タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

漢字が苦手な小学生でも簡単にできる効率の良い漢字の覚え方

投稿日:

小学3年生くらいから勉強の難易度が上がって授業に追いつけなかったり、つまずくお子さんが出てきます。

 

特に漢字の場合は量もそれなりに増えて中々漢字を書くのが苦手なお子さんも出てくるでしょう。

 

親御さんにとっては「え?なんでこんなにも漢字が書けないの?」、「なんで何回も書いているのに覚えられないの?」と疑問に思っている方もいるでしょう。

 

今回は漢字が苦手なしぃおう学生も簡単に漢字が覚えられる効率的な覚え方を紹介していきます。

 

漢字が苦手で放っておくとどうなる?

 

 

まず漢字の覚え方を学ぶ前に漢字が苦手で放っておくとどうなるのか想像してみましょう。

 

漢字が覚えられなくて書けないと語彙力がつかずにどんどん平仮名ばかりを使い始めるようになります。

 

そうすると負の連鎖に陥ってしまい、テストの成績で国語の点数がめちゃめちゃ低いということになってしまい、「自分は漢字が苦手なんだ」と思い込んでしまい、国語が苦手分野となってしまいます。

 

また国語が苦手分野になると中々勉強に手がつかずに読解力が上がらず、算数や理科、社会の問題の内容も理解できずに総合的に点数の成績を落としかねません。

 

ではそもそもなんで漢字が苦手になってしまうのでしょうか?

 

漢字が苦手な原因は漢字を記号と思っているから

漢字が苦手になる原因の1つとして漢字を記号と考えてしまう可能性があります。

 

漢字にはそれぞれ作られた意味がありますがそれを知らずに記号として覚えようとしているので非効率になり中々頭に入ってきません。

 

漢字の成り立ちや背景を理解すればもっと効率的に漢字を覚えられるようになります。

 

漢字を面白くない、難しいという思い込みがあるから

また漢字を難しいと思っている人ほど自分から新しい感じを覚えようとする意欲が欠けてしまい、落としドンドンはまっていきます。

 

漢字を面白くないという思い込みがあると漢字を覚えるのがただの作業となってしまいひたすら書いても中々頭で覚えることが出来なくなってしまうのですね。

 

国語のテストの成績を上げるにはまず漢字から始める

 

国語のテストで一番点数が取りやすいのが漢字の分野です。

 

ただ暗記するだけなので語彙力があればあるほど高得点を狙う事が出来ます。

 

ですが漢字の覚え方は何回も紙に書いて覚えると勘違いしている方が沢山います。

 

これはただの紙に何回も書いて覚える方法はただの作業なので実際には非効率な覚え方になります。

 

効率的な感じの覚え方をまとめるとこちらになります。

 

★漢字の覚え方

・漢字の読み方から苦手を克服する

・読めない漢字の意味を知る

・読めない漢字の確認を繰り返す

 

では1つずつわかりやすく紹介していきます。

 

まずは漢字の読み方から苦手を克服する

まず漢字の読み方から苦手を克服していきましょう。

 

漢字の書くのが苦手でも「読み方」なら難しくない漢字もたくさんあります。

 

その理由としては書き方と違って読書を等をしていれば自然と覚えるからです。

 

なのでまずは読めるけれども書けない漢字をチェックしていきましょう。

 

読めない漢字の意味を知る

そして読めない漢字が出来てきたら読めない漢字の意味を親御さんがサポートして教えてあげるようにしましょう。

 

教えた後にその言葉を使って例文を作らせると暗記しやすいです。

 

これによって無機質な記号から実生活と繋がる言葉となるので記憶に残りやすいのです。

 

読めない漢字の確認を繰り返す

そして読める漢字を1つずつ書いていきましょう。

 

意味が分かっているのでどういった部首になるのか、なぜこのような形になるのか意味を理解していると漢字も何となく覚えているだけでもかけてしまいます。

 

このように漢字は効率よく勉強すれば誰もが克服うすることが出来ます。

 

大事なのは何回も書いて練習するような作業をしないことです。

 

またさらに効率的に漢字を覚えることが出来るように漢字を覚えるコツも一緒に紹介していきます。

 

漢字を覚えるコツ

 

 

