タブレット教材の比較や学習方法について紹介していきます。

タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証

未分類

勉強嫌いでも楽しく勉強できる小学生におすすめの勉強法

投稿日:

「周りの子供と比べてうちの子供は成績が悪い。」、「どのようなしつけをすればテストの成績は上がるの?」と悩んでいませんか?

 

勉強はただ長時間がむしゃらに勉強すればテスト成績が身に付きません。

 

非効率な勉強方法はただ時間を無駄にしているだけです。

 

「じゃあどうしたら短時間で効率的に勉強できるの?」、「どのように勉強したらうちの子供は頭が良くなるの?」と悩まれている方に小学生におすすめの勉強方法を紹介していきます。

 

小学生の中で学習塾に通わなくても良い子はどんな子?

 

 

成績が悪ければ学習塾に行った方がよく、成績が良ければ学習塾が必要ないと思っている親御さんが沢山います。

 

ですが単純に成績の良し悪しで学習塾に通わせるのか、通わせないのかを決めるのはお勧めできません。

 

なぜなら「どうしたら成績が上がるのか?」というのが学習塾に通わわせることによって根本な解決にならないからです。

 

まずは学習塾に行った方が良いお子さんと学習塾に行かなくても良いお子さんの違いを見ていきましょう。

 

学習塾に行かなくてもいい子ってどんな子供?

今では様々な学習塾のスタイルがあり、学習塾に通う目的も異なってきます。

 

例えば「学校の授業でもっと点数を取って難関中学を目指すから。」とさらに上を目指して学習塾に通うお子さんもいれば、「授業についていけないので平均点を取れるようにするために学習塾に通わせる。」という方もいます。

 

ただ小学生、中学生、高校生とお子さんが育って行く度にお金がかかる親御さんにとって「出来れば学習塾に通うことなく成績を上げてくれる方がうれしい。」と思っている方も多いでしょう。

 

ではどんなお子さんであれば学習塾に通う必要が無く、学習塾に行った方が良いお子さんはどんな特徴があるのでしょうか?

 

学校の授業についていけない時は学習塾に通う?

まず学習塾に行った方が良いお子さんはどうしても勉強の習慣化が出来ずに学校のテストの点数で80点以上が取れないというのが目立ってきたら学習塾を検討したほうが良いかもしれません。

 

自分で毎日勉強して授業を理解しようとするとどうしてもかなりの労力と、何を勉強するべきなのかという判断など色々なことを考えなければいけなくなります。

 

そしてすでに学校の授業についていけていない状態なのでその状態を自分で解消することが必要となってきます。

 

自分で解決策が見つかれば大丈夫ですがどうしても躓いている分野を克服できないのであれば学習塾に通うべきでしょう。

 

なぜなら学習塾の講師たちは勉強を教えるためのプロフェッショナルだからです。

 

学習塾の実績はどれだけ難関中学に活かしたことが実績になり、その対価としてお金をもらっています。

 

なので教え方やテストの点数の上げ方をより詳しく教えることが出来ますし、躓いている部分も解消することが出来ます。

 

学習塾に通わなくても良い子はどんな子?

学習塾に通わなければ良いお子さんは家庭学習の習慣化がしっかりと出来ているお子さんです。

 

また学校の内容がきちんと理解できていて自分の苦手な分野を知っており、克服するために行動できるお子さんも学習塾に行かせる必要もないでしょう。

 

なぜなら大事なのは学習塾に通うことではなくて自分で問題を解決できることだからです。

 

自分で問題を理解できて解決できるのであればテストの点数が悪くても学習塾に通わせる必要性はありません。

 

それよりも自分で問題解決できる環境、勉強ができる環境を整えてあげることが大事なのです。

 

逆にそういったお子さんを学校のテストの点数が悪いからと言って学習塾に通わせてしまうと学習塾の講師と合わずに勉強嫌いになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

学習塾に行かなくても成績の良い子の特徴

 

 

ではもっと学習塾に行かなくても成績が良い子の特徴を具体的に見ていきましょう。

 

基礎学力がしっかりとしている

まずは基礎額旅行がしっかりしていることです。

 

当たり前のことになってしまいますが、学校の授業がついていけないお子さんにはこれが低い可能性が高いです。

 

なのでもし九九や漢字など基礎学力がそもそも身についていないのであれば何度も復習してまずは基礎学力を身に着ける必要があります。

 

学習塾に通わなくても基礎学力がしっかりと身についているお子さんであれば学校の授業についていけることが出来ますし、基礎学力が身についているので応用問題にも対応することが出来ます。

 

自分独自の勉強の仕方が確立している

また勉強ができるお子さんというのは自分がやりやすい勉強の方法をしっかりと理解しています。

 

