タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

英検準2級を小学生が一発で合格するための超勉強法

投稿日:

小学生から英語が義務教育にはいり、今後グローバルな世界となってくるにあたり、間違いなくこれからは英語が必要不可欠になります。

 

そのために少しずつ小学生の段階から英検準二級を取得するお子さんも増えていくでしょう。

 

英検準二級はポイントを絞った勉強法を何度も何度も行えば間違いなく合格できます。

 

確かに覚える単語数は多いかもしれませんが内容はそこまで難しくありません。

 

しっかりと必要な英単語や熟語を覚えれば短期間で合格することも可能です。

 

今回は英検準二級を小学生のうちから合格するための勉強法やお勧めの参考書を紹介していきます。

 

ぜひ、英検準二級に早いうちから合格するために対策として参考にしてみてください。

 

英検準2級とは

 

まず英検準2級を受ける前に英検準2級とはどんなものか知っておきましょう。

 

英検準2級の取得者は一定レベルの英語力を有していることが証明出来て、履歴書にも記載できるので後々の就職の際にも有利になります。

 

また英検準2級のレベルはどんなものんかというと、高校1年生程度のレベルとされていますが最近では中学生でも英検準2級の取得者は増えてきています。

 

その理由としては近年急速に英語の勉強が中学生、小学生と段々義務化されていっているので、今後小学生の段階で英検準2級の取得者は増えていきます。

 

英検準2級は1年に6月上旬、10月上旬、1月下旬に行われます。

 

1次試験の合格者は英語による面接を中心とした2次試験を受けてそれに合格すると英検準2級の合格となります。

 

もし仮に準2級で不合格となってしまっても、1年間は次回の受験の際に1次試験が免除されるのでまずは1次試験の突破をすることを優先するようにしましょう。

 

英検準2級に合格するための必要なもの

では英検準2級に必要なものは何なのでしょうか?

 

それは、

・語彙力(単語、熟語)

・文法力

・会話表現力

・長文読解力

・リスニング力

・作文力

となっています。

 

特に英検準2級は英検3級と比べて単語の量や熟語を沢山覚えなければいけません。

 

また英検はマークシート形式での出題となるために選択形式で問題を解いていきます。

 

なので、もし選択肢の半分以上が知らない単語の場合は、合格するt前にはかなりの勉強が必要となるのです。

 

あまりにハードルが高いと勉強しても辛いだけになってしまいますので、自分が英検準2級レベルを受けれそうな人は受けるようにしましょう。

 

英検準2級に合格するには基礎力を上げる

 

英検準2級のレベルは高卒中級程度といわれており、高校卒業レベルの英語力が必要といわれていますが、実際には英検準2級は効率的に勉強すれば小学生でも合格することが出来ます。

 

なぜなら難易度の高い問題はそれほど多く出題されないからです。

 

英検準2級の問題は長文読解などのレベルの高い問題でも基本が出来ていれば、簡単に解けるレベルなのです。

 

そのためには基礎力を高めなければいけません。

 

もし万が一、英検3級を受験したことがない人はまずは英検3級に合格してい下さい。

 

英検3級に合格が出来る実力がなければ英検準2級に合格するのは難しくなります。

 

英検準2級に合格したいのに英検3級を受けるとなると遠回りになると感じているかもしれませんがまずは英検3級で基礎力をつけるのが一番の近道です。

 

英検3級に合格して基礎力がつけば難しい問題もしっかりと解けるようになります。

 

では英検準2級の試験内容はどういった内容なのでしょうか?

