料を探したりして一緒に考える癖を作ってあげましょう。

 

そうすることで子供は自分の興味を見つけてくれる可能性も十分に考えられます。

 

また分からない所が分かった時の喜びを子供が覚えるなら次々と興味を持った物に対して

調べて解決してくれます。

 

小さな時から自然と考えて、調べて自分で解決するという癖をつけておけば学習の土台が自然と出来上がってきます。

 

毎日勉強する習慣を作るために机に向かう工夫をする

ただし子供に勉強する習慣付けさせることはわかっているのに、中々言うことを聞いてくれなくて習慣化できていないというケースもあるでしょう。

 

子供に勉強の習慣化をつけたいのであれば勉強しなければいけない環境に変えましょう。

 

そのためにもまずは調べ物をするのは当たり前、読書をするのは当たり前の環境に変えて小学生になる前に子供が勉強嫌いにならないように親自身がまずは手本になって見せてあげましょう。

 

子供の現状を知り、親の理想を押し付けない

親がどんだけ頑張って何のために勉強しなければいけないのか、良い学校に行けばどんなメリットがあるのか、良い会社に就職した時のメリットなどを必死になって伝えても中々伝わらないかもしれません。

 

小学校に入学する前に小さな時から高校生、大学生、社会人になっても変わることなく好奇心が強くて人生に対してポジティブな人間であることが人生を豊かに暮らしていくためには必要です。

 

そのためにも学ぶことの大切さを教えていくようにしましょう。

 

子供が勉強嫌いになってしまう絶対にNGな親の教え方

 

 

では逆に子供が勉強嫌いになってしまう絶対にNGな親の行動とはいったい何何なのでしょうか?

 

勉強するのを特別な場所でする

まずは勉強部屋の環境をしっかりと整えて雑音を完全にシャットアウトした密閉空間で勉強をすることです。

 

普通の人が見れば理想的な学習環境のように思うかもしれませんがこれは勉強嫌いが促進してしまう大きな間違いです。

 

なぜなら勉強を特別視してしまうから無駄なプレッシャーがかかってしまうのですね。

 

なので勉強=当たり前=日常という概念、常識を持たせるようにしましょう。

 

それによって肩の力を抜いてリラックスして勉強に専念することが出来ます。

 

確かに中学生や高校生など受験になればそういった環境づくりも大事ですが小学校低学年や幼少期の域は雑音や生活音があるリビングなどでリラックスして学習することが大事なのです。

 

親が勝手に学習する計画を立てる

親が勝手に弁筐計画プランを立てて、お子さんに押し付ける状況ってたまに見ますよね。

 

ですがこれは子供が勉強嫌いになってしまう最もやってはいけない行動なんですね。

 

子供は最初に何を勉強したいのか自分で興味を持ちます。

 

つまり自分がやりたいことは親が押し付ける前にすでに決まっているんですね。

 

子供がどんな教科が好きなのか、何に興味があるのかを把握していない親御さんは本当に沢山います。

 

小学校低学年のうちは自分がやりたい教科を念頭にやらせてさらに余った時間で範囲を色めていくようにしましょう。

 

子どもの言っていることを否定する

1つの強化をゆっくりと長時間にわたって勉強させる方もいるかもしれませんが実は知能が高い人ほど飽きっぽい傾向がありあmす。

 

学校から出た宿題は最低限やらなければいけませんが、その他の勉強や家庭学習は飽きたら違う教科をやるスタイルで全然大丈夫です。

 

飽きた教科は延々と無理やりやらされた記憶は後々ストレスになって無意識的にも意識的にも勉強嫌いになってしまいます。

 

飽きっぽいお子さんであれば実は頭の回転が速いかもしれないと素直に喜んでお子さんの様子を見るようにしましょう。

 

長時間ダラダラと勉強させようとする

また長時間の学習や絵延々とした復習もまた子供が勉強嫌いになってしまう原因の一つといわれています。

 

勉強をするうえでは「スピーディーに短時間集中」で行うのがコツなのです。

 

例えば学習教材をお持ちなのであれば15~20分くらいで学習の授業の進み具合を気にせずにお子さんの興味関心に合わせて学習をさせてあげることが大事になってきます。

 

子供が勉強にやる気を引き出すためには

 

 

では子供が勉強にやる気を引き出すためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

子供は本来、未知のことを知りたいという気持ちや何かを学ぶ意欲はたくさん持っています。

 

学年が低ければ低いほど何でも興味を示して疑問や不思議を知りたいと思うのは学習意欲なのです。

 

なのでその学習意欲を大切に育てることが大事になってきます。

 

自宅で勉強する環境を整える

まず子供が勉強にやる気を出すためには親が教科書やノート、筆記用具など勉強に必要なものを机の上にそろえてあげましょう。

 

そしてテレビなどは決してゲームやスマホなど集中を妨げるものも片づけるようにしましょう。

 

子供の「分からない」を受け入れる

そして子供が理解できないことを責めるのではなくて子供が分からないという現実をまずは受け止めて共感してあげることが大事になってきます。

 

親も子供と一緒に勉強に興味を抱く

子供だけではなくて親も一緒に勉強に興味を持つようにしましょう。

 