テストの点数が悪いお子さんというのは自分の苦手な分野やそもそもどのようにして勉強すれば良いのかが分かりません。

 

ですがしっかりと苦手分野が分かっており、自分がやるべきことが分かっている場合は効率的に質の高い勉強をすることが出来ます。

 

なので家庭学習やその応用としての通信教材で十分に対応をすることが出来るんですね。

 

集中力を自分でコントロールできる

学習能力が高いお子さんの特徴として集中力が高いというものがあります。

 

また集中する時間がたとえ短くても自分がどのようにすれば集中するのかをしっかりとわかっているんですね。

 

なので集中力が持たなければ無理に勉強することなく休憩し、後からまた集中するようにしています。

 

なのでダラダラと質の悪い勉強を続けることが出来ないんですね。

 

親がサポートしている

そして小学生の勉強には親のサポートがしっかりとしています。

 

小学生であればどうしても1人で解決できる部分が少なくなります。

 

確かに幼少期と比べれば大分一人でできることが増えてきて親の手も離れて労力が少なくなると思うかもしれませんがまだまだ親のサポートが必要です。

 

もし勉強に集中することが出来ていなければ一緒に勉強するようにお子さんを誘ってあげてください。

 

そうすることで勉強の習慣化が出来てきます。

 

もしお子さんが問題につまづいているのであればめんどくさがらずに答えをいきなり教えるのではなくてお子さんと一緒に問題を解いてあげてください。

 

親がお子さんに愛情をもって育てれば育てるほど子供のしっかりとすくすくと成長していき、親御さんの頑張りに必ず答えてくれます。

 

もし答えることが出来なくても大人になってから必ずあなたの努力を理解してくれる世になります。

 

なのでめんどくさがらずにしっかりとサポートをしてあげるようにしましょう。

 

計画を立てるのが上手い

学習塾に行かなくても良いお子さんというのは自分で計画をしっかりと立てて、計画を立てるだけではなく、実行できるお子さんが多いです。

 

「今日はどこまで勉強すれば良いのか?」、「何が苦手で何時にどのように勉強しようか。」と頭の中であったり、ノートに書いたりしてしっかりと計画を立てて実行できるお子さんであれば学習塾に活かせる必要は全くありません。

 

では最低限は学んでおかなければいけないのは何でしょうか?

 

学年別にまとめていきます。

 

小学校低学年の勉強法は?入学前にひらがなを、2年生になる前に九九を覚えさせる

 

 

小学校低学年のお子さんであれば好奇心旺盛で新しいことを覚えるのが大好きなお子さんがほとんどでしょう。

 

なので入学前に勉強に興味をもたせて予習をさせておくのがお勧めです。

 

ただし注意しなければいけないのが低学年のうちに予習ばかりをしていると知っていることばかりで授業妨害してしまう可能性も十分に考えられます。

 

「その問題はもう家でやった!知ってるからつまらない!」などと授業を受けるのを放棄してしまう可能性もあるので予習をしておくのはもう少し自我が発達してからで良いでしょう。

 

なので予習は2割程度に抑えておいて残りは復習させることをしましょう。

 

例えばひらがなと九九だけを何回も練習させて早めに暗記させてあげれば今後、計算問題や国語の問題でつまづなかくて済みます。

 

一年生の授業はまず勉強に慣れること、学校に慣れることを目標にしているので授業のペースも遅いです。

 

なのでその間にしっかりとひらがなと九九は覚えておくようにしましょう。

 

小学1年生はどこでつまずく?

 

では小学1年生ではどのような点でつまづくようになるのでしょうか?

 

小学1年生であれば単純な計算問題がほとんどです。

 

ですが算数の繰上りや繰り下がりの問題やひらがな漢字で中には躓くお子さんもいらっしゃいます。

 

なのでドリルなので復習して間違えたところはその日に克服しておくようにしましょう。

 

小学2年生はどこでつまずく?

 

小学2年生からは掛け算や割り算の問題が出てきます。

 

なので九九が出来なければテストの点数で良い点を取ることが出来ません。

 

なので必ず九九は正確に暗記するようにしましょう。

 

また文章問題を理解することが難しくて簡単な問題なのにもかかわらず間違えてしまうお子さんもいます。

 

これは文章の読解力が低下している可能性が高いので読書をさせて漢字力や読解力をきたせるようにしましょう。

 

小学校中学年の勉強方法は幅広い学習を意識する

 

小学校中学年になってくると低学年よりは一人でできることが増えていき、幅広い分野を学習することになります。

 

それによっては辞書で調べたり、図鑑を使ったり、図書館を利用したりするケースも増えてくるかもしれません。

 