 

英検準2級の試験内容

 

英検準2級に合格するという事は、日常生活に必須な英語を理解して、使用することが出来るというレベルになるということです。

 

そして英検準2級の合格者は次のようなことが出来るようになります。

 

・読む:簡単な説明文を理解したり、図や表から情報を得ることが出来る

・聞く:日常生活での話題や簡単な説明・支持を理解することが出来る

・話す:日常生活で簡単な用を足したり、興味・関心のあることについて自分の考えを述べることが出来る

・書く:興味・関心のあることについて簡単な文章を書くことが出来る。

 

となっています。

 

そのために英検準2級には一次試験(筆記・リスニング)と二次試験(面接)があります。

 

英検準2級の1次試験

 

一次試験では筆記試験とリスニングテストの2部構成となっており、筆記試験は75分間でリーディングやライティングをテストします。

 

次にリスニングテストが約25分間あり、筆記試験に続いて解答していきます。

 

解答形式は英作文のみの記述式であり、それ以外はマーク式になります。

 

問題は構成はこのようになっていきます。

 

筆記試験

測定技能 問題番号 問題形式 詳細 設問数
リーディング 1 短文の語句

空所補充

短文または会話文の空欄に文脈にあう適切な語句を入れる。 20
リーディング 2 会話文の文

空所補充

会話文の空欄に適切な文や語句を入れる。 5
リーディング 3 長文の語句

空所補充

長文の空欄に文脈にあう適切な語句を入れる。 5
リーディング 4 短長の内容

一致選択

長文の内容に関する質問に答える。 7
ライティング 5 英作文 質問に対する回答を英文で書く。  

1

リスニングテスト

測定技能 問題番号 問題形式 詳細 設問数
リスニング 第1部 会話の応答文の選択 会話の最後の発話に対する応答として最も適切なものを補う。

(放送回数1回)

10
リスニング 第2部 会話の内容

一致選択

会話の内容に関する質問に答える。

(放送回数1回)

10
リスニング 第3部 文の内容

一致選択

短いパッケージの内容に関する質問に答える。(放送回数1回) 10

英検準2級の問題のジャンルでは学校や趣味、旅行、買い物やスポーツ、映画、音楽、食事や天気、道案内、海外の文化や人物紹介、歴史や教育、科学、自然や環境などに関する話題が出題されます。

 

英検準2級の2次試験

二次試験は面接形式のスピーキングテストになります。

 

日本人あるいはネイティブスピーカーの面接委員と1対1で会話します。(約6分)

 

出題される問題はこういった形のものになります。

 

測定技能 問題番号 問題形式 詳細
スピーキング No.1 パッセージについての質問 音読したパッセージの内容についての質問に答える
スピーキング No.2 イラストについての質問 イラスト中の人物の行動を描写する
スピーキング No.3 イラストについての質問 イラスト中の人物の状況を説明する
スピーキング No.4 受験者自身の意見など カードのトピックに関連した内容についての質問に答える
スピーキング No.5 受験者自身の意見など 日常生活の身近な事柄についての質問に答ええる。

 

英検準二級の合格点や合格率は?

では英検準2級の合格点や合格率はどのくらいなのでしょうか?

 

日本英語検定協会によれば各技能6割程度の正答率の受験者の多くがごうかくしたとされており、今後も6割程度の正答率が合格ラインだと予測されています。

 

ただし英作文問題は筆記試験の中で1問しかありませんが、ライティングとして600点満点で評価されます。

 

なのでリーディングやリスニングで満点を取ったとしてもライティングが0点であれば、合格基準スコアに届きません。

 

つまり日ごろからの英語の技能である、読む、書く、聞く、話すのバランスを高めておかないと英検準2級を合格するのは難しいのです。

 

では小学生が英検準2級に合格するためにはどうしていけば良いのでしょうか?

 

小学生が英検準二級に受かるための勉強法

 

 

何度も話しているのでしつこく感じてしまうかもしれませんが、十分な時間と努力は多少必要ですがしっかりと効率的に英語を勉強していけば小学生でも確実に英検準2級を取得することが出来ます。

 

ではどのようにして効率的に勉強していけば良いのかご紹介していきます。

 

英検3級の熟練度を上げる

まずは英検3級の熟練度を上げることです。

 

小学生や中学生にとって見たことや聞いたことがない文法や単語が英検準2級には大量に出題されます。

 

そのためにはまずは単語と熟語を覚える量を増やさなければいけません。

 

なのでまずは基礎的な語彙力を毎日寝る前に少しずつ覚えて記憶している語彙数の幅を広げていきましょう。

 

単語・熟語を練る間に毎日暗記する

先ほども話した良いうに英検準2級レベルでは教育や化学などの専門レベルでの長文読解も中にはあります。

 