そして親も一緒に学びたいという気持ちを言葉で表現して勉強に興味を持たせましょう。

 

一緒に学ぶ姿勢をとる

親も一緒に勉強に興味を持ったらお子さんと一緒に勉強をしましょう。

 

一緒に横についてお子さんが分からない所をサポートしてあげたり、一緒に問題を解くことによってお子さんも自然と勉強をするのが好きになっていきます。

 

結果が出れば喜びを共有する

そして出来た問題があれば大げさに「すごい!」、「出来たね!」と喜んで褒めてあげましょう。

 

そうすると子供は得意げになって説明してくれますし、ドンドン勉強するのが楽しくなって次のステップに行きたくなります。

 

子供の勉強嫌いを克服する方法

 

 

もともと勉強が出来るかどうか関わらず子供の勉強嫌いをそのまま放置しておくのは良いことではありません。

 

元々、勉強に苦手意識を持っていなかったのなら、今は苦手でもまた勉強が得意になったり、勉強の面白さを理解していくかもしれません。

 

本当に勉強が嫌いだったのなら、さらに勉強するのが苦手になってしまう可能性も充分にあるのです。

 

なのでしっかりと勉強嫌いを克服する方法を身に着けて実践していきましょう。

 

とりあえず勉強を毎日すればやる気は後からついてくる

勉強しないお子さんを見ているとついついイライラしてしまって「勉強しなさい!」と言ってしまいますがそれはよくありません。

 

また勉強にやる気が起きるのを何も言うことなくいつまで待っていてもやる気は起きません。

 

子供が勉強を好きになるだとか勉強に対してやる気をもって意欲的に取り組めるだとかは勉強をして後からついてくるものです。

 

なのでまずはとにかく勉強する癖を作るために毎日少しずつでも良いので勉強をするようにしましょう。

 

しっかりと一定時間を計って勉強する時間を作る

ですが最初は中々集中して勉強をすることが出来ないかもしれません。

 

そうした時は「一定時間だけ勉強したら終わり!」という勉強時間や範囲を決めて少しずつ時間を長くしていったり、勉強の範囲を広げていくようにしましょう。

 

小学校低学年であれば10分~20分程度、毎日勉強をするだけでも構いません。

 

集中力が続く範囲を毎日コツコツと続けていくことが大事になるのです。

 

そうるうことで毎日勉強するのが当たり前になって少しずつ勉強が好きになっていくのです。

 

楽しく勉強する工夫をする

また勉強がどうしても嫌いなのであれば勉強する時間を短縮できるように考えましょう。

 

人は誰もが好きなことをしている時間は短く感じますがあまり好きでは無いことや嫌いないことをするときは時間は以上に長く感じてしまいます。

 

なのでいやいや勉強するのではなくて勉強方法を工夫して短時間で効率よく勉強するようにしましょう。

 

例えば5問解けたら、5分休憩、そしてまた5問解いていくという形です。

 

こうすることによって集中力が長続きしていやいや勉強している感じにもならないのでお勧めです。

 

小学生に自分の将来の夢を叶えるために

 

子供が勉強にやる気を持つためには自分の将来のことを考えさせる必要があります。

 

ではどうやって未来を決めていけば良いのでしょうか?

 

中にはなりたいものがない。というお子さんもいるでしょう。

 

そんな時は親として子供にどんなアドバイスやアプローチをすれば良いのでしょうか?

 

小学校から将来の夢を叶えるための方法をここでは紹介していきます。

 

将来を考える前に自己分析をする

将来やりたいことがないと悩んでいるお子さんは少なくありません。

 

ですがどんな悩みに対しても少しずつ解決に向かわせていく方法が実はあるのです。

 

それは自分は何が好きなのか?何をしていると楽しく感じるのか?などの自己分析をさせてあげることです。

 

紙に好きなことややりたいことをとにかく書き出す

まずは白い紙とペンを用意して好きなことややりたいことをとにかく書き出しましょう。

 

例えば「サッカーが好き」、「スマホが好き」、「お笑いがすき」など一見すると関係なものでもとにかく書くようにしましょう。

 

嫌いなこと、やりたくないことを書き出す

そして次はその逆の嫌いなことややりたくないことを書き出しましょう。

 

つまり、ネガティブなことを書き出していきます。

 

書き出した内容を見て考える

そして自分という人間が何が好きで何が嫌いかが明らかになるのでどういった将来の仕事にしたいのか?

 

何が好きでどういった人生を歩みたいのかが分かるようになります。

 

まとめ

 

これまでお子さん勉強嫌いの克服方法について紹介してきました。

 

人間は勉強ばかりではない!という考え方もありますが、実際には一定の学習能力があることと学歴があることで将来の選択肢が広がっていきます。

 

沢山の選択肢の中から自由に選ぶ権利を与える!

 

これは確かにお子さんにとって大事であり、親の大切な役割です。

 

ですが結果を焦るあまりにお子さんの中にある「勉強は楽しい」、「勉強は将来に役立つ」という学習意欲の種をまくのを放棄してしまうと学習意欲は低下してしまいます。

 

なのでお子さんが勉強する理由をもう一度考えてしっかりとした愛情を育んでいきましょう。

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.