なのでこの時期の親御さんのスタイルとしてはお子さんに支持をするのではなくて静かにお子さんの成長を見守ってあげることが大事なのです。

 

そのために学校の授業だけではなくて休日を利用してお子さんと一緒に博物館などを訪れたり、家庭菜園に取り組んだり、生き物を育ててみるなど実際に色々な事を体験するようにしましょう。

 

また中学年の時期に早めに覚えておいた方が良いのが日本の歴史や各都道府県の場所です。

 

これは日本地図をみたり、歴史が分かりやすく書いてある漫画などを図書館などで借りてきてみることをおすすめします。

 

実は楽しく読んでいるつもりが多くの知識をそこで吸収しているからです。

 

では中学年時のつまづくポイントとはどのような所なのでしょうか?

 

小学3年生のつまずきポイントを解説

まず小学3年生のつまずくポイントとしては割り算や少数、分数などの計算問題です。

 

今まででは簡単な割り算や掛け算でしたが少数や分数などが入ることによって少し複雑な計算問題となります。

 

なのでこれもつまずいたポイントを何回も計算ドリルなどを使って反復練習をすることをお勧めします。

 

また日常生活でも計算問題は買い物や家計簿の計算などで学ぶことがあるのでお子さんの計算力を上げるためのトレーニングとして問題を出して計算させてあげるもおすすめです。

 

それによって日常生活を送るときに自分で計算するのが当たり前になり計算力が上がっていきます。

 

小学校4年生のつまずきポイントを解説

小学4年生のつまずくポイントとしては四捨五入などさらに複雑な計算問題となってきます。

 

小学4年生からは国語、算数、理科、社会など全ての教科の問題のレベルが上がります。

 

なので問題集を購入したり、通信教材を購入し、親子で一緒に勉強し、お子さんが苦手な分野は親御さんがサポートしてあげて克服していきましょう。

 

小学校高学年の勉強は不得意科目を減らすことが大切

 

 

では小学校高学年の勉強方法はどのような方法が良いのでしょうか?

 

小学校高学年は中学校進学を控える前の重要な時期となります。

 

ここで中学受験してよりレベルの高い難関中学に通うのか今後の人生を考えながら勉強に向き合わなければいけません。

 

高学年になってくると英語の教科が取り入れられます。

 

中学から本格的に英語の授業が始まるのでその前に英語の勉強を少しずつしていき、リスニング、ライティング、リーディングに慣れていくことが必要となってきます。

 

では小学5年生、6年生のつまずきポイントとはどこでしょうか?

 

小学5年生のつまずきポイントを解説

まず小学5年生のつまずきポイントとしては掛け算や割り算の応用問題です。

 

特に小数点や面積を求める問題がつまずくおこさんが多いです。

 

なので中学年で苦手だった分野は何度も復習して克服し、問題集などをやって中学進学になるべく苦手分野を克服しておきましょう。

 

小学校6年生のつまずきポイントを解説

小学校6年生になってくると図形の問題や立体の体積を求める問題などが出てきます。

 

これは単純に計算力だけでは解くことが出来ず、空間把握能力や文章読解力も必要となります。

 

なのでそういった場合も問題集で苦手な体積の問題などを何度もやり込んでしっかりと克服していきましょう。

 

小学生の勉強法で何よりも大事なのが楽しく勉強できるかどうかです。

 

楽しく勉強することが出来れば自然とノートや問題集を開いて自分で勝手に勉強し始めるからです。

 

ではのどようにしてお子さんの勉強のやる気を上げていけば良いのでしょうか?

 

楽しく勉強できる小学生におすすめの勉強法

 

 

勉強をするということは小学校、中学、高校、大学だけだと思っていませんか?

 

そうではありません。

 

生きている人生の中で勉強することはずっとついてきます。

 

例えば料理の勉強、資格の勉強、子育ての勉強などお子さんだけではなく実は親御さんも様々なことを勉強する機会があるでしょう。

 

では一体、勉強とは何なのでしょうか?