なので覚える単語や熟語もい多く、単語を知っているか知らないだけで得点差が開いてしまうのはあまりにもったいないことです。

 

なのでまずはひたすら単語と熟語を暗記するようにしましょう。

 

また英単語や熟語を記憶するには寝る前に毎日行うのがお勧めです。

 

人の記憶は眠っている間に整理されて寝る前に覚えたことは朝になっても思い出せる可能性が非常に高いです。

 

なので眠る前には暗記系の勉強を取り入れるのが一番効率よく記憶に定着させることが出来る方法なのです。

 

参考書は数冊あれば十分!何度も同じ参考書を復習する

今では高校生だけではなくて、中学生、小学生も英語を勉強しているので書店に行くと英検対策の本から英会話、TOEICなど様々な書籍や問題集が並んでいます。

 

英語だけではなくて国語も算数も理科、社会も同じですがどれか一つの参考書を買ってすぐに違う参考書に手を出す人が中にはいますがこれは完全にアウトです。

 

学習効率が下がってしまい、合格から遠のいてしまう一番まずい方法です。

 

英検準2級の内容を総合的に書かれている参考書や問題集が1冊あればそれを何回も、何回も繰り返すことによって、基礎力が上がっていきます。、

 

なので冊子が擦り切れるまで1冊を使い切るように何度も何度も復習するようにしましょう。

 

具体的な英検準二級を受かるためのテクニックを紹介

 

 

基本的な英検準2級の勉強方法が分かったところで、もう少し具体的なテクニックの方法を見ていきましょう。

 

英検準2級に受かるための土台となるのは間違いなく、英検3級の基礎知識であり、単語を見てある程度の意味が分かっていれば、答えを導けるはずです。

 

なので英検3級の徹底復習、語彙力をアップ、1冊の参考書をとことんやりこむということを徹底しましょう。

 

では具体的な勉強方法やテクニック、参考書や問題集を見ていきましょう。

 

語彙対策

まず語彙力対策です。

 

語彙力対策におすすめなのが、でる順パス単英検準2級です。

 

この参考書で時間がある人はでる度Cまできっちりやっておくと英検準2級を受けるための基盤が整ってきます。

 

また時間がない人はでる度Bまでやっておけば、とりあえず英検準2級を合格可能レベルまでの語彙力にすることが出来ます。

 

会話文対策

そして次は会話文対策です。

 

本音を言ってしまえばこの部分は対策は不要であり、リスニング形式の問題でこういった会話文の問題が出題されるので会話形式の問題に慣れておくことが大事になってきます。

 

もし第2問が中々解けずに不安になっている人もあリスニング対策をやって余裕があればこの会話文形式に手を付けて正答率を高めるようにしましょう。

 

長文読解対策

次は長文読解対策です。

 

長文読解は少し固い化学技術の内容であったり、Eメールの長文読解であったり、幅広い分野の英文が問題として出てきます。

 

ただし語彙レベルは意外に基本的なレベルであり、正確に読んでいけばつまずくところはありません。

 

ですがある程度の内容を把握するために「なんとなく読んでいるような読み方」だけだとどうしても正解率は安定しないので例文を何度も復習してテンプレートを覚えてしまいましょう。

 

つまり英文解釈ということです。

 

英文解釈と聞くと難しく感じてしまいますが、基礎的な例文のテンプレートをいくつか覚えておけば文法を応用しただけとなるので大して難しくありません。

 

なのでまずは基礎力として文法書の例文を正確に訳すことが出来るようになりましょう。

 

後はライティング形式になれればいいだけなので文法の勉強の際に例文を見たり、書いたりして、ライティングの基礎を身に着けておきましょう。

 

英作文の対策におすすめの参考書は

「大岩のいちばんはじめの英文法」です。

 

この本はとにかくわかりやすく書かれており、この本に書かれているある程度の英文法を理解することが出来れば、ある程度、正確に英語を読むことが出来るようになります。

 

英文法が苦手な人にはぜひおすすめの参考書なのでぜひ読んでみてください。

 

また長文読解におすすめの参考書は「全レベル別問題集英語長文①」です。

 

