タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

小学生が勉強嫌いになってしまう原因と克服方法を解説

投稿日:

「うちの子どもは勉強嫌いでテストの点数が悪い!」、「勉強するのを嫌がり、机に向かおうとしない。」など小学生のお子さんで勉強が習慣化していないとお子さんの勉強の悩みが出てきてしまうと思います。

 

ではなぜお子さんは勉強嫌いになってしまうのでしょうか?

 

今回はお子さんが勉強嫌いなっている原因と克服方法を紹介していきます。

 

小学生が勉強嫌いになってしまう原因

 

 

勉強嫌いにさせないためにはお子さんが勉強嫌いになっている根本的な原因を解決する必要があります。

 

では何が原因で子供が勉強嫌いになってしまうのでしょうか?

 

早速見ていきましょう。

 

勉強につまづいて分からなくなってしまう

まずは勉強につまづいて中々解決できずに勉強嫌いになってしまうのが原因です。

 

例をあげると算数であれば最初の足し算や引き算はわかるけれど掛け算、割り算が分からないなど少しつまづくと何を習っても理解できないために算数嫌いになってしまうのです。

 

そしてテストが出来ずに親御さんに怒られて嫌な気持ちになり、勉強するのがどんどんと嫌になっていき、勉強嫌いになっていきます。

 

こういったタイプの勉強嫌いを解決させるためには子供がテストで点数が悪くても叱らずにどこでつまづいたのか一緒に解決させてあげる方が大事になっていきます。

 

そうすることによって今まではわからなかったことが分かるようになったり、出来なかったことが出来るようになります。

 

そして子供が出来るようになったら褒めてあげることが大事になります。

 

それによって自信につながり、子供が勉強を好きになるきっかけを作ることが出来ます。

 

勉強に必要性や興味を感じられない

また勉強する必要性や興味がないとどうしても「何のために勉強しているの?」と思ってしまうので勉強が退屈な作業になってしまいます。

 

それによって子供が勉強嫌いになっていくのです。

 

なので親御さんんは子供がこのタイプの勉強嫌いにならないために勉強する必要性や勉強に対して興味を持たせる必要があります。

 

例えば「将来的にやりたいことや就きたい職業が出来たときに勉強が出来ないからという理由でその夢を諦めなくて済むようにするために勉強する。」という事をしっかりと子供に分かりやすく伝えることが大事になってきます。

 

勉強を強制されて窮屈に感じてしまっている

また親御さんが子供に「勉強しなさい!」と言い過ぎているようであれば子供が勉強することに対してストレスに感じてしまっている可能性もあります。

 

どうしても人に強制されるとストレスとなり、楽しいことでも楽しくなくなったり、これからやろうとしていることでもやりたくなくなってきてしまいます。

 

こういった勉強を強制されて窮屈に感じているタイプを解決するためには親御さんが子供に勉強させることを強制させずに子供が自分から進んで勉強できるような環境を整えてあげることが大事になってきます。

 

もし今までは「勉強しなさい!」と叱っていたのなら「一緒に勉強しよう!」と子供を誘って一緒に勉強する習慣を身につけましょう。

 

子供の学習意欲を妨げる親のNGな行動は?

もしお子さんが勉強嫌いなのは逆に親御さんがお子さんに勉強するのが熱心すぎるあまり、NGな行動をしている可能性があります。

 

では親御さんが陥りがちなNGな行動とは何なのでしょうか?

 

親が勝手に学習計画を立てる

まずは親御さんが勝手に学習計画を立てることです。

 

「今日はこれをやりましょう。」、「今週はここまでクリアしよう。」と親の方で勝手に計画を立ててしまうとどうしても勉強を強制させられ、受け身でお子さんは勉強するようになります。

 

出し字なのはお子さんが「今は何の勉強をしたいのか?」ということを尊重させてあげることです。

 

例えば「今日は勉強の気分が乗らないからまずは好きな教科から勉強する。」、「テストの成績でここが悪かったからこの弱点を克服する。」と子供の意見を尊重させてあげましょう。

 

勉強を好きになれば勝手にお子さんは勉強して育っていきます。

 

なのでまずは勉強を好きにさせてあげて好きな教科を勉強させ、勉強の自信をつけてあげましょう。

 

飽きっぽさを否定する

また親御さんの中で「1つの教科をじっくりと勉強する。」、「最後まで集中して勉強させる。」と押し付けがちですがこれは実はよくありません。

 

極端に落ち着きのない性格の場合は別として実は知能が高いほど「飽きっぽい」のが特徴なのです。

 