 

勉強とは集中するトレーニングのことであり、集中せずにダラダラと時間ばかりかけてしまう方法は質の低い勉強方法です。

 

もしかしたらそれは勉強とは呼べないかもしれません。

 

勉強とはある一定の時間の中で知識を身に着ける方法だからです。

 

なのでどのようにすれば効率的に楽しく勉強できるのか小学生におすすめの勉強方法を紹介していきます。

 

毎日少しずつ集中させる時間を作る

まず小学生が楽しく勉強するために大事なのが毎日少しずつ集中させる時間を作ることです。

 

小学生は好奇心旺盛で面白くないと感じればじっと耐えることが出来ません。

 

でも夢中になれる遊びだと何時間も集中することが出来ます。

 

なので勉強でもそれを取り入れると進んで勉強していきます。

 

例えば簡単にできる宿題や問題集を短い時間を決めてやらせて達成感を持たせることが良い方法です。

 

終わった時に花丸をつけてお子さんを褒めてあげればお子さんにとって嬉しいですし自信にもなります。

 

そして勉強していることが楽しい!と思えるようになるのでまずは短い時間で良いので勉強に集中させてあげる時間を作ってあげましょう。

 

勉強する時間を決める

小学生の勉強で大事なことは勉強する時間を決めてあげることです。

 

毎日勉強の時間を決めてあげることがお子さんにとって生活リズムになっていき、当たり前の習慣にドンドンとなっていきます。

 

例えば帰ってきたら10分だけ宿題をする時間を作り、その後にご褒美としておやつをあげる。

 

「夕飯前に10分だけ時間を作り、もう一度宿題に取り組む。」など細かく時間を区切って勉強する時間を作ってあげるようにしましょう。

 

もちろん集中できるお子さんであれば最初から30分、1時間と勉強に集中して終わらせることが出来ます。

 

ですが小学校低学年のうちは中々、勉強するのに集中が続きません。

 

中には勉強嫌いで中々、机に向かうことが出来ないお子さんもいるでしょう。

 

そういったお子さんはまずは必ず宿題を終わらせることだけに集中させてあげるようにしましょう。

 

とにかく机に向かって1分でも時間を作り、勉強に取り組む時間を決めて宿題が出来たら子供を褒めてあげる。

 

この習慣を毎日することによって子供のテストの成績は大きく伸びていきます。

 

勉強の繰り返しが何よりも大事

あなたは子供が分からないことはすぐに答えを教えていませんか?

 

それは子供の考える力を育てる大事なチャンスを奪っています。

 

分からない問題があればまずはヒントを与えてあげましょう。

 

少しずつヒントを与えてお子さんが自分で解けたときに達成感を味わえるようにしましょう。

 

そして一人で解けなかった問題をもう一度時、つまずいた問題を最低3回以上解ければ一人で解けることが出来るようになるでしょう。

 

なので子供の学習で大事なことは「できること」、「ちょっとできること」を繰り返し行うことが大事なのです。

 

子供が興味あることを理解する

そしてお子さんが効率的に勉強できるようにさせてあげるために自分のお子さんの好き嫌いや興味があることをまずは親御さんが理解しておきましょう。

 

本を読むのが好きなら本を与えてあげるのでも良いですし、スポーツが好きならまずはスポーツをさせてあげましょう。

 

小学生の時に好きだったことが将来への職業などに繋がっていき、人生が作られていきます。

 

なので学習漬けの毎日にさせているのであれば気分転換としてお子さんを外に連れ出し、色々なことに興味を持たせてあげるようにしましょう。

 

子供をリラックスさせる環境を提供する

親といる時間、家にいる時間はお子さんにとってかけがえのないリラックスできる時間です。

 

少しずつ集中させることも大事と先ほどは言いましたがリラックスできているから集中することが出来ます。

 

なので学校から帰ってきていきなり「宿題はやったの?」など親御さんがプレッシャーをかけるのはやめましょう。

 

あまり言い過ぎてしまうと家にいる時間が辛い時間になってしまい、家で安心してくつろぐこともできなくなります。

 

家庭で安心してリラックスできる環境を作ってあげるからこそ、集中力が身に付いてテストの好成績につながるのです。

 

なのでダラダラしていてもまずは我慢してお子さんを見守ってあげることも大事なことと理解しましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

これまで学習塾に行かせた方が良い小学生からお勧めの勉強方法をご紹介してきました。

 

小学生になるとどうしても自分の子供の成績が気になってしまい、将来的なことを考えて「今のうちに学習塾に通わせようかしら?」と思ってしまうこともあると思います。

 

ですがお子さんが学習内容を理解しないまま学習塾に通わせても時間の無駄になるだけです。

 

大事なのは学校の授業の基礎基本がしっかりと出来ていることです。

 

基本がしっかりと出来ていれば中学生、高校背になり、つまずいてもすぐに取り返すことが出来ます。

 

最近では大学生なのにも関わらず分数が出来ないお子さんや掛け算が出来ないお子さんが増えてきています。

 

何事も基本が大事であり、まずは基礎基本を勉強し、苦手分野の復習を徹底して克服していけば必ず成績アップにつながっていきます。

-未分類

Copyright© タブレット学習教材の比較、口コミ、評判を徹底検証 , 2019 All Rights Reserved.