この本はとにかく長文読解の際の解説が詳しく書いてあり、何となく読んでいる人はこの本で一文、一文正確に読めているのか確認しながら読むようにしましょう。

 

また「スピード英語長文②」も同じように詳しく長文読解の内容が書いてあります。

 

またリピーティングという訓練もあるので、リスニング対策もこの1冊で完了します。

 

英作文対策

そして次はライティング対策の英作文です。

 

ライティングの基礎はまずは簡単な例文を書くことが出来る基礎力が必要になってきます。

 

続いて英作文対策です。

 

これはライティング対策であり、日本語から英語に直す訓練を毎日すれば英語を書くことに慣れていきます。

 

自分の言いたいことを自由に英語で表現をするためにはまずは簡単な例文を書くことが出来るようにならなければいけません。

 

基礎力をベースにしてある程度決まったパターンで回答すればカンタンに合格点を獲ることが出来ます。

 

なので自分の英語力の書ける範囲の英語で求められていることが書ければ合格点を獲ることなんてカンタンにとることが出来るのです。

 

リスニング対策

では最後にリスニング対策です。

 

リスニング対策は1文1文をきっちりと読んで自分が分からない語彙をなくしていきましょう。

 

文章がある程度スラスラと正確に読むためにはCDを使って練習するのがお勧めです。

 

ここでリスニングのコツを紹介していきます。

 

★リスニングのコツ

・語彙、文構造が完璧にわかるものを使う

・リーディング用の教材でも十分に伸びる

・高速で音読できるまで1つをひたすら繰り返す

・1ページとか2ページ全ての英文を繰り返すのではなくて細切れにする

・語彙はできるだけ簡単なものを使う

 

というのがリスニングのコツなのでぜひ実践してみましょう。

 

試験当日のための試験対策

 

試験当日のための試験対策として最後の1ヶ月は時間を意識して勉強するようにしましょう。

 

英検準2級の受講者の中で一番多かったのが「時間が足りなかった」という言葉です。

 

暗記や文法の理解に一生懸命になっていると一問解くのに何分かかているかを意識しにくくなります。

 

そのために勉強期間の最後の1ヶ月はストップウォッチを使って制限時間を意識して解く訓練をするようにしましょう。

 

一次試験対策(筆記・リスニング)

まず一次試験対策として問題集を一周し、間違った問題の横に星でもレ点でもなんでも良いので印をつけて間違った問題をもう一度繰り返します。

 

その中でわからない単語や表現が出てきたらその都度覚えるようにしましょう。

 

また最初の文章問題は出るパターンも決まっているので間違った問題を全問正解まで解きなおすようにしましょう。

 

リスニング問題は間違った所を何度も聞きなおして聞き取れるようにしましょう。

 

もしかしたら長文問題は1回目はわからない単語も多くて文章量も多いので全く分からなくて心が折れそうになるかもしれません。

 

ですが英検準2級に合格をしたいのであれば長文攻略は必要不可欠になります。

 

なので間違った問題を何度もやり直して、一問一問長文がスラスラと読めるまで何度も繰り返すようにしましょう。

 

二次試験対策(面接)

二次試験対策としては何度も過去問の問題を復習することだけを徹底しましょう。

 

過去問を何度もやっていけばある程度の答えがテンプレートになっていることが分かると思います。

 

なので体が覚えるまでしっかりと練習して本番で緊張しないように慣れておきましょう。

 

まとめ

 

英検準二級はもっているだけで自信がつくだけではなく、きっと英語を読める楽しさを実感して英語自体が好きになります。

 

確かに覚える量は多いですし、英検3級に比べれ難易度が上がっていますが参考書を遣えば誰でも効率的に勉強することが出来ます。

 

シンプルですが参考書と問題集を何回も何回も反復するのが英検準二級を受かるための近道なので徹底的に反復練習をするのを忘れずに着実に時間をかけて覚えれば小学生でも英検準二級は合格します。

 

英検準二級に合格して英語を好きになると今後就職先や中学受験、高校受験にも有利になってくるので出来れば小学生のうちから英検準二級は取得するようにしましょう。

-未分類
-,

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.