漢字学習は毎日の積み重ねが大事であり低学年の時から積み重ねて勉強していくと国語のテストの点数も確実に右肩上がりにアップしていきます。

 

ではどのようにして漢字を覚えた方が良いのかコツを紹介していきます。

 

意味を理解しながら漢字を覚える

まずは漢字の意味を理解しながら覚えるのが大切です。

 

漢字の意味や成り立ちを深く理解できればその漢字を使った熟語などの知識も広がり、家事の知識だけではなくて国語力そのものがアップします。

 

そのためにも面倒かもしれませんが漢字辞典で調べる癖をつけておきましょう。

 

部首を意識して漢字を勉強する

また漢字を覚えるコツとしては部首を意識して漢字を学習すると効率的に漢字を覚えることが出来ます。

 

漢字は「へん」、「つくり」、「かんむり」、「たれ」なっど様々な部首で構成されています。

 

例えば「さんずい」の漢字には水に関するものが多いですし、「にんべん」の漢字には人が関わっている漢字が沢山いあります。

 

読めない漢字や書けない漢字があった時に漢字辞典で調べて部首の作りを理解しておくことで単純に漢字を覚えるだけではなくて漢字の奥深さを知ることが出来ます。

 

漢字ドリルの一冊を繰り返し何回も勉強する

また漢字を効率的に覚えるには漢字ドリルの一冊を繰り返して勉強して分からない漢字にチェックをつけておき2回、3回と繰り返すことです。

 

そうすることによって少しずつ語彙力がアップしていきます。

 

まずは一冊をぼろぼろになるまでこなして完全にマスターするまでやりこんで完璧に解けるようになったら次の問題集に取り掛かるようにしましょう。

 

また漢字の書くのが苦手な理由が「漢字が汚いから。」というのもあります。

 

では子供の漢字が汚い人の原因は何なのでしょうか?

 

子供の漢字が汚い原因は?

 

 

字が汚いと学校生活で支障をきたしますよね。

 

例えば字が下手なので自分自身が書いた字が読めなかったり国語だけではなくて算数の計算でも自分の字が読めないとまともに勉強が出来ないですし、勉強するのが嫌になってしまいます。

 

漢字や平仮名がきれいに書けないのは脳の機能の発達障害や知的障害が弱いためだそうです。

 

例えば字を書くときに

・文字の形を正確に思い出す

・書き順を思い出す

・文字を書く位置を確認する

・鉛筆を手で動かす

・書いている途中の文字を見ながら次に書く位置を決める

・文章全体のバランスを考えて書く。

ということが出来る人は字を書くのがきれいなのですが障害によっては上手く字を書くことが出来ずに字が汚くなってしまいます。

 

字が汚い人の特徴

 

また字が汚い人の特徴としては

・バランスよく文字を書く感覚が不足している

・握力や手の筋力が弱いために字が汚くなってしまう。

・極端に不器用なために字をうまく書けない

・字をキレいに書こうという気持ちがない。

ということが挙げられます。

 

漢字を綺麗に書くために家庭でやること

 

では漢字を綺麗に書くために家庭でやることは何が良いのでしょうか?

 

丁寧に字を書かせる

まずは丁寧に字を書かせることです。

 

ゆっくりと丁寧に字を課kせることでまずは字を綺麗に書くことを意識することが出来ます。

 

字が汚い人にとっては字を書くことだけでもストイレ巣になりさっさと書いて終わらせたいという気持ちがあります。

 

そうすると中々字を上手に書くこととが上達しないのでゆっくりと丁寧に書くことを意識して習慣づけるようにしましょう。

 

大きいマス目で練習する

また字が汚い人は大きいマス目で補助線付きのノートで練習することをお勧めします。

 

マス目が大きく補助線がついていると漢字や平仮名のバランスがとりやすくて感覚的にきれいな字を書くことが出来ます。

 

なので字の練習用には大きなマス目のノートを使うようにしましょう。

 

まとめ

 

これまで小学生の漢字の覚え方を紹介してきましたが漢字は効率よく勉強すればすぐに覚えることができます。

 

まずは完璧に漢字を覚えるのではなくて読書をしながらおおざっぱに覚えることを繰り返していると自然と漢字が得意になっていくのでまずは本を読む量を増やすのが一番の効率の良い感じの覚え方になるのでぜひ実践してみてください。

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.