例えば学校から出た宿題はやるけれどその他の学習は飽きたら他の教科をやるでも全然大丈夫です。

 

なぜなら飽きた教科を延々と無理やりやらされると良い記憶ではなくて強要されている悪い記憶が植え付けられて勉強が嫌いになってしまいます。

 

子供の飽きっぽさは実はお子さんが親御さんよりも頭の回転が速いというサインの可能性が高いのです。

 

なのでまずは子供の意見を尊重して勉強させるようにしましょう。

 

「勉強しなさい」と命令する

そして最もNGな親御さんの行動が「勉強しなさい」と命令することです。

 

小学生の勉強で最も大事なのがお子さんが自ら勉強することです。

 

そのためにも親がまずは向上心を見せて親自身が勉強するようにしましょう。

 

「どうして私が勉強しなくちゃいけないの?」と思うかもしれませんがお子さんは親の後姿を見て育ちます。

 

つまり親御さんが資格の勉強や料理の勉強、家計管理の勉強を学ぼうとするとお子さんも勉強するのが当たり前と自覚して自分から勉強するようします。

 

なので「勉強しなさい」と怒らなくても自然と自分から「そろそろ勉強するかな。」と思い、自ら勉強するようになります。

 

遊んであげずに人に任せて子育てを放置する

またお子さんと遊んであげずに人任せにしていると子供の学習意欲にとても影響してきます。

 

大事なのは子供に接する時間の長さではなくて子供に接する時間の質なのです。

 

例えば学習塾の先生に頼りすぎて「自分がお子さんに教えることは何もない。」と思うのではなくて一緒に遊んで遊びの中で生きていくために必要なことを教えてあげてください。

 

例えばトランプやボードゲームなどで論理的に考えて遊ばせたりするとお子さんの能力を総合的に向上させることが出来ます。

 

なのでしっかりと親御さんも人任せにするのではなくてしっかりとお子さんと遊びや勉強でコミュニケーションをとるようにしましょう。

 

勉強嫌いな小学生が毎日楽しく勉強できる家庭学習方法

 

では勉強嫌いな小学生が毎日楽しく勉強できる家庭学習方法は何なのでしょうか?

 

それぞれおすすめの家庭学習方法を見ていきましょう。

 

勉強に楽しいを求める

まず勉強するのに大事なのが勉強に楽しいを求めることです。

 

勉強が楽しいと子供は自分から勉強するようになります。

 

ですが反対に勉強に楽しさを見いだせていないと自分から勉強しようと離れません。

 

例えば学習塾の先生や親、学校の先生から無理やり勉強させるように言われても受け身で勉強するので集中することもできずに何の意味もありません。

 

ですが勉強が楽しければ自分で勉強しようという意欲が湧いてきて自分で学習計画を立てたり、何が自分は苦手なのかと自分から考えるようになります。

 

そして毎日勉強することが当たり前になり、家庭学習の習慣が身に付きます。

 

楽しく勉強ができるようになるとテレビやゲーム、漫画を読んでいるように勉強することが夢中になってしっかりと勉強した内容が知識として定着していきます。

 

では勉強を楽しくするためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

これから勉強を楽しくする秘訣を紹介していきます。

 

★勉強を楽しくする秘訣

・親が子供と一緒に勉強してあげる

・勉強するときのやり方を楽しく行う

・勉強自体の中身を楽しくする

・子供が容易にこなせる難しさのレベルで勉強する

などがあります。

 

親が子供と一緒に勉強するように誘う

親がお子さんに言ってはいけないキーワードは「宿題しなさい」、「勉強しなさい。」という命令形のワードです。

 

これらは絶対にお子さんに言ってはいけないキーワードであり、お子さんのやる気をなくして逆効果になってしまいます。

 

では逆にお子さんにかけてあげる言葉は何なのでしょうか?

 

それは「一緒に勉強しよう。」とお子さんを勉強するのに誘うことです。

 

小学校に入学する前は親は子供と一緒にいろいろとサポートしてあげたと思います。

 

例えば一緒に公園で遊んであげたり、ご飯を作ってあげたり、絵本を読んであげたり親は子供のために一緒にいろいろとやっていたと思います。

 

ですが子供が大きくなっていき自分でいろいろなことが出来るようになると親の手も子供にかからなくなっていき、どうしても一人で勉強もできてしまうと思ってしまいます。

 

ですがお子さんは小学生になっても親のサポートを強く求めています。

 

なので小学校低学年である1年生、2年生のうちはまだまだお子さんにべったりとついてあげて一緒に勉強をさせてあげるようにしましょう。

 

中学年になっても見放すことなく実際にしっかりとお子さんが勉強できているのか、躓いている所はないのか気にかけてあげるようにしましょう。

 

勉強は短時間集中が基本

小学生のうちはどうしても長時間集中することが出来ません。

 

なので勉強する時間も短時間で集中して勉強させてあげることが大事になってきます。

 

例えば1つの勉強に5分や10分、長くても15分に縮めて短時間集中して勉強させるようにしましょう。

 

また宿題が沢山あって多くの問題をこなさなければいけない場合は制限時間をつけてメリハリをつけた勉強を意識するようにしましょう。

 

そのためにはキッチンタイマーやスマホのタイマー機能を利用して決められた時間になったら勉強を止めるようにします。

 

またこの方法は毎日取り組み日々のタイムを計測して「昨日よりも何秒速くなった。」など自分自身の成長をタイムによって数値化することでより実感することが出来ます。

 

小学校低学年で勉強嫌いを克服するカギは親のサポート

 

では次に小学校低学年、小学校高学年と分けて勉強嫌いを克服する方法を紹介していきます。

 

まずは小学校低学年です。

 

小学校低学年で勉強嫌いを克服するカギは親のサポートにあります。

 

一緒にサポートして勉強会とりあえず勉強するように仕向ける

もしかしたら「小学校に上がってしまえば子供は勝手に宿題をするものだ。」と思って宿題などの確認は一切せずに子供に任せていたらそれは危険です。

 

もしお子さんが宿題をしていたとしてもずる賢く完全に手抜きモードで答えを丸写ししている可能性もあります。

 

小学校低学年から親御さんがお子さんに勉強に対してノータッチだとその後に軌道修正するのがとても大変になってきます。

 

なので小学校低学年のうちはしっかりと親御さんがサポートしてあげるようにしましょう。

 

一定時間やったら終わりにする

また小学校低学年だと集中する時間を長く保つことは出来ないので無理に長時間勉強させるのではなくて一定の時間になったら終わりにするようにしましょう。

 

無理に長時間勉強するとどうしても集中力が低下してパフォーマンスも落ちてきてしまいます。

 

中学受験を目指して難関大学を目指すという意欲があるのであれば長時間勉強する習慣を作るのも良いかもしれませんが小学校低学年のうちはお勧めできません。

 

なので無理なく楽しく勉強できる環境を作ってあげることが大事なのです。

 

詰め込むだけの勉強はやめて理解する、工夫する

また無理やりおわらせようと詰込み勉強も知識の定着化に非効率な勉強になるのでお勧めできません。

 

しっかりと問題の内容を理解し、問題を丸暗記して答えを覚えるのではなくて理解するように考えて勉強するようにしましょう。

 

理解して学んでいるのと丸暗記して学んでいるのでは理解力、応用力が全く違ってきます。

 

小学校低学年で大事なのは無理やり詰込み勉強するのではなくて楽しく勉強に興味を持って学んでいくことなのを意識していきましょう。

 

小学校中学年以降の軌道修正方法

 

また小学校中学年である3年生、4年生で必要なのはより幅広い知識をつけることです。

 

なのでわからない所やつまづいているところ、苦手な分野はしっかりと軌道修正して克服することが大事になってきます。

 

また小学校低学年まで宿題のサポートをしてきた親御さんは中学年からは離れた感じで見守りながらチェックしていきましょう。

 

宿題と家庭学習の習慣を徹底する

そして小学校中学年からは無理やり家庭学習をさせるのではなくて最低限として学校の宿題を毎日取り組むような習慣をつけるのが大事になってきます。

 

10歳を超えてくると一人で色々な事が出来るようになり、幅広い知識がついてきます。

 

なので勉強に意欲的に向き合えるような環境を作ってあげるのが大切です。

 

通信教材をこなす

それでも勉強しない子供は通信教材を使うことをお勧めします。

 

通信教材でもいろいろなものがありますが本格的ではなくてまずは勉強に興味を持たせるための進研ゼミやスマイルゼミなどがお勧めでしょう。

 

またゲーム好きなことはタブレット端末で勉強することが出来るスタディアプリがおすすめです。

 

無理なく勉強できるのでいつの間にか「勉強することが楽しい。」と思えてきて自分から勉強するようになっていきます。

 

まとめ

 

これまで小学生で勉強嫌いな子供の原因や克服方法をご紹介してきましたが小学生の勉強で興味を持たせるためには親の関心と環境が整えればスムーズに勉強に集中することが出来ます。

 

勉強しない子供はまずは復習を徹底させて「自分で勉強ができる。」という自信をつけさせてあげるようにしましょう。

